仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

接客業のストレスに疲れて辞めたいあなたへ。転職するなら早めの決断を

「接客業に疲れた…」
「接客業がストレス…」

そう、感じていませんか?

接客業のお仕事は、不特定多数の人に対して笑顔で接しなけばならず、非常にストレスの貯まるお仕事です。

最終的にはうつ病になって辞めてしまう人もいます。

筆者自身、接客業はストレスの割に給料が見合わないと思って、辞めた過去を持ちます。

毎日毎日、クレームと罵声を浴びながら、忙しい時間帯に現場を回し、時にはノルマや売上に追われながら働いているにも関わらず、接客業は決して高く評価されるお仕事ではありません。

以下の記事にも書いておりますが、接客業は転職の成功しやすい若いうちに辞めた方がいいと断言できます。

もし読者の方で、接客業でのストレスに疲れている方は、最後まで読んでみて今後の参考にしてみてください。

接客業がストレスで疲れる理由や原因

接客業をやっていると、どうしてストレスが溜まって疲れるのでしょうか?

主な原因や理由について考えていきましょう。

クレームが多い

接客業が最もストレスフルだと感じるのは、クレームが多くて疲れるからでしょう。

クレームに疲れて、接客業を辞める人は多く、筆者もクレーム対応がくだらなくなって辞めた過去を持ちます。

理不尽な要求から、ヤクザみたいな恫喝、果ては土下座要求まで…。

日本はサービス過剰な国で「お客様は神様」とも言われていますが、そのせいで安い賃金で働いている従業員はクレームで理不尽な目にあうわけです。

しっかりとお金を払って気持ちよく取引できる相手に頭を下げるのであればともかく、一銭も落とさない客相手に頭を下げるのは、屈辱以外の何物でもありません。

接客業は笑顔が疲れる

接客業がストレスで疲れるのは、笑顔を貼り付け続けることに疲れるからでしょう。

接客業では、一円も払わないお客にも笑顔で接客しなければならず、エラソーにしてくる嫌なクレーマーにも笑顔、マクドナルドでは0円で笑顔。

楽しくなくても、嫌なことがあっても笑わなければいけないため、感情が壊れて、日常生活で笑えなくなってしまう人もいます。

出世コースが少ないので上に上がれない

接客業の仕事は、主に現場仕事が中心となります。

そのため、本社とのつながりが薄く、出世する機会がなかなか得られません。

しかも、現場経験のない大卒ホワイトカラーの人が本社勤めをしているため、現場の気持ちや状況を理解しておらず、ひどい場合には現場の人を見下していることもあります。

セブンイレブンの経営者が、現場の声を無視して、フランチャイズのオーナーを過労死まで追い込んでいるのも、そういった現場経験のない本社勤めがいかに仕事で手を抜いているかがわかるはずでしょう。

接客で働く社員が大事に扱われずに、ストレスを抱えて疲れる原因にも、そういった本社の怠慢が原因にあるのです。

そんな、社員を大事にしない会社に尽くす必要はないので、体と精神が壊れる前に辞めることを考えておきましょう。

接客業は誰にも助けてもらえない…

接客業の何がつらいかって聞かれると「誰も助けてくれないところ」です。

とくに店長・店舗マネージャークラスですと、部下に頼るわけには行かず、かと言って違う職場で働く他店店長やエリアマネージャー(スーパーバイザー)に連絡するのも厳しい。

友人や家族も「接客業なんてアルバイトでも出来る楽な仕事」なんて本気で言う人もいるぐらいで、なかなか理解されません。

「つらくても、私一人でどうにかしなきゃ…」

このように考えて、追い詰められている人もいるのではないでしょうか。

実際、現場での仕事やお客さんのクレームに関しては、誰からも助けてもらえないことも多く、一人でなんとかしなければいけませんからね。

接客業ほど、つらい仕事はありません。

不特定多数のお客さんという”敵”と一人で孤独に戦い続ける…。

本当はそれぐらいにキツイお仕事なんです。

接客業では病んでしまう人が多く、辞める人が多いのも、仕方のないことだと思いますね。

不定休が疲れに拍車をかける…

接客業が疲れやすい原因としては、休日が不定期であることも考えられるでしょう。

土日祝、あるいは年末年始・ゴールデンウィークは、当たり前のごとく出勤ですからね。

そして、連休もなかなかとりにくい。

その上で、パート・アルバイトが不足すると10連休なんてことも当たり前。

私は接客業で働きだしてから数年、思えばゆっくり休んだことがありませんでした。

当然ながら、店舗マネージャークラスが有給で連休をとれるわけもありません。

長期休暇なんて、夢のまた夢です。

一般職であれば、年末年始・ゴールデンウィークにまとまった休みがとれますが、接客業であればそうもいきません。

もし、数年間接客業に勤めてお疲れの方で、有給休暇さえとれないのでしたら、退職してしまうことも考えておいたほうがいいですよ。

ゆっくり休んで考える時間も大事ですし、失業保険を半年間受け取ることも可能です。

参考:失業保険について|ハローワーク

接客業のストレスに疲れたら転職を考えておこう

接客業のストレスで疲れている方は、転職を考えておくことをオススメします。

私も接客業に疲れてうつ病寸前の際に、思い切って転職することにしました。

周りから引き止められることもなく、あっさりするぐらいに辞められましたよ。

接客業は転職しやすい業種

接客業の方が疲れたら辞めたほうがいい理由があります。

それは接客業は離職率が高い上に、転職も非常にしやすい業界だからです。

長年の接客業経験があれば、転職先に困るようなことはまずありません。また、新しい業種で働くことで気分転換にもなり、新しい自分と出会うこともできますよ。

接客業からの転職ならエージェントに相談するのが一番

接客業から転職するのであれば、転職エージェントを利用しておくことを強くオススメします。転職エージェントとは、自分に合った転職先をプロのアドバイザーが紹介してくれるサービスのことで、誰でも無料で利用できます。

転職先は3ヶ月もあれば簡単に見つかるので、失業保険受給期間中に次を見つけ出すことも可能です。担当者が内定を取りやすい求人を優先して紹介してくれる上に、推薦状も書いてくれるの採用確率もグッと高まりますよ。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ