仕事が暇で辞めたい…そんな時に見直すべきことは?

「仕事が暇で辞めたい…」

世の中にはそんな贅沢な悩みもあります。

ですが、仕事が暇なら暇で、意外と時間を持て余して辞めたくなってしまうものです。

この記事では、そんな贅沢な悩みの解決法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

仕事が暇になる理由は?

まずは今の自身の置かれた環境を見直すためにも、仕事が暇になる理由について考えていきましょう。

待機時間が多い仕事だから暇

仕事が暇で辞めたくなる理由は待機時間が多いからでしょう。

待機時間が多い仕事には大きく分けて「そこにいることに意味がある仕事」と「実稼働時間が他人に左右される仕事」に二種類が存在します。

「そこにいることが意味がある仕事」は以下の通り。

  • 警備員
  • プールの監視員
  • ガソリンスタンドのスタッフ
  • ドラッグストアの薬剤師

上記の仕事は、警備や監視を行うことや、資格を持つ人がいなければ営業できないなどの都合で「そこにいること」自体に価値が生じる性質の強い仕事だと言えます。

「実稼働時間が他人に左右される仕事」は以下の通り。

  • システムの保守・管理員
  • 事務所待機の宅配サービス
  • 受付員
  • コールセンター
  • 小売店舗のスタッフ
  • デスクワーク全般

いずれの仕事も、会社の発注状況や訪れる客の数や頻度、指示される仕事の量で忙しさは変わりますが、場合によっては暇な状況を持て余すことの多い職場も存在します。

これらの仕事は通常、社員が暇な時間を持て余し過ぎないように人件費や稼働時間を調整するものですが、あまりに暇な時間が多いようであれば、会社のマネジメントに何かしらの問題があると考えるべきです。

上司や経営者の意思決定が遅すぎて暇

上記の待機時間が多い仕事の根本原因となる理由として「上司や経営者の意思決定が遅すぎて暇になる」というものもあります。

これは具体的には以下の通り。

  • 無駄な会議ばかりで誰も決断しない
  • 上司が仕事の優先度を決めて割り振らない
  • 上司が待機時間を持て余す社員に指示を振らない
  • 何かを行う際に申請や許可が必要で動けない
  • 段取りや計画が杜撰なので仕事が早く終わると暇な時間ができる

仕事は水なようなもので、上の決定や判断が遅いと詰まってしまい、組織全体に影響を及ぼしてしまいます。

もし、読者が自社で暇を持て余しているのであれば、それは上の決定が遅く下まで仕事が回らない状態が当たり前になっているのかもしれません。

社内ニート・窓際族なので暇

仕事で暇な理由として、社内ニート・窓際族として一切仕事を振られない状況に追いやられていることも考えられます。

※1.窓際族~日本の職場において閑職に追いやられた、余剰の社員・職員を指す言葉
※2.社内ニート~労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のこと

これには、以下のような原因が考えられます。

  • 左遷で閑職に追いやられる
  • 自発的に動かない社員に仕事が割り振らない職場
  • 周りの社員と能力差がありすぎて見捨てられている

社内状況にも寄りますが、知らず知らずのうちに上司や同僚を怒らせ干されている場合もあるので、思い当たる節があるなら要注意です。

社内ニートになってしまう原因は以下の記事でも紹介しております。

関連:社内ニート辞めたい…。仕事が暇すぎて会社に居場所がないと辞めたくなる理由や退職するならしておくべきこととは?

仕事が暇で辞めたくなる心理は?

仕事が暇で辞めたい…という悩みが贅沢な悩みであることは冒頭にもお伝えした通りです。

では、なぜ辞めたくなるのでしょうか?

その理由や心理について解説していきます。

仕事しているフリをするのが退屈に感じる

会社で働くと茶番や無意味な仕事に付き合わなければならないことが渋々ありますが、仕事が暇だと「仕事をしているフリ」をしなければならないこともあります。

  • 勤務中にマインスイーパーをしている
  • 人目を盗んでネットサーフィン
  • 効率よくやれば終わる仕事をダラダラ何時間もかけて終わらせる

勤務中に人目を盗んで要領よくサボるスキルは大事ですが、それが何時間・何日も続くと、流石に罪悪感や無力感を感じて疲れて来てしまうというものです。

いつまでも仕事を振られないで動けない時間にイライラする

人間、動いていないと怠けグセがついてダラダラしがちですが、適度な緊張感の必要な職場において、仕事を振られないで何もできない時間があるとイライラしてしまうものです。

とくに納期があるのに待機時間が多かったり、予期せぬタイミングで仕事が割り振られるような職場では「暇だけど暇ではない」という状況に、ストレスを感じる方も多いでしょう。

また、社内環境によっては自発的に動かない社員に仕事が振られない事態もありますが、その場合は周りについていけなかったり、周りが忙しい中で何もできない自分に腹が立つというようなこともあるかもしれません。

少なからず、仕事をしたいのに仕事ができないという状態は無意識にストレスを抱え込む原因となるので、何かしらの対策は考えておきたいところです。

やることがなさすぎて無能感が増していく

やることがない中で周りがやることをこなしていると、自分の無能さがしんどいと感じるようになってきます。

「自分は何やってんだ…」
「周りが忙しいのに力になれない…」

人はやることを与えられることで、自分の価値や有意義さを実感できるものですが、仕事が暇だとそのような価値も得られず、次第に何もしてない無能感や罪悪感が強くなってくるものです。

スキルや人脈が身につかないので

勤務中暇な時間が多い仕事は、スキルや人脈が身につきにくいのでキャリア上のプラスになりにくいという問題があります。

  • 待機時間が多すぎて実務時間が極端に少ない
  • 雑務ばかりで重要な仕事をほとんど振られない
  • 社内持ち込み禁止で勉強やスキルアップに費やす時間がない
  • 待機時間に部署外・社外にコンタクトを取ることができない

このような状況の中ですと、スキルアップやコネづくりに充てる時間も得られないため、キャリア上のプラスにもならない無駄な時間ができてしまうことになります。

仕事が暇で辞めたいならしておくべきこと

仕事が暇で辞めたいと悩んでいるなら、何をすればいいのでしょうか?

ここでは勤務中に暇になった時に、やっておくと後々自分のためになることをお伝えしていきます。

空いた時間は自己学習に取り組む

仕事中に空いた時間は自己学習に取り組むのが一番でしょう。

  • 資格取得の勉強をする
  • 新聞紙や経済誌を読む
  • ビジネス書を読む
  • 専門書で基礎学習をやり直す

今の仕事に関係のある内容やそうでない内容であっても、自己学習して得た知識やスキルは、どこで役に立つかわかったものでありません。

暇な時間を持て余して無駄に過ごすぐらいなら、まずは自己学習に時間を使えるかどうか検討しておくといいでしょう。

整理整頓に時間を費やす

仕事が暇なら、デスク周りやPC、あるいはオフィスの整理整頓に時間をかけるのもオススメです。

とくにPC内のデータを整理して目的のデータにアクセスしやすくしたり、他の社員と共有しやすくすることは、後々仕事が忙しくなった際に地味に役に立ちます。

デスク周りの書類や文房具を整理するのも、貯まっている仕事を見直す中で新たな仕事が見つけ出せるかもしれないので、やっておく価値はあります。

ちなみに筆者は、PCデータの整理をしながらソフトの使い方を自己学習したり、簡単なプログラムを組んでみるなどして、定期的に整理+学習という形で暇な時間を業務効率化のために使うようにしております。

転職活動を始めておく

仕事が暇で辞めたいなら、余裕のある時に転職活動を始めておくのもいいでしょう。

転職活動では、

  • 履歴書作成
  • 職務経歴書作成
  • 自己分析
  • 企業研究・業界分析
  • 面接対策
  • 退職後の引継ぎ処理
  • 内定前の事前調整

など、やるべきことや調べることがたくさんあるので、仕事が暇で辞めたいと悩んでいるなら転職する意欲がそこまでなくても、早いうちから転職を始めておく価値はあります。

転職活動を始めたいなら、まずは転職エージェントのご利用をオススメします。

転職エージェントではプロのアドバイザーに転職に関しての相談ができ、オススメの求人を紹介してもらえ、応募手続きやスケジュール調整のサポートまで行ってくれ、内定が決まるまで無料で利用できます。

最短3ヶ月から長期間での転職まで対応しているので、この機会にぜひ登録しておいてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました