【部下目線】ダメ出し上司にダメ出し!お前の職場の上司はここがダメだ!

ダメ出しばかりの上司はどこにでもいるものです。

まるでお節介ババアや頭の固い学校教師のように「あれもダメ」「これもダメ」と否定ばかりしておいて、何がいいかは決して言わない。

そして何より「自分のことは棚に上げて部下ばかりにダメ出し」するのが、ダメ出し上司のダメなところ。

そんなダメ出し上司にうんざりしている方も多いことでしょう。

この記事では部下目線で、ダメ出し上司のダメなところをぶっちゃけていきます。

何がダメかを指摘しない

ダメな上司は、言葉の表現力が著しく低いので、ダメ出しにも何一つ具体性がありません。

そのため、

「気に食わないからやり直し」
「そういうとこがダメなんだよ」
「なんとなくダメ」

だの、まるで小学生レベルの感情論だけでダメ出しをしてきます。

とくに「あれ、それ、これ」など、指示語の多い上司は、国語のお勉強が足りていないコミュニケーション能力ゼロなダメ上司なので、部下を上手く指導することができません。

つまり「それ、やっておいて」と言っただけで、指示を出した気になっているんです。

具体性のない指示や、論理性を著しく欠いた指摘でのダメ出しは、今後もエスパー並の洞察力を要求されるハメになるので、要注意です。バカはいつまで経っても治らないので、ダメ出し上司のダメな指示は今後治る可能性ゼロです。

「ダメ出し」することが仕事だと思っている

また、日本は組織構造上「ダメ出しすること自体が仕事」という状況も生まれます。

要は、他人の欠点を指摘する、政治家の討論みたいな仕事ですね。そーいう、大人の粗探しが許されるのは、政治家や税務調査官、あるいは弁護士などの一部の知的階級の仕事のみです。

それを勘違いして、現場単位では絶対に解決不可能な問題や、個人の人格に関するどうでもいいことまでダメ出ししてくる上司も存在します。

学校の生徒指導部が、しょーもないことでイライラして説教してたアレと同じですね。

欠点を探して怒ること自体が仕事」としてまかり通っている職場では、ダメ出し製造機のような上司が量産されます。

ダメ出しするだけで給料がもらえる、簡単なお仕事です。

自分へのダメ出しは絶対NGなダメ上司

中高年ヤンキーはさっさと社会から退場すべき!百害あって一利なしの老害ヤンキー上司の特徴とは?』という記事にも書いてある通り、他人の悪いところを指摘するのは上手いクセして、自分の非は絶対に認めないヤンキーレベルのダメ出し上司も存在します。

そういう上司は、さらに上の上司に言われたダメ出しをよく理解しないで真似ている、オウム程度のオツムしかないので、話を真面目に聞くだけ無駄です。

また、部下の提案や報告も「そんなことはどうでもいい」「今、忙しいから」など言って払い除けたり、ひどい場合には「オレは悪くない、お前のせいだ」と言い訳までしてきます。

【ブラック企業】無能な上司がよく言う一言。言われたことがあったら転職を考えよう』という記事にもありますが、ダメ出しが下手な上司は、不当な責任をすべて部下に押しつけてくるクズなので、真に受けないようにしましょう。

ブラック企業で働くやつは無能じゃなかった!お前は前に進める人間だ!』という記事にもあるとおり、最悪の場合は部下を無能だと洗脳して、とことんやる気を奪ってうつ状態まで追い込んできます

部下に仕事を振らないで、自発性をつぶすダメ出し

ダメ出しの下手な無能な上司は、何もかも自分でしなければ気が済みません。

部下を信用していないからですね。

そのため、部下が自発的にした仕事も「勝手なことをするな」「言われたとおりにしろ」など、部下の自発性や仕事に対する意欲を奪うダメ出しを平然と行ってきます。

そういった上司は、部下を「自分の指示通りに動くロボット」「自分の思うように動かない問題児」という二択でしか考えていない完璧主義タイプのため、融通も利きにくいです。

私の友人の開発した人工知能による記事『私はロボットです。あなたの仕事もロボットです。労働者はロボットです。』でも、完璧主義な上司や会社が部下に求めることは、ロボット同様の人間性を欠いた労働だという結論が導き出されていますね。

完璧主義タイプで、部下の欠点を次々にダメ出しし、その挙句、自分でなんでもかんでも完璧を目指すダメ出し上司は、職場全体で見た時に時間内に仕事を終らせるという発想がないため、ブラックな職場をつくりやすい性質だと言います。

俗に言う”無能な働き者”という、一番全体の足を引っ張るタイプのリーダーです。

ダメ出し上司からは逃げよう!

いかがでしたか?

あなたの職場のダメ出し上司は、ダメ出しのド素人ではないでしょうか?

残念ながら、日本の社会はタテ割り・上司が絶対正しいという、ダメ出しすればキリがないレバルの構造なので、ダメ出しするだけで一生かかるレベルです。

上司や会社にダメ出しするよりも、ダメ出しされない・ダメ出しする必要がない職場を見つけることが、一番賢い選択肢だと言えるわけですね。

ダメ出し上司のいない職場なら転職エージェントを利用しよう

ところで、ダメ出しというのは説得力のあった的確なものであれば、部下を成長させる指導になり得ます。当然、部下はそれを「ダメ出し」などではなく「適切な指導」と感じるため、そもそもダメ出しどうこうなんて低次元な発想に至らないわけですね。

そういった、適切な指導としての「ダメ出し」をしっかりしつつ、あなたにあった職場を紹介してくれるサービスが転職エージェントです。

「ダメ出し」といっても、欠点の目立つような職場へ就くようなリスクを避け、長所を伸ばせる職業を紹介してくれるため、ダメ出し上司のいるような職場に転職するリスクはかなり低くなると言えますね。

ダメ出し上司に理不尽なダメ出しに疲れた方は、転職エージェントでダメ出しされない職場を探しましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ