仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

将来性のない会社の特徴と見極め方。今の会社に未来がないと感じているなら知っておきたい全知識

「今の会社に将来性を感じない…」
「今の会社に未来はない…」
「会社の先行きに不安しか感じない…」

このように感じている方は、決して少なくはないと思います。

事実、学生の希望就職先は「公務員」「大企業」と言った将来性・安定性重視の傾向がまだまだ根強く、それだけ多くの人が「将来性のある企業」「安定して働ける会社」を求めているのです。

以下の記事では、そういった「将来性のある業界や企業」を見分けるコツをご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

しかし、当記事に訪れた方の悩みはもっと深刻で、

「今の会社に将来性があるかどうか見極めたい…」
「転職を考えているけど、できれば将来性のない会社は避けたい」
「会社に成長性がなく、倒産する未来が見ている」

…など、肌感覚として今の会社の先行きに不安を感じているかと思います。

自分が長く勤める会社ですから、将来性のない会社は避け、出来れば定年退職後まで働けるぐらいに未来のありそうな会社を選びたいものですよね?

そこで当記事では、企業研究・業界分析・経済・社会の知識やデータを基に、とくに将来性のない会社や過去に倒産してしまった企業に共通して見られる特徴をお伝えしてまいります。

将来性のない会社の特徴とは?

業績が下がりっぱなしの斜陽産業・衰退業界

業績の下がっている企業は、将来性がないと言ってもいいでしょう。

冒頭にも挙げた通り、業界全体で業績が落ち続けている「斜陽産業」「衰退業界」は、これに該当します。

具体的な業種の例を挙げるのであれば、

  • 印刷業界
  • マスコミ業界(出版・テレビなど)
  • 音楽業界
  • 金融業界

…などは、IT化の影響で打撃を受けている業界だと言えます。

逆にIT業界は、業績が伸びている会社も多く、将来性のある「成長産業」だとも言えるでしょう。

成長しない会社

将来性のない会社と言えるのは、成長しない会社でしょう。

成長しない会社の特徴

  • 新規開拓・事業拡大など、業績を伸ばすための戦略を行っていない
  • 業務改善を行わない会社(不正の対処・残業の改善など)
  • 無能な経営者・上司の入れ替えを行わない会社(ワンマン経営・一族経営など)
  • 既得権益に群がっており、利益が利権頼みになっている業種・会社

国内のGDPが30年以上も横ばいの中、生き残っている会社や業界というのは、常に新しい事業に挑戦し続けており、小さなチャンスを引き寄せる努力を継続的に行っています。

逆に成長しない会社は「自分の会社は安泰だ」と思って慢心しているだけならまだしも、自社の危機をわかっているにも関わらず、何もしていない会社も多いです。

そういう会社は、

  • 資金が足りない←株式・助成金などいくらでも資金調達方法はある
  • 人手が足りない←人事がしっかり仕事していない・採用方法が悪い
  • 優秀な人材が入ってこない←優秀な人材が進んで入社したくなるような魅力のある会社なのか?

…などの「やらない言い訳」だけはいっちょ前で、己の非を顧みることは決してありません。

また、俗に言う「老害」と呼ばれるような、昔の栄光にすがっているだけの上司や経営者がはびこる会社も、成長性がないと言えます。

会社の上層部の人間が老いていくように、会社も老いていくわけです。

社員を大事にしない

将来性のない会社は社員を大事にしません。

非正規の使い捨て人材を大量に雇うだけならともかく、ひどい場合には正社員にですらひどい仕打ちを与える企業も増えてきています。

企業、あるいは上司などの”リーダー”にとって、部下や従業員は”人材”ではなく”人財”と考えるべきです。

これは古今東西、数多くの成功哲学やビジネス書で当たり前のように語り継がれています。

かの有名戦国武将、武田信玄も「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」という至言を残しており、現代でも多くの経営者やビジネスマンが教訓として参考にしています。

なぜ”人財”を大事にしないといけないのか?

答えは簡単です。

人の心は規則やお金、あるいは理屈だけでは動かないからです。

給料の低い会社であっても、社長や上司の人柄がよければ部下はついてきます。

会社の業績が落ちていようが、社長に熱意があればついてくる部下も大勢います。

逆に、どんなに利益を上げている大企業であろうと、非正規社員を使い倒して”人材”を大切にしない企業は、そのうち人が離れていきます。

とくに最近では、人材を奴隷同様に使い倒しているモラルのない企業が増えてきており、そういう会社は上司や経営者の性格も腐っていくものです。

企業側が就活生に「金さえもらえればいいという態度の学生は要らない」と求めるように、社員側も「給料だけ払っておけばいいと思っている企業には尽くしたくない」と求めるものなのですが、そこに気づかない上司や経営者も意外と多いものなのです。

労働時間が多すぎる

将来性のない会社は、単純に労働時間が長いです。とくにサービス残業を強要してくる会社や、月100時間以上の残業が当たり前の会社は労働法違反ですからね。そもそも、従業員に「時間や規則を守る」を徹底させているにも関わらず、会社側が法律も時間も守れないのであれば、説得力はゼロです。

厚生労働省の調べた、労働時間の平均データを見てみてください。

・平成28年度の平均勤労時間

月平均実労働時間:168.85時間
月平均残業時間:14.6時間
月平均出勤日数:20.1日

実労働時間(時間) 残業時間(時間) 出勤日数(日)
1月 156.4 14.1 18.6
2月 168.0 14.7 20.0
3月 170.7 15.2 20.4
4月 174.5 15.2 20.8
5月 163.1 14.1 19.5
6月 175.9 14.3 21.1
7月 171.8 14.4 20.6
8月 162.8 13.7 19.5
9月 169.5 14.6 20.3
10月 170.9 14.9 20.4
11月 172.4 15.3 20.6
12月 170.2 15.2 20.3

出典:毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査):結果の概要|厚生労働省

あなたの職場の労働時間は、平均の数倍以上じゃありませんか?

もしそうでしたら、あなたの今勤めている会社は労働時間を減らす気はありません。なぜなら、時間外労働をしなければ仕事が終わらないような慣習が、会社の全体に染み渡っているからです。残業を好きこのんで行っている社員や、残業を暗にうながす上司がたくさんいませんか?

残念ながら、そんな職場では働き方改革で法律が変わったところで、残業がなくなるわけがありません。仕事を効率よくこなせばこなすほど次の仕事が増え、ダラダラ仕事して残業代ドロボーした方がマシだからですね。

個人の意思どうこう関係なく、会社の社風や組織構造が残業を生み出してしまうわけです。本気で残業が嫌なら、プライベートと仕事のメリハリのしっかりした社風の会社に転職することを考えておきましょう。

関連:待遇が悪い職場の特徴。職場環境や労働環境が劣悪で雰囲気の悪くなりやすい会社に見られる傾向とは?

人が辞めていく会社・人手不足が続く会社

人が次々に辞めていく会社や、人手不足が慢性的に続く会社も、将来性はないでしょう。

  • 人がすぐ辞めるため、社員が育たない
  • 人がすぐに入れ替わるため、未経験者ばかりで仕事の質が低下する
  • 長く続ける社員も人手不足で業務不可が増え、精神・肉体ともにダメージを受けて退職しやすい
  • 派遣制度の運用・外国人労働者受け入れなど、今後も会社側の負担が増えていく

人がすぐに辞めていく会社は、それだけ会社側にも問題がある証拠なのですが、なぜか会社側は改善しようともしません。

ひどい会社や人事であれば、

「最近の若者は根性がない」
「辞めていく奴は根性がない」
「辞めない奴だけ育てればいい」

…など、自分たちには非が一切ないと思っていることもあるので、見極めが必要でしょう。

事実、定着率の高い会社ではハラスメント対策なども精力的に行っており、ブラックな環境にならないために社員に教育や意識改革を促しております。

また、採用方法に関してもハローワークへの求人出稿だけでなく、転職エージェントや既卒・第二新卒向けの人材会社を使うなどして、出来るだけ長く働いてくれる人材を集める努力を行っています。

従業員・社員の質が低い会社

将来性の低い会社は、従業員や社員の質が低い会社でしょう。

職場というものは不思議なもので、同じレベルのもの同士が集まりやすい性質を持ちます。

2割ほどは「明らかにその集団の中で抜きん出ている者」と「他より劣っている者」に別れ、優秀な人は出世するかキャリアアップ転職し、無能な者はついていけずに脱落していきます。

また、最近では多くの企業が「派遣社員」「アルバイト」などで人件費を削減した結果、質の低い社員が育たないという事態に陥っています。

何かと話題になりやすい非正規雇用問題ではありますが、まったく成長性しない社員が増えやすいという構造上の問題を抱えているのは、間違いありません。

もちろん「自分は好き好んで派遣社員やアルバイトを選んでいる!」という方であれば、その価値観は否定しませんし、本来はそういった働き方を認めるための制度です。

しかし、現実として非正規雇用者は使い捨て可能な範囲の仕事しか任せられず、人件費の削減を目的で運用している企業がまだまだ多いのです。

ですので、仮に「自分はもっと成長したい」「大きな仕事を任せられたい」という意志がある方であれば、周りが低レベルな非正規ばかりの環境で働くことは、あまり将来性のある働き方とは言えないでしょう。

将来性のない会社からは転職すべきか?

以上、将来性のない会社の特徴をご紹介してまいりました。

読者の中には「今の会社に先行きも将来性も感じないから、早めに転職活動を始めておきたい」という方も、少なくはないと思います。

ですが、将来性を理由に転職を考える場合は、慎重に行動すべきです。

それがなぜかと言うと、一社員が見ている「会社の先行き」と経営者が見ている「会社の先行き」は、天と地ほどの差があるからです。

もしかしたら、今の会社が将来性がなくて給料も低いと感じていても、数年後には業績が伸びて自分の給料も上がるかもしれません。

つまり、先のことは誰にもわからないのです。

それでも、一度会社に対して将来の不安を感じたら、中々取り払うのは難しいとは思います。

ですので、将来性のない会社から転職するにしても、以下の点には気をつけてみてください。

今の会社の「将来性」をしっかり把握しておく

会社の将来性に不安を感じて転職するのであれば、まずは今の会社の将来性をしっかりと把握しておかなければ、判断を誤ることになりかねません。

とくに、大企業や公務員クラスであれば、なんだかんだで将来性は他よりも高いと言えるので、安易に「大企業も今後は不安定」「これからはAIの時代だ」という煽りを真に受けるのは禁物です。

また「企業研究」「事業規模」「資本力(株式配当率、業績)」など、今の会社の経営状況をマクロな視点で把握しておくことも、将来性を見極めるために大事なことです。

転職先選びにしても「本当に今の会社よりも将来性があるのか?」と常に疑い続けて、シビアに判断しなければ、また将来性に不安の残る会社に入社してしまうことにもなりかねません。

転職活動を経て、今の会社の恵まれた環境や意外な将来性の高さに気づくこともありますので「転職しない」という選択肢も考慮しておくことも大事でしょう。

転職先の「将来性」もしっかり把握しておく

将来性を理由に転職するにしても、転職先の将来性が絶対に安定だと言うことは、まずありえません。

むしろ、中途採用者を求めている企業は、何かしら「裏」がありますので、冷静に見極めておく必要があります。

転職先の将来性を見極める要素の例

  • 新規事業の開拓による採用募集なのか?
  • 転職後のキャリアアップは見込めるか?
  • 会社の過去の業績や成長率はどれほどか?

上記のような質問にしっかり答えられる転職先であれば、会社も将来を見越しての採用だと考えられますので、将来性はあると言えるでしょう。

逆に、

  • 人手が足りないからとりあえず採用募集している
  • 誰かが抜けた穴を補いたい(=何かしら社内に辞めたくなる理由がある)
  • 自社で出来ない仕事を、他の会社の優秀な人材に丸投げしたい(=自社内でどうにかする気がない)

…などの意図で中途採用している場合は、会社側もそこまで考えていない可能性がありますので、注意が必要です。

いずれにせよ、会社の将来性を見極めるためには、自分の判断基準や総合的な知識も必要になってくるため、他人の判断基準をうのみにしてはならないということです。

当記事ですら、あくまで「判断基準のひとつ」ぐらいに疑って読むぐらいが、ちょうどいいでしょう。

転職エージェントを活用して会社の将来性を見極めておこう

会社の将来性に不安を感じて転職を考えている方は、転職エージェントを利用して、プロから具体的な情報を聞いておくのが間違いないでしょう。

転職エージェントでは、プロに無料で転職の相談が出来る上に、

  • エージェントが独自に調査した、業界ごとの詳細なデータや情報
  • 業界通のエージェントが分析した、各企業毎の将来性について
  • 自分の経歴で現実的に転職可能な求人

…をピンポイントで紹介してくれますので、より将来性のある会社を見極めることが可能となります。

逆に自分1人だけで求人情報を眺めていたり、一部の転職サイトの偏った情報だけを見ていると、本当の意味での”将来性”について判断を誤りかねません。

出来れば早いうちに転職エージェントでプロに相談する体験をしておき、自分の将来を間違いのないものにするための意見を、積極的に取り入れてみてください。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ