仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

東京から大阪への転職を成功させるためのコツ。大阪の転職エージェントのオススメは?

「東京から大阪への転職を考えている…」

そんな方も、珍しくはないはずです。

日本の首都が東京である以上は、東京に多くの一流企業が集結しているのは紛れもない事実です。

しかし、大阪も第二都市。

東京に負けないぐらいの魅力がある都市です。

「東京から大阪に転職して働きたい!」と思うことは、なんら不思議はありあせん。

しかし、東京から大阪へ転職する際に、ひとつだけ障害となることがあります。

なぜ、東京から大阪へ転職する必要があるのか?

この問いに対して、ハッキリとした答えが示せなければ、東京から大阪への転職も、難しいものになることでしょう。

逆に、ハッキリと答えられるのであれば、東京から大阪への転職は難しいものではありません。

そこで今回は、東京から大阪への転職を成功させるコツを紹介していきます。

東京から大阪への転職は「都落ち」と思われる?

一部の高齢者の方では、東京から大阪へ転職することを「都落ち」と言って、いわゆる「負け組」「逃げ」などと思う人もいます。

都落ち(ミヤコオチ)とは?

  • 都会で夢やぶれ、地方に戻ること。
  • 都を追われて地方に逃げて行くこと。
  • 大都会、特に東京から地方に転勤すること。

出典:都落ちとは|コトバンク

しかし、今や「働き方改革」による働き方に対する価値観の多様化や、地方移住転職の「UIJターン」など、あえて田舎や地方で働くという選択肢は珍しくもなくなってきています。

そもそも、大阪自体が大都会であることは間違いないので、東京から大阪への転職を”都落ち”と思うのは、一部の時代遅れな老人ぐらいなものでしょう。

大阪へ転職する理由をハッキリさせておこう!

冒頭にも述べましたが「なぜ、東京から大阪へ転職する必要があるのか?」をハッキリさせておくが、東京から大阪への転職を成功させるためのコツとなります。

少なからず「東京から大阪へ転職すること」自体が、悪い印象を与えることは、まずないです。

ただし「東京の生活や人間関係に疲れた」「東京で消耗してるから」というネガティブな理由で転職活動してしまえば、当然ながら”都落ち”という印象を与えてしまうのも、確かです。

ですので、必ず「なぜ、東京から大阪へ転職するのか?」をハッキリさせ、自信を持って説明できるようにしておきましょう。

大阪自体に憧れがある場合は、事前のリサーチが大事

「大阪に憧れがあるから…」という理由では、当然ながら転職理由としては、弱いですね。

東京に上京すれば、夢が叶う!」と思っている学生ぐらい、動機がふわふわ曖昧であるため、転職でも不利になってしまいます。

まずは、自分の足で大阪へ訪れたりするなどして「本当に大阪で働きたいのか?」と、自問しておきましょう。

大阪は気性の荒い商売人気質のある街なので、イメージだけで転職すると、土地に馴染めない可能性がありますからね。

関西・西日本出身を理由にしよう!

もともと、大阪に土地勘があったり、西日本出身であるのならば、それを理由にアピールするのもいいですよ。

「関西圏・西日本圏の企業を相手に仕事してみたいから」
「将来的に、地元で腰を据えて働きたいから、大阪を中心に仕事したい」

このように「自分の人生のルーツである関西・西日本のための、将来的な視点を持って働きたい」とアピールできれば、企業側に対して説得力を感じさせます。

大阪愛をぶつけろ!!

大阪へ転職する際に、一番有効なのは、ぶっちゃけ「大阪愛をぶつける」という方法ですね。

東京よりも大阪が好きだから」と言われて、嬉しくない大阪人はまずいません。

なんだかんだで、東京と大阪はことある毎に比較される上、東京の方が首都としてビジネスの中心であることは、間違いありません。

にも関わらず、大阪を選ぶほどの熱意があれば、それは必ず企業側にも伝わるはずです。

「ワイはなぁ…。東京のような人間味のないビジネスライクな職場より、大阪の人情味ある職場で仕事がしたいんや!!!!」

…ぐらい、おおげさに大阪愛をぶつけましょう。

東京から大阪に転職する場合の転職活動について

さて、東京から大阪に転職する際に、一番大きな問題になるのが交通費がかかるため、転職活動がスムーズに進まない…という点ですよね。

これについては、

  • ネットの転職サイトを中心に応募する
  • 電話・ビデオチャット面接のある会社に応募する
  • 宿泊施設を活用し、細かくスケジュール調整して面接を一気に行う

…などで、ある程度は対応できます。

ただし、現実問題「実際に会って面接が出来ない」というのは、転職活動では大きなデメリットです。

書類選考でも、住所だけで落とされる可能性も高くなるため、東京から大阪への転職はそもそも面接にたどり着くまでのハードルが高いと言えます。

よっぽど経歴が優秀な人材でなければ、身近に住んでいる人材の採用を優先しますからね。

転職活動において「東京勤務」自体が、ステータスとして評価されること自体はあまりない…ということは、予め覚悟しておきましょう。

大阪への転職なら、エージェントに相談してみよう!

東京から大阪へ転職するのであれば、転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーにしっかり相談しておくことをオススメします。

転職エージェントとは、担当者の方が仲介役をしてくれ、転職活動の情報収集やサポートを行ってくれるサービスで、無料で利用できます。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

東京から大阪への転職活動における企業訪問は、交通費や時間がかかるため、個人で行うのは現実的にかなり厳しいからですね。

ところが、転職エージェントを仲介しておけば、運営会社内で情報共有されているため、担当エージェントを通して東京から大阪の企業へのアプローチも、十分可能になるわけです。

そのため、一人で転職活動するよりも何倍も、転職成功確率が高まると言えるでしょう。

東京から大阪への転職を考えている人は、一度転職エージェントに相談してみてください。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ