優しい人に向いてる仕事14選【人を支えたり動物や自然とふれ合う仕事がオススメ】

不器用な人にとって、この世には手先の器用さ、または対人関係を上手く築き上げて世渡りするコミュニケーション能力が求められる仕事が多いと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には不器用でもこなせる仕事はたくさんあります。たとえば、対人関係が不器用だと感じる人は職人などのものづくりに関わる仕事が向いてるかもしれませんし、手先が不器用ならドライバーや清掃員などの肉体労働に適性があるかもしれません。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、不器用な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

優しい人に向いてる仕事【解説付き】

優しい人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 臨床心理士
  • キャリアカウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • リハビリテーション専門職
  • ガイドヘルパー
  • ケアマネジャー
  • 社会福祉士
  • 児童相談員
  • NPO・NGO法人スタッフ
  • フラワーセラピスト
  • アロマセラピスト
  • 絵本作家
  • CGクリエイター
  • 動物飼育員

対人職の中でも「人の話をよく聞いてあげることが大事な仕事」であるカウンセラー(相談員)や、福祉に関する仕事、あるいは動物や自然を相手にしたり、高い感受性を発揮して表現する仕事が優しい性格の人に向いてると言えます。

ここで紹介する仕事の中には資格や技術が必要なものもありますが、未経験からでも採用してもらえる仕事もあるため、自分に合っていると思った仕事があったらぜひ参考にしてみてください。

臨床心理士

臨床心理学にもとづいて、人間の心の問題にアプローチする専門家が臨床心理士です。同じような仕事をする人として、心理カウンセラーやサイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々も存在しますが、これらの職業には資格はとくにありません。臨床心理士として働くには『日本臨床心理士資格認定協会』が実施する試験に合格することが求められます。

なお、試験を受けられるのは指定大学院を修了した人、あるいは臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した人となっています。臨床心理士はいじめやリストラ、景気悪化など社会的な問題による不安感が蔓延するなか、病院や保健所、大学や研究機関、児童相談所や警察関係機関、また一般企業など、さまざまな領域で活躍しています。

悩みのある人に寄り添える優しい人に向いている職業といえるでしょう。

キャリアカウンセラー

個人のキャリアアップや職業選択について、個人の能力や価値観、興味をもとに、専門的な立場からアドバイスするのがキャリアカウンセラーの仕事です。また、突如解雇され自信喪失に陥ってる人や、引きこもりから立ち直ったばかり人に対して、就職についてのカウンセリングをすることもあります。キャリアカウンセラーの就職先には、人材派遣会社やハローワーク、就職支援センターのほか、教育機関の進路指導担当者になるといった道もあります。

キャリアカウンセラーになるためには、民間の養成機関が開講しているキャリアカウンセラー養成講座を受講し、修了後に資格認定試験に合格する必要があります。各講座とも、独自のカリキュラムを用意して講義を行なっているが、どの講座も相談者への自己理解支援や職業理解支援の方法、就職面接指導の仕方や労働法規についての講義などが主な内容となっています。同時に、キャリアカウンセリング理論やメンタルヘルスなどについても学びます。

キャリアカウンセラーに適した人物像は、相手の話をよく聞き、適切な助言を与えられる人 となるため、コミュニケーション能力に長けた優しい人に向いています。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、小・中・高校に勤務し、いじめや不登校などの問題を抱え、悩んでいる子供の心の悩みに対して学校関係者とも連携して、専門的立場から助言や援助を行なう。臨床心理士や精神科医、大学研究者などが非常勤で働いている場合がほとんどになり、学校に週2回程度出向き、学校の児童・生徒や教職員および保護者からの相談を聞きながら解決策を考え、相談者の精神的負担や和らげるのが役目となっています。

スクールカウンセラーになるには、大学院へ進学して臨床心理士の資格を取得した後、自治体などと契約し、週2回程度学校を訪れて相談業務にあたるといったパターンが多いです。詳しい募集要項については、各自治体の教育委員会に直接問い合わせてみましょう。また、この仕事をするにあたっては、児童や生徒、教職員との信頼関係を築けるかどうかも重要なポイントとなるため、誠実な人柄や人の話をじっくりと聞ける忍耐力が必要とされます。

悩みを抱えた子供の気持ちに寄り添って問題を解決しようという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

リハビリテーション専門職

リハビリテーション専門職とは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士のことです。いずれも医師の指示のもとで、診療の補助としてトレーニングを行なうのが仕事です。

理学療法士は、事故や加齢、あるいは脳梗塞や脳出血で手足を自由に動かせなくなった人に対して、体操や運動、マッサージや温熱刺激などの療法を行ない、基本的な動作ができるようにする役割を担います。それに対し、作業療法士の仕事は、主として理学療法士のトレーニングより回復した基本的動作を組み合わせ、応用的な動作ができるよう回復させます。たとえば、理学療法士が「自立で仕上がり歩く」「物をつかむ」という基本的動作ができるようにリハビリを行ない、その後、作業療法士が外出や家屋内の移動、家事、入浴や排泄などの日常生活に必要な動作のリハビリを行ないます。

言語聴覚士は、人間の「話す」「聴く」「食べる」といった動作や知覚に関する能力のリハビリやトレーニング、援助を行ないます。脳の障害などで話したり理解したりするのが難しい人に対し、発声の訓練をしたり、食べ物を飲み込みにくい人に対して飲み込む訓練(嚥下訓練)などを行ないます。一方、視能訓練士は、眼の機能に関するリハビリの専門家で、病気や加齢で、視力が低下した人の回復を図るほか、眼に関する検査結果の正確な理解や判定などもこなしています。

リハビリテーション専門職になるには、養成課程がある大学・短大・専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了したのち、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。詳しい情報は厚生労働省のホームページで確認しましょう。

身体の不自由な人に寄り添って助けたいという気持ちを持った優しい人に向いている職業といえるでしょう。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーは、在宅介護サービス会社や訪問介護サービス会社、老人ホームや障害者施設などの福祉施設や病院などに勤務して、移動介護サポートを行なうのが仕事です。移動介護従事者とも呼ばれています。

ガイドヘルパーになるには、基本的にホームヘルパー(介護職員初任者)や介護福祉士の資格を持っていることが前提で、都道府県や政令指定都市が指定する「ガイドヘルパー養成研修」を修了することで認定されます。ガイドヘルパーの研修には同行援護従業者(視覚障害者ガイドヘルパー)、全身性障害者ガイドヘルパー、知的・精神障害者ガイドヘルパーの3つのコースがあります。研修内容などについては、養成講座のある専門学校や各都道府県の窓口に問い合わせてみましょう。

身体の不自由な人に寄り添って助けたいという気持ちを持った優しい人に向いている職業といえるでしょう。

ケアマネジャー

要介護認定を申請をする際に、介護保険法に基づき、要介護者やその家族などからの相談に応じて適切な介護サービス計画(ケアプラン)をつくるのが、ケアマネージャーの主な仕事で、介護支援専門員とも呼ばれています。

ケアマネージャーとして働くには、介護支援専門員実務研修受講試験を受験してケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取らなければなりません。受験できるのは、定められた保健・医療・福祉などの国家資格を持っている人と特定施設で生活相談員などの相談援助業務をしていた人で、それぞれの分野で5年以上かつ900日以上の実務日数がある人となります。

不安を抱えた相談者と円滑にコミュニケーションを取るためにも、優しい人なら上手く利用者と打ち解けられる職業だといえるでしょう。

社会福祉士

社会福祉士は、病気や障害をはじめとしたさまざまな理由によって、日常生活に支障をきたしている人の相談を受け、その改善をサポートするのが仕事です。精神保健福祉士と合わせてソーシャルワー カーと総称されることもあります。高齢者や障害者の福祉施設・病院・児童相談所・母子生活支援施設などに勤務し、福祉分野全般にわたる相談に乗って、問題を解決するための助言や指導・援助をすることになりますが、具体的な内容はどういった職場で働くかによって変わってきます。相談者が抱えている問題は千差万別であり、どんな問題に対しても適切な対応ができるよう、福祉全般に関する豊富な知識が必要とされます。また、相談者がどんなことでも相談できるような信頼関係を築くことや、問題解決に関連するほかの職業の人たちとの連携も必要不可欠であり、誠実さやコミュニケーション能力も求められます。

社会福祉士になるには、厚生労働大臣の指定を受けた「社会福祉振興・試験センター」が実施する「社会福祉士国家試験」に合格する必要があります。また、募集要項において社会福祉士の資格所持が求められることも多いです。「社会福祉士国家試験」の受験資格は、4年制の福祉系大学で所定の課程を修了することで得られるほか、福祉系短大で所定の課程を修了し実務を1~2年経験するか、4年制大学を卒業し社会福祉士養成施設で1年以上学ぶことや一般短大を卒業後に1~2年の実務経験を経て社会福祉士養成施設で1年以上学ぶといった方法で得られます。

病気や障害を持つ人に寄り添って問題解決に向けて助けたいと思える優しい人に向いている職業といえるでしょう。

児童相談員

児童相談員は、18歳未満の子どもを相談援助の対象とする児童相談所で働くケースワーカーです。問題を抱える親子に深く関わって、子どもたちを健全な育成に導く大切な役割を担っています。学校やほかの児童福祉施設、福祉事務所などの関係機関と連携を図るのも、児童相談員の重要な仕事です。

児童相談員になるには、まず児童福祉司の任用資格を取得、公務員試験の合格を目指しましょう。児童相談所は公的福祉施設であるため、就職するためには各自治体の公務員試験に合格することが必要となります。大学や大学院の心理学系の 学科・専攻の卒業が採用条件になっていたり、「児童福祉司」の任用資格が必要とされることも多いです。

子どもの健全な育成を願う、優しい人に向いている職業といえるでしょう。

NPO・NGO法人スタッフ

NPO (Nonprofit Organization)は「民間非営利団体」「非営 利組織」のことです。NGO(Non-Governmental Organization) は「非政府組織」などと訳されますが、いずれも基本的に営利を目的とせず、社会の公益達成を目的として活動する民間の団体のことをいいます。

NPO、NGOには特定非営利活動促進法(いわゆる NPO法)に よって成立した法人のほか、社団法人、財団法人などの法人格を持つ組織があり。その一方で、法人格を持たない市民活動団体やボランティアグループなどの任意団体も存在します。NPO・NGO法人スタッフはそれら団体の理念に賛同して働いています。団体の規模も、ノーベル平和賞を受賞した「国境なき医師団」のように数十か国・地域に数万人もの職員を派遣する大規模な団体もあれば、職員なしのボランティアのみで活動しているものまで、規模も活動内容もバラエティに富んでいます。

既存のNPO・NGO法人の多くは、定期採用を行なっていない ため、臨時職員の募集を待つことになります。NPO・NGO法人スタッフになりたいなら、興味のある団体が運営するホームページなどで募集状況を調べてみましょう。

世の中の役にたちたいという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

フラワーセラピスト

花と植物の癒し効果を最大限に感じられるように、花を選んで飾るのがフラワーセラピストの主な仕事です。花は見た目の美しさだけでなく、その色や香りによっても心理的効果に違いがあると言われており、その時、その場所によって、最適な花を用意することがフラワーセラピストにとってもっとも重要なこととなります。
単に花を飾るだけでなく、医療や介護の現場をはじめ、職場や学校などで目的に合ったフラワーセラピーを実践していくことがフラワーセラピストの役割となるため、花の知識だけでなく、それぞれの場所に合った花を選び出し、コーディネートする能力も磨かなくてはなりません。

フラワーセラピストになるには、フラワーセラピー普及を掲げるさまざまな団体がフラワーセラピストやカウンセラーといった名称の資格試験講座を開設しています。独学でも始めることはできますが、こうした講座を利用するとより効率的に学ぶことができるでしょう。

花を通して人の心を癒したいという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

アロマセラピスト

花や樹木、果実の皮などから抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使ってマッサージを行なったり、さまざまな香りをつくり出したりするのがアロマセラピストの仕事です。ひとりひとりの体調や生活習慣に合わせてオイルを調合し、アロマトリートメントを行ない、心と身体をリラックスさせます。

アロマセラピストになるには、関連するサロンで働くことになりますが、その際にはアロマセラピストの資格が必要となります。公的資格はなく、各民間団体がそれぞれ資格を認定しているものです。多くの団体が資格認定しているため、実績のある確かな団体の資格を取得するようにしましょう。資格試験では心理学などに関しても出題されるので、独学で学ぶよりも専門学校や通信教育を利用しましょう。

人を癒すことにやりがいを感じる、優しい人に向いている職業といえるでしょう。

絵本作家

絵と物語をつくって絵本にするのが絵本作家の仕事だ。『100万 回生きたねこ』(佐野洋子)、『ぐりとぐら』(作・なかがわりえこ、絵・ おおむらゆりこ)などは 30~50年以上売れ続けるロングセラー になっているのに加え、続々と新しい作家も登場している。人気作品を生み出すことができれば、安定した収入を得られる可能性のある仕事です。

また、今は紙の本ではなく電子書籍として絵本を出版するケースも増えております。電子書籍のKindleなどは自主製作できるため、出版社を通す必要がなく出版する敷居がとても低くなっています。収入は基本的に印税と原稿料なので、大きなヒット作を生むまではイラストレーターなどの仕事と兼業する人も多いようです。

美術系の大学や専門学校で絵やイラストの基礎を学び、公募やコンテストに応募してデビューを待つほか、出版社に自分の作品を売り込んで認めてもらうべく努力する人もいます。絵本作家になるには独創的な発想が求められ、門戸は決して広くはありません。多くの人の感性に訴えるセンスを日頃から磨いておくことが重要となります。

イラストとわかりやすい文章で物語を作るのが得意な優しい人に向いている職業といえるでしょう。

CGクリエイター

通常のアニメーションは、手描きのセル画を何枚も描くことで動画を作成しますが、近年ではCG(コンピューターグラフィックス)によって映像が作成されることも増えています。

2016年に登場したバーチャルYouTuber「キズナアイ」も、CGアニメーションの技術を活用して作られたコンテンツです。

プロの現場のCG制作では「Maya」というソフトが使われていたり、3Dポリゴンを動かす技術として「Unity」というプログラミング言語が使われています。

近年では、

  • 3D技術の進化によるハイクオリティ化
  • ゲームのグラフィック向上
  • アニメでの3D利用の増加

など、CGクリエイターとしてスキルを極めることで、仕事の選択肢も増えやすくなっています。

動物飼育員

動物飼育員とは動物園にいる動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービスや飼育動物の繁殖の研究などが主な仕事です。

動物飼育員に求められる資質は「基本的に休日もシフト交代で仕事ができること」と「夜間や早朝勤務にも対応できること」の2点が重要になります。

動物飼育員になるには、民間の動物園なら採用を試験を受け合格することが条件となります。公立の動物園で働く場合は公務員として採用された上で動物園の飼育係に配属されるか「指定管理者制度」を利用していくつかの動物園の一括採用で配属される必要があります。

動物の世話は1日たりとも欠かすことができませんので、まじめに毎日コツコツと同じ作業を続けられる優しい人にも向いている職業といえるでしょう。

優しい人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました