使えない部下は切るべき?部下を辞めさせよう…とイライラしたら知っておくべきこと

「部下が使えない」
「部下が口答えしてムカつく…」
「部下のせいで自分の仕事が増えて苛立つ」

先輩・上司として後輩や部下を指導する立場になると、必ずと言ってもいいほど「使えない部下」に悩むことになります。

しかし、昨今ではハラスメントに対する風当たりが強く、上司と言えど部下には中々強く言えない情勢になってきております。

また、法律で考えてみても、どんなに無能であっても社員を辞めさせることは非常に難しいのが現実です。

要は、どんなに使えない部下であっても、なんとか使いこなすしか選択肢はないのです。

そこで当記事では、現実的に部下を辞めさせるのが難しい理由を説明しつつ、部下を上手く使うための知恵をご紹介してまいります。

スポンサーリンク

「使えない部下を辞めさせる」という考え方は厳禁

この記事に訪れた方の中には、あまりにストレスを抱えて「使えない部下を辞めさせたい!」と思っている方もいると思います。

筆者も、無能な人間は大嫌いなので、潰して辞めさせたくなる気持ちは痛いほどわかります。

しかし、最近はハラスメントに対する風当たりも強い上に、ハラスメントに対する告発の仕方までネットで簡単に調べられる時代になっているので、絶対にやめておくべきです。

また、ドライに「使えない部下を辞職に追い込んだ結果、相手に恨まれて法的手段に出られた場合」についての損得勘定も考えてみましょうか。

使えない部下を感情的判断で辞めさせるまで追い込んだ結果、ハラスメントの告発・労働監査所に駆け込まれるなどの対処をされ、自分自身だけでなく会社まで巻き込まれて足を引っ張られてしまえば、最終的には使えない部下が怠けている以上の損失と心労を被ることになります。

そこまで計算できる方であれば、使えない部下を辞めさせることはリスクの方が高いとわかるはずですので、まずは冷静になってください。

使えない部下の特徴

まずは使えない部下の特徴をまとめて紹介します。

社会常識・マナーがない

もっとも使えない部下は、社会常識やマナーが欠けています。

敬語が使えない、挨拶やお礼が言えない、上下関係を守れない、電話に出ない、報告を怠る…など。

まさに「親の顔が見てみたい」と言いたくなる、非常識のオンパレードですね。

どんなに仕事ができても、基本ができない人間は社会に必要ありません。

こういった社会常識やマナーの教育は、家庭環境などで身にしみていることも多いため、いくら指導しても治らないのが困りモノです。今まで一体、学校で何を学んできたんでしょうね?

人の話を聞かない

使えない部下は、人の話を聞きません。

また、聞いてるように思わせるために「はい」「わかりました」など、上辺の返事だけしかしないのも特徴ですね。

そのため、上司の意図とはかけ離れた、身勝手な行動を平然と行い、職場に迷惑をかけます。

人の話を聞かない部下は、出世チャンスなしどころか、顧客とのコミュニケーションもまともにとれないため、極めて仕事のできない人材と言えますね。

自分から行動しない

使えない部下は、とにかく自発性がありません。

指示待ち人間、何も指示しなければすぐにサボりだします。

自分から行動できない人間は、まるで親に言われなければ何も出来ない、甘ちゃんです。

あなたは部下の親ではありません。

そんな子供のような部下は放っておくのも手でしょう。

指示した仕事すらできない

また、さらに使えない部下ですと、言われたことすらまともにこなせません。

指示したことすらできない人間は、もはや社会人失格です。

指示したことすらできないのであれば、もはやどうすることも出来ませんので、自分の責任だと気にせずに、採用・配置した人事を責めましょう。

言い訳が多い

使えない部下は、生意気にも言い訳やゴタクを並べてきます。

たまに正論を言ってくる小賢しいタイプもありますが、行動で示していなければ説得力ゼロの、口先だけの大言壮語タイプです。

「口を動かす前に手を動かせ」と、言ってやりましょう。

報連相ができない

仕事が出来ない使えない部下は、報連相の概念が欠けています。

勝手に一人で自分自身な判断をしたり、重大なミスを隠したりします。

報連相が出来ない部下は、言わば怪我をしても脳まで痛みを伝えないような、社内を不全に陥らせる病気のようなものです。

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました