【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

真面目で優しい人が損しない本当に向いてる仕事を見つけるコツ

突然ですが、真面目で優しい性格の人って社会に出ると他人に都合よく使われて損しがちだと思いませんか?

人によっては耳が痛い話かもしれませんが、私自身が過去にそうだったから、この話をしてます。

残念なことに、世の中は「お人好し」や「優しすぎる人」ほど、他人に利用されたり踏み台にされるようできてるみたいです。

なので、他人に都合よく使われない生存戦略を意識しなければなりません。

だってそうでしょ?

会社では、大して実力がないクセして他人の成果を横取りするのが上手いヤツが出世して、真面目で優しい人ほど過小評価されて面倒事を押し付けられるじゃないですか?

所詮、この世は「弱肉強食」なんすよ。

そういう現実に負けなければ、優しいだけじゃダメ。

戦わなければ勝てない」ってヤツ。

優しい人が損する会社は嫌われること覚悟で勇気の退職をして、自分を評価してくれる会社に転職しないと、食われて終わり。

もう、薄々気づいてるんじゃないですけ?

今のままでは、誰かに都合よく使われるだけの人生で終わる」って。

過去の私も「自分を変えたい」と思って、利用されるだけの職場に見切りをつけました。

その中で徹底的に調べ上げた「優しい人ほど向いてる、他人に利用されない職業」をこれから紹介していきます。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

優しい人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

向いてる仕事を見極めるためには、まず、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう

ここで紹介する欠点や短所が
今の職場でよく指摘されるなら

今の仕事が合ってない証拠かもしれないぞ!

「優しい人」には、

  • 決断力がない
  • 争いや競争が苦手
  • 自分のことを犠牲にして、他人を優先してしまうことがある
  • 自己アピールが苦手
  • 他人に利用されてしまうことがある
  • ストレスを溜め込みやすい

などの欠点があり、自己主張の強さが求められたり、競争心が求められる仕事はとくに性格的なデメリットが出やすくなることでしょう。

こういった短所が目立つ仕事では
活躍しにくいかもしれないため
注意が必要です…

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

過剰なまでに他人の反応を気にしたり顔色を伺うことがある

優しい人は、他人の反応や評価を気にしすぎる傾向があります。自分が他人に嫌われたり、不快な思いをさせたりしないか常に気にしてしまいます。

このような過剰なまでの気遣いは、仕事においても問題を引き起こす可能性があります。例えば、自分の意見や意図をはっきりと伝えることができず、他人とのコミュニケーションが円滑に進まない場合があります。

また、他人の反応を気にしすぎることで、自分自身の意見や感情を押し殺してしまうこともあります。これにより、自己主張ができず、自分の意見をしっかりと伝えることができないという問題が生じることもあります。

このような過剰なまでの他人への気遣いは、自己主張や意見表明の機会を逃すだけでなく、ストレスや不安を引き起こすこともあります。

対人関係面のリスクやストレスに人一倍敏感である

優しい人は、対人関係面のリスクやストレスに敏感です。他人との関係が円滑であることを重視し、そのために努力を惜しまない傾向があります。

しかし、このような敏感さは、仕事においても問題を引き起こす可能性があります。例えば、他人との対立や衝突を避けるために、自分の意見や要望を押し殺してしまうことがあります。

また、他人との関係が悪化することを恐れて、自分の意見や要望をはっきりと伝えることができない場合もあります。これにより、自分自身の成長や発展の機会を逃すことになるかもしれません。

このような対人関係面のリスクやストレスに人一倍敏感であることは、仕事においてもプレッシャーや不安を感じることにつながります。

利他的で自己犠牲精神が強いため他人に利用されてしまうことがある

優しい人は、利他的で自己犠牲精神が強い傾向があります。他人のために尽くすことを喜び、自分自身を犠牲にすることも厭いません。

しかし、このような性格は、他人に利用されてしまう可能性があります。例えば、他人が自分に頼み事をすると、断れずに引き受けてしまうことがあります。

また、自己犠牲精神が強いため、自分の時間やエネルギーを他人のために使いすぎてしまうこともあります。これにより、自分自身の成長や発展の機会を逃すことになるかもしれません。

このような利他的で自己犠牲精神が強い特徴は、他人からは好意的に受け取られる一方で、自分自身にとっては損失や犠牲を強いられることになるかもしれません。

対立や衝突の生じるコミュニュケーションを避ける

優しい人は、対立や衝突を避ける傾向があります。他人との関係が円滑であることを重視し、そのためにはコミュニケーションの中での対立や衝突を避けることが必要だと考えます。

しかし、このような傾向は、仕事においても問題を引き起こす可能性があります。例えば、意見の相違や問題が生じた場合に、対立や衝突を避けてしまうことがあります。

また、対立や衝突を避けるために、自分の意見や要望を押し殺してしまうこともあります。これにより、自己主張ができず、自分の意見をしっかりと伝えることができないという問題が生じることもあります。

このような対立や衝突を避ける傾向は、他人からは好意的に受け取られる一方で、自分自身にとっては自己成長や発展の機会を逃すことになるかもしれません。

優しい人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

優しい人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼優しい人が持つ意外な適性

  • 面倒見の良さ
    信頼関係を築く、親切、利害関係だけで動かない、気配りができる、他人の変化に気づく、他者を励ます、献身的、自分が目立つより他人をサポートする
  • 高い感受性と共感能力
    集団の調和を大事にする、他人の感情の機微に敏感、他人の悩みや痛みも自分事として考えられる、他者の立場で考えられる

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

たとえば、本質的な優しさが求められるセラピストやカウンセラーの仕事などは天職かもしれませんし、動物や自然を相手にする仕事のも適性があるかもしれません。

このような性質を踏まえ、優しい人に向いてる仕事を解説していきます。

  • 臨床心理士
  • キャリアカウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • リハビリテーション専門職
  • ガイドヘルパー
  • ケアマネジャー
  • 社会福祉士
  • 児童相談員
  • NPO・NGO法人スタッフ
  • フラワーセラピスト
  • アロマセラピスト
  • 絵本作家
  • CGクリエイター
  • 動物飼育員

対人職の中でも「人の話をよく聞いてあげることが大事な仕事」であるカウンセラー(相談員)や、福祉に関する仕事、あるいは動物や自然を相手にしたり、高い感受性を発揮して表現する仕事が優しい性格の人に向いてると言えます。

ここで紹介する仕事の中には資格や技術が必要なものもありますが、未経験からでも採用してもらえる仕事もあるため、自分に合っていると思った仕事があったらぜひ参考にしてみてください。

臨床心理士

臨床心理学にもとづいて、人間の心の問題にアプローチする専門家が臨床心理士です。同じような仕事をする人として、心理カウンセラーやサイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々も存在しますが、これらの職業には資格はとくにありません。臨床心理士として働くには『日本臨床心理士資格認定協会』が実施する試験に合格することが求められます。

なお、試験を受けられるのは指定大学院を修了した人、あるいは臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した人となっています。臨床心理士はいじめやリストラ、景気悪化など社会的な問題による不安感が蔓延するなか、病院や保健所、大学や研究機関、児童相談所や警察関係機関、また一般企業など、さまざまな領域で活躍しています。

悩みのある人に寄り添える優しい人に向いている職業といえるでしょう。

キャリアカウンセラー

個人のキャリアアップや職業選択について、個人の能力や価値観、興味をもとに、専門的な立場からアドバイスするのがキャリアカウンセラーの仕事です。また、突如解雇され自信喪失に陥ってる人や、引きこもりから立ち直ったばかり人に対して、就職についてのカウンセリングをすることもあります。キャリアカウンセラーの就職先には、人材派遣会社やハローワーク、就職支援センターのほか、教育機関の進路指導担当者になるといった道もあります。

キャリアカウンセラーになるためには、民間の養成機関が開講しているキャリアカウンセラー養成講座を受講し、修了後に資格認定試験に合格する必要があります。各講座とも、独自のカリキュラムを用意して講義を行なっているが、どの講座も相談者への自己理解支援や職業理解支援の方法、就職面接指導の仕方や労働法規についての講義などが主な内容となっています。同時に、キャリアカウンセリング理論やメンタルヘルスなどについても学びます。

キャリアカウンセラーに適した人物像は、相手の話をよく聞き、適切な助言を与えられる人 となるため、コミュニケーション能力に長けた優しい人に向いています。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、小・中・高校に勤務し、いじめや不登校などの問題を抱え、悩んでいる子供の心の悩みに対して学校関係者とも連携して、専門的立場から助言や援助を行なう。臨床心理士や精神科医、大学研究者などが非常勤で働いている場合がほとんどになり、学校に週2回程度出向き、学校の児童・生徒や教職員および保護者からの相談を聞きながら解決策を考え、相談者の精神的負担や和らげるのが役目となっています。

スクールカウンセラーになるには、大学院へ進学して臨床心理士の資格を取得した後、自治体などと契約し、週2回程度学校を訪れて相談業務にあたるといったパターンが多いです。詳しい募集要項については、各自治体の教育委員会に直接問い合わせてみましょう。また、この仕事をするにあたっては、児童や生徒、教職員との信頼関係を築けるかどうかも重要なポイントとなるため、誠実な人柄や人の話をじっくりと聞ける忍耐力が必要とされます。

悩みを抱えた子供の気持ちに寄り添って問題を解決しようという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

リハビリテーション専門職

リハビリテーション専門職とは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士のことです。いずれも医師の指示のもとで、診療の補助としてトレーニングを行なうのが仕事です。

理学療法士は、事故や加齢、あるいは脳梗塞や脳出血で手足を自由に動かせなくなった人に対して、体操や運動、マッサージや温熱刺激などの療法を行ない、基本的な動作ができるようにする役割を担います。それに対し、作業療法士の仕事は、主として理学療法士のトレーニングより回復した基本的動作を組み合わせ、応用的な動作ができるよう回復させます。たとえば、理学療法士が「自立で仕上がり歩く」「物をつかむ」という基本的動作ができるようにリハビリを行ない、その後、作業療法士が外出や家屋内の移動、家事、入浴や排泄などの日常生活に必要な動作のリハビリを行ないます。

言語聴覚士は、人間の「話す」「聴く」「食べる」といった動作や知覚に関する能力のリハビリやトレーニング、援助を行ないます。脳の障害などで話したり理解したりするのが難しい人に対し、発声の訓練をしたり、食べ物を飲み込みにくい人に対して飲み込む訓練(嚥下訓練)などを行ないます。一方、視能訓練士は、眼の機能に関するリハビリの専門家で、病気や加齢で、視力が低下した人の回復を図るほか、眼に関する検査結果の正確な理解や判定などもこなしています。

リハビリテーション専門職になるには、養成課程がある大学・短大・専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了したのち、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。詳しい情報は厚生労働省のホームページで確認しましょう。

身体の不自由な人に寄り添って助けたいという気持ちを持った優しい人に向いている職業といえるでしょう。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーは、在宅介護サービス会社や訪問介護サービス会社、老人ホームや障害者施設などの福祉施設や病院などに勤務して、移動介護サポートを行なうのが仕事です。移動介護従事者とも呼ばれています。

ガイドヘルパーになるには、基本的にホームヘルパー(介護職員初任者)や介護福祉士の資格を持っていることが前提で、都道府県や政令指定都市が指定する「ガイドヘルパー養成研修」を修了することで認定されます。ガイドヘルパーの研修には同行援護従業者(視覚障害者ガイドヘルパー)、全身性障害者ガイドヘルパー、知的・精神障害者ガイドヘルパーの3つのコースがあります。研修内容などについては、養成講座のある専門学校や各都道府県の窓口に問い合わせてみましょう。

身体の不自由な人に寄り添って助けたいという気持ちを持った優しい人に向いている職業といえるでしょう。

ケアマネジャー

要介護認定を申請をする際に、介護保険法に基づき、要介護者やその家族などからの相談に応じて適切な介護サービス計画(ケアプラン)をつくるのが、ケアマネージャーの主な仕事で、介護支援専門員とも呼ばれています。

ケアマネージャーとして働くには、介護支援専門員実務研修受講試験を受験してケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取らなければなりません。受験できるのは、定められた保健・医療・福祉などの国家資格を持っている人と特定施設で生活相談員などの相談援助業務をしていた人で、それぞれの分野で5年以上かつ900日以上の実務日数がある人となります。

不安を抱えた相談者と円滑にコミュニケーションを取るためにも、優しい人なら上手く利用者と打ち解けられる職業だといえるでしょう。

社会福祉士

社会福祉士は、病気や障害をはじめとしたさまざまな理由によって、日常生活に支障をきたしている人の相談を受け、その改善をサポートするのが仕事です。精神保健福祉士と合わせてソーシャルワー カーと総称されることもあります。高齢者や障害者の福祉施設・病院・児童相談所・母子生活支援施設などに勤務し、福祉分野全般にわたる相談に乗って、問題を解決するための助言や指導・援助をすることになりますが、具体的な内容はどういった職場で働くかによって変わってきます。相談者が抱えている問題は千差万別であり、どんな問題に対しても適切な対応ができるよう、福祉全般に関する豊富な知識が必要とされます。また、相談者がどんなことでも相談できるような信頼関係を築くことや、問題解決に関連するほかの職業の人たちとの連携も必要不可欠であり、誠実さやコミュニケーション能力も求められます。

社会福祉士になるには、厚生労働大臣の指定を受けた「社会福祉振興・試験センター」が実施する「社会福祉士国家試験」に合格する必要があります。また、募集要項において社会福祉士の資格所持が求められることも多いです。「社会福祉士国家試験」の受験資格は、4年制の福祉系大学で所定の課程を修了することで得られるほか、福祉系短大で所定の課程を修了し実務を1~2年経験するか、4年制大学を卒業し社会福祉士養成施設で1年以上学ぶことや一般短大を卒業後に1~2年の実務経験を経て社会福祉士養成施設で1年以上学ぶといった方法で得られます。

病気や障害を持つ人に寄り添って問題解決に向けて助けたいと思える優しい人に向いている職業といえるでしょう。

児童相談員

児童相談員は、18歳未満の子どもを相談援助の対象とする児童相談所で働くケースワーカーです。問題を抱える親子に深く関わって、子どもたちを健全な育成に導く大切な役割を担っています。学校やほかの児童福祉施設、福祉事務所などの関係機関と連携を図るのも、児童相談員の重要な仕事です。

児童相談員になるには、まず児童福祉司の任用資格を取得、公務員試験の合格を目指しましょう。児童相談所は公的福祉施設であるため、就職するためには各自治体の公務員試験に合格することが必要となります。大学や大学院の心理学系の 学科・専攻の卒業が採用条件になっていたり、「児童福祉司」の任用資格が必要とされることも多いです。

子どもの健全な育成を願う、優しい人に向いている職業といえるでしょう。

NPO・NGO法人スタッフ

NPO (Nonprofit Organization)は「民間非営利団体」「非営 利組織」のことです。NGO(Non-Governmental Organization) は「非政府組織」などと訳されますが、いずれも基本的に営利を目的とせず、社会の公益達成を目的として活動する民間の団体のことをいいます。

NPO、NGOには特定非営利活動促進法(いわゆる NPO法)に よって成立した法人のほか、社団法人、財団法人などの法人格を持つ組織があり。その一方で、法人格を持たない市民活動団体やボランティアグループなどの任意団体も存在します。NPO・NGO法人スタッフはそれら団体の理念に賛同して働いています。団体の規模も、ノーベル平和賞を受賞した「国境なき医師団」のように数十か国・地域に数万人もの職員を派遣する大規模な団体もあれば、職員なしのボランティアのみで活動しているものまで、規模も活動内容もバラエティに富んでいます。

既存のNPO・NGO法人の多くは、定期採用を行なっていない ため、臨時職員の募集を待つことになります。NPO・NGO法人スタッフになりたいなら、興味のある団体が運営するホームページなどで募集状況を調べてみましょう。

世の中の役にたちたいという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

フラワーセラピスト

花と植物の癒し効果を最大限に感じられるように、花を選んで飾るのがフラワーセラピストの主な仕事です。花は見た目の美しさだけでなく、その色や香りによっても心理的効果に違いがあると言われており、その時、その場所によって、最適な花を用意することがフラワーセラピストにとってもっとも重要なこととなります。
単に花を飾るだけでなく、医療や介護の現場をはじめ、職場や学校などで目的に合ったフラワーセラピーを実践していくことがフラワーセラピストの役割となるため、花の知識だけでなく、それぞれの場所に合った花を選び出し、コーディネートする能力も磨かなくてはなりません。

フラワーセラピストになるには、フラワーセラピー普及を掲げるさまざまな団体がフラワーセラピストやカウンセラーといった名称の資格試験講座を開設しています。独学でも始めることはできますが、こうした講座を利用するとより効率的に学ぶことができるでしょう。

花を通して人の心を癒したいという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

アロマセラピスト

花や樹木、果実の皮などから抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使ってマッサージを行なったり、さまざまな香りをつくり出したりするのがアロマセラピストの仕事です。ひとりひとりの体調や生活習慣に合わせてオイルを調合し、アロマトリートメントを行ない、心と身体をリラックスさせます。

アロマセラピストになるには、関連するサロンで働くことになりますが、その際にはアロマセラピストの資格が必要となります。公的資格はなく、各民間団体がそれぞれ資格を認定しているものです。多くの団体が資格認定しているため、実績のある確かな団体の資格を取得するようにしましょう。資格試験では心理学などに関しても出題されるので、独学で学ぶよりも専門学校や通信教育を利用しましょう。

人を癒すことにやりがいを感じる、優しい人に向いている職業といえるでしょう。

絵本作家

絵と物語をつくって絵本にするのが絵本作家の仕事だ。『100万 回生きたねこ』(佐野洋子)、『ぐりとぐら』(作・なかがわりえこ、絵・ おおむらゆりこ)などは 30~50年以上売れ続けるロングセラー になっているのに加え、続々と新しい作家も登場している。人気作品を生み出すことができれば、安定した収入を得られる可能性のある仕事です。

また、今は紙の本ではなく電子書籍として絵本を出版するケースも増えております。電子書籍のKindleなどは自主製作できるため、出版社を通す必要がなく出版する敷居がとても低くなっています。収入は基本的に印税と原稿料なので、大きなヒット作を生むまではイラストレーターなどの仕事と兼業する人も多いようです。

美術系の大学や専門学校で絵やイラストの基礎を学び、公募やコンテストに応募してデビューを待つほか、出版社に自分の作品を売り込んで認めてもらうべく努力する人もいます。絵本作家になるには独創的な発想が求められ、門戸は決して広くはありません。多くの人の感性に訴えるセンスを日頃から磨いておくことが重要となります。

イラストとわかりやすい文章で物語を作るのが得意な優しい人に向いている職業といえるでしょう。

CGクリエイター

通常のアニメーションは、手描きのセル画を何枚も描くことで動画を作成しますが、近年ではCG(コンピューターグラフィックス)によって映像が作成されることも増えています。

2016年に登場したバーチャルYouTuber「キズナアイ」も、CGアニメーションの技術を活用して作られたコンテンツです。

プロの現場のCG制作では「Maya」というソフトが使われていたり、3Dポリゴンを動かす技術として「Unity」というプログラミング言語が使われています。

近年では、

  • 3D技術の進化によるハイクオリティ化
  • ゲームのグラフィック向上
  • アニメでの3D利用の増加

など、CGクリエイターとしてスキルを極めることで、仕事の選択肢も増えやすくなっています。

動物飼育員

動物飼育員とは動物園にいる動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービスや飼育動物の繁殖の研究などが主な仕事です。

動物飼育員に求められる資質は「基本的に休日もシフト交代で仕事ができること」と「夜間や早朝勤務にも対応できること」の2点が重要になります。

動物飼育員になるには、民間の動物園なら採用を試験を受け合格することが条件となります。公立の動物園で働く場合は公務員として採用された上で動物園の飼育係に配属されるか「指定管理者制度」を利用していくつかの動物園の一括採用で配属される必要があります。

動物の世話は1日たりとも欠かすことができませんので、まじめに毎日コツコツと同じ作業を続けられる優しい人にも向いている職業といえるでしょう。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました