東京から大阪への転職を確実に成功させるためのコツ〇選!

「東京から大阪への転職を考えている…」

そんな方も、珍しくはないはずです。

日本の首都が東京である以上は、東京に多くの一流企業が集結しているのは紛れもない事実です。

しかし、大阪も第二都市。

東京に負けないぐらいの魅力がある都市です。

「東京から大阪に転職して働きたい!」と思うことは、なんら不思議はありあせん。

しかし、東京から大阪へ転職する際に、ひとつだけ障害となることがあります。

なぜ、東京から大阪へ転職する必要があるのか?

この問いに対して、ハッキリとした答えが示せなければ、東京から大阪への転職も、難しいものになることでしょう。

逆に、ハッキリと答えられるのであれば、東京から大阪への転職は難しいものではありません。

そこで今回は、東京から大阪への転職を成功させるコツを紹介していきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

1月は年度明けに向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、1月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会に活用しておきまししょう。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

東京から大阪への転職は「都落ち」と思われる?

一部の高齢者の方では、東京から大阪へ転職することを「都落ち」と言って、いわゆる「負け組」「逃げ」などと思う人もいます。

都落ち(ミヤコオチ)とは?

  • 都会で夢やぶれ、地方に戻ること。
  • 都を追われて地方に逃げて行くこと。
  • 大都会、特に東京から地方に転勤すること。

出典:都落ちとは|コトバンク

しかし、今や「働き方改革」による働き方に対する価値観の多様化や、地方移住転職の「UIJターン」など、あえて田舎や地方で働くという選択肢は珍しくもなくなってきています。

そもそも、大阪自体が大都会であることは間違いないので、東京から大阪への転職を”都落ち”と思うのは、一部の時代遅れな老人ぐらいなものでしょう。

大阪へ転職する理由をハッキリさせておこう!

冒頭にも述べましたが「なぜ、東京から大阪へ転職する必要があるのか?」をハッキリさせておくが、東京から大阪への転職を成功させるためのコツとなります。

少なからず「東京から大阪へ転職すること」自体が、悪い印象を与えることは、まずないです。

ただし「東京の生活や人間関係に疲れた」「東京で消耗してるから」というネガティブな理由で転職活動してしまえば、当然ながら”都落ち”という印象を与えてしまうのも、確かです。

ですので、必ず「なぜ、東京から大阪へ転職するのか?」をハッキリさせ、自信を持って説明できるようにしておきましょう。

大阪自体に憧れがある場合は、事前のリサーチが大事

「大阪に憧れがあるから…」という理由では、当然ながら転職理由としては、弱いですね。

東京に上京すれば、夢が叶う!」と思っている学生ぐらい、動機がふわふわ曖昧であるため、転職でも不利になってしまいます。

まずは、自分の足で大阪へ訪れたりするなどして「本当に大阪で働きたいのか?」と、自問しておきましょう。

大阪は気性の荒い商売人気質のある街なので、イメージだけで転職すると、土地に馴染めない可能性がありますからね。

関西・西日本出身を理由にしよう!

もともと、大阪に土地勘があったり、西日本出身であるのならば、それを理由にアピールするのもいいですよ。

「関西圏・西日本圏の企業を相手に仕事してみたいから」
「将来的に、地元で腰を据えて働きたいから、大阪を中心に仕事したい」

このように「自分の人生のルーツである関西・西日本のための、将来的な視点を持って働きたい」とアピールできれば、企業側に対して説得力を感じさせます。

大阪愛をぶつけろ!!

大阪へ転職する際に、一番有効なのは、ぶっちゃけ「大阪愛をぶつける」という方法ですね。

東京よりも大阪が好きだから」と言われて、嬉しくない大阪人はまずいません。

なんだかんだで、東京と大阪はことある毎に比較される上、東京の方が首都としてビジネスの中心であることは、間違いありません。

にも関わらず、大阪を選ぶほどの熱意があれば、それは必ず企業側にも伝わるはずです。

「ワイはなぁ…。東京のような人間味のないビジネスライクな職場より、大阪の人情味ある職場で仕事がしたいんや!!!!」

…ぐらい、おおげさに大阪愛をぶつけましょう。

東京から大阪に転職する場合の転職活動について

さて、東京から大阪に転職する際に、一番大きな問題になるのが交通費がかかるため、転職活動がスムーズに進まない…という点ですよね。

これについては、

  • ネットの転職サイトを中心に応募する
  • 電話・ビデオチャット面接のある会社に応募する
  • 宿泊施設を活用し、細かくスケジュール調整して面接を一気に行う

…などで、ある程度は対応できます。

ただし、現実問題「実際に会って面接が出来ない」というのは、転職活動では大きなデメリットです。

書類選考でも、住所だけで落とされる可能性も高くなるため、東京から大阪への転職はそもそも面接にたどり着くまでのハードルが高いと言えます。

よっぽど経歴が優秀な人材でなければ、身近に住んでいる人材の採用を優先しますからね。

転職活動において「東京勤務」自体が、ステータスとして評価されること自体はあまりない…ということは、予め覚悟しておきましょう。

大阪への転職なら、エージェントに相談してみよう!

東京から大阪へ転職するのであれば、転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーにしっかり相談しておくことをオススメします。

転職エージェントとは、担当者の方が仲介役をしてくれ、転職活動の情報収集やサポートを行ってくれるサービスで、無料で利用できます。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

東京から大阪への転職活動における企業訪問は、交通費や時間がかかるため、個人で行うのは現実的にかなり厳しいからですね。

ところが、転職エージェントを仲介しておけば、運営会社内で情報共有されているため、担当エージェントを通して東京から大阪の企業へのアプローチも、十分可能になるわけです。

そのため、一人で転職活動するよりも何倍も、転職成功確率が高まると言えるでしょう。

東京から大阪への転職を考えている人は、一度転職エージェントに相談してみてください。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました