朝礼で企業理念・目標を叫ばせる宗教みたいな会社は辞めてOK。軍隊みたいな職場のノリについていけないなら読んでおこう

「職場の朝の朝礼が憂うつ…」
「軍隊みたいなノリの職場でついていけない…」
「会社が宗教くさくてついていけない…」

そう悩んでいませんか?

当サイトは「くたばれ!体育会系!」という感じで、内向的な文化部系の味方です。

もし、あなたが「朝礼で宗教くさい目標を叫ばされるのが嫌だ…」と悩んでいるのであれば、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

朝礼に企業理念叫ばせる会社は実在します

朝礼で企業理念を叫ばせる逆みたいな会社は、たしかに存在します。

正直、テレビで見たことはあってもネタやヤラセだと思ってました。

どう考えてもギャグですからね。

マジで朝礼で企業理念叫ばせるとかいう、時代錯誤な会社があったんですね。

しかも通過儀礼と言って、新入社員一人ずつ叫ばせるんです。

(やべえよ…やべえよ…こいつら頭イっちゃってるよ…)

僕の横の新入社員が、やる気なく企業理念を棒読みしていました。

そしたら、いかつい顔した中高年ハゲがすごい剣幕で怒鳴りました。

「おめえ、なめてんのか!ゴラァ!そんなんで仕事出来ると思うなよ!一から読み直しじゃ!」

マジ顔で頭おかしいこと言ってて、やべえよ…と思ってました。

まともな常識のある大人は、こういう無駄なことはしないと思ってました。

でも、違うんですね。

ネタみたいなことを、本気でやってるんです。

しかもその企業理念、全然守れていませんからね。

なぜその理念を守れていないか、どうしたら守るかを考えるのが大人の仕事なのでは?と疑問を抱かずにはいられません。

そんなことを思っていると、とうとう僕の番がやってきました。

(やべえよ…やべえよ…こうなったらヤケクソや!!)

「お客様のためにィイ”イ”イ”イ”!!!!!誠意を持ってェエ”エ”エ”エ”エ”エ”エ!…」

僕はデスノートの藤原竜也をイメージしながら、必死で叫びました。

「てめえ!ふざけてんのか!」

ハゲが怒鳴り散らし、僕はつい涙目になりました。

体育会系の恫喝は苦手なんです。

しかし、負けずに叫びました。

「どんな時でもォオ”オ”オ”オ”オ”オ”オ!!!…うぅ…勤めてエ”ェ”エ”参りまシュゥウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”!!!」

その後、ハゲにぶっ叩かれました。

新入社員にネタにされ、地獄行き決定

その後、新入社員同士でオリエンテーションがあったんですが、僕が話す度にクスクスと笑い声がしました。

(あぁ…オレの人生オワタ…)

そして、所属部署の発表が始まると、僕は最後に発表されました。

「お前は営業部で根性鍛えなおせ!」

ありがたい一言と共に、僕の地獄行きが宣告されました。

地獄のような毎日

そして、3日目。

営業部には、あの中高年ハゲがいました。

「おはようございます」

「おはようございますじゃねえだろ!お前会社なめてんのか?」

僕は意味がわかりませんでした。

あいさつの何が悪いのでしょうか?

「てめえ、なんでオレより遅く出社してんだよ!!あ?言ってみろよ」

「いえ、出社時間はしっかり守ってますけど…」

「なんだその口のきき方は!」

その場でひっぱたかれました。

親父にも殴られたことないのに。

そのハゲ上司曰く、営業部では新人は一番最初に出社して、お茶組みなどをするのが当たり前らしいです。

(やべえよ…やべえよ…こいつら部活感覚で仕事してるよ…)

しかし、そんなものは序の口でした。

「おい、お前。チンタラしてないで、入口前で企業理念一時間叫んでこい!」

そう言って、僕はオフィスの入口前の人通りのある路上で、企業理念を叫ばせ続けられました。

羞恥プレイもいいところです。

路上ではリクルートスーツ着た新卒OLと思しき女の子が、僕を指差して笑ってました。

(こんなの絶対おかしいよ…)

僕は無心で叫んでいました。

それから、一ヶ月、このわけのわからない路上の雄叫びは続きました。

言っておきますが、僕の希望した仕事は、決して路上パフォーマーではありませんからね。


他にも、飛び込み営業で「今年は今までで一番最悪だな」とお得意先に罵られたり、飛び込み営業で一件も仕事を獲得できなかったことで、4時間ほど残業でハゲ上司に怒鳴られ続けました。

僕は思わず泣いていると(恫喝されると泣いてしまう体質です)、

「てめえ泣くなんて女か?親にどういう教育されたんだ?」

と、両親の悪口も言われました。

流石にムカっときて、言い返したくなりましたが、こらえました。

「お前のせいでな!オレは残業なんだよ!会社に迷惑かけて恥かしくないのか?」

などと言っていましたが、それは完全に言いがかりで、実際はそのあと残業していた職場の同僚と「このあとフーゾクで~」どうこう言ってました。

風俗嬢にも自慢気に説教してるんでしょうね。

速攻で転職活動を進める

そんな僕ですが、入社2日目に速攻で転職サービスに登録して、狂った企業から逃げる準備をしていました。

宗教団体で部活みたいな仕事を続ける気なんて、さらさらありませんでしたからね。

とはいえ「入社後すぐの転職なんて相手にされるのかな?」と、不安もありました。

しかし、そんな不安は、転職エージェントの担当との面談で吹き飛びました。

実は4月は、新卒の方で『合わない・やっていけない』と思われてから、すぐに行動される方も多いんですよ

僕みたいな新卒はかなり多いらしいです。というのも、大手企業は新卒を一括採用する都合上、採用時の希望を無視されることも多く、それに不満を抱いてすぐに転職活動に切り替える新卒も多いみたいです。

また、業界内ではそれは当たり前の事実らしく、新卒で大企業ミスマッチ組の需要は高く、それを狙ってあえて新卒を多く採用していない企業もあるほどだそうです。

つまり、新卒ドロップアウト組向けの企業求人というのが、転職エージェントには多数用意されているというわけです。

体育会系のオラオラ系の営業に馴染まない方と言うのは、他の分野で才能を発揮できる方が多いので、実はそれを狙った企業でいっぱいなんですよ

どうやら、僕が速攻で転職エージェントを利用したのは正解だったみたいです。

ここで無理に続けてしまったり、中途半端に勤務していると、新卒企業即見切り組向けの穴場求人は逃してしまようです。

見切りがつけられる判断力と、すぐに行動にうつせる決断力は、転職エージェントにおいてはプラスの評価になりますからね。逆に、中途半端に勤務してしまったりすると『なぜ、すぐにやめなかったのか?』と思われますからね

僕は意外に思いました。

新卒後にすぐやめるというのは、世間的にはいい評判は聞きませんが、転職業界ではむしろ評価ポイントにすらなるらしい。

企業理念を叫ばせない最高の会社へ転職

僕は転職エージェントにおすすめされた求人に応募し、面接にたどり着きました。

新卒ボーナスで、仕事は選び放題レベルでした。

その面接先では、当然ながら即転職に至った理由は聞かれたが、僕は正直に答えました。

「朝礼の企業理念を叫ばる・毎朝人通りの多いオフィス前で叫ばせるなどという、意味のない仕事に疑問を持ったからです」

「それはなぜ意味がないと思われたのですか?」

「はい。企業理念を叫ばせるぐらいなら、どうすれば企業理念を達成できるのか考える事時間を使うことが、有意義だと思うからです。また、オフィス前で企業理念を叫ぶのは無駄どころか、自社の評判を落としかねません」

「それはなぜでしょうか?」

「未だに時代錯誤な新人教育をしていると評判になれば、新入社員の入社率も下がりますし、最近ではブラック企業問題にも若者は敏感です。私をスマホで撮って、SNSに投稿してた人もいました」

僕は事前にエージェントと相談して確認しておいた、回答を淡々と答えました。

後日、その会社から採用通知が来ました。

企業理念を叫ばせるバカな会社は一ヶ月で退職し、すぐに新しい勤め先に転職しました。

その手続はエージェントがサポートしてくれたので、スムーズに進みました。

転職先の会社では、主にWebでの広報や企画などを担当しています。

体育会系は1人もいなく、叫ぶこともない、素晴らしい職場です。

もし、企業理念を朝礼に叫ばせるようなギャグ漫画みたいな会社があったら、すぐに転職エージェントに登録して活動しましょう。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました