仕事の能力が低い人の特徴。今の仕事で無能扱いされている人は読んでおこう

(この人、他の仕事だったらクビでしょ…)

世の中には驚くほど能力が低いにもかかわらず、給料泥棒のごとく会社に寄生している人も少なくありません。

仕事の能力が低い人は集団において足を引っ張る厄介な存在です。

そして厄介なことに、本当に能力の低い人は「自分は足を引っ張っている」という自覚がないどころか、不平不満をもらし、職場の士気を下げることすら平然と行います。

当ブログに起こしの方は、能力の低い社員に足を引っ張られ、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「能力の低い人間の特徴」をまとめてみました。

自分の職場の能力の低い人間を思い出しながら、読んでみてください。

関連:【情けない…】仕事で無能感をこじらせた奴にありがちなこと。軟弱者の実態がコレだっ!

関連:自分が「無能な働き者」だと感じた場合の改善方法。別に「無能」でもいいんじゃない?

仕事の能力が低い人の特徴

頭が悪い

仕事での能力が低い人は「頭が悪い」という特徴があります。

関連:頭が悪い大人の特徴5つ。社会人にはバカの方が多い事実を前向きに知ろう!

その上、肉体的な強さや前向きさなど、頭の悪さをカバーできる能力を持ち合わせていません。

また、日本の教育は「暗記するだけでどうにかなる」という性質を持つので、学歴があっても頭の悪い人間も一定数います。

そのような人間は、理論や知識の応用が出来なかったり、記憶している以上のことが引き出せない劣化コンピューターのような存在ですので、この先生き残れません。

自分の能力の低さを認識できていない

仕事での能力が低い人は、自分の能力の低さを認識できていません。

自分の能力の低さを自覚できなければ、努力も成長もできませんからね。

「身の程を知る」「無知の知」などの言葉もありますが「自分の非力さ」を知らない人は、一生無能で居続けるしかありません。

コミュニケーション能力が低い

仕事の能力が低い人は、コミュニケーション能力が著しく低いです。

極端な話、実務遂行能力が低くても、他人の話よく聞いて理解するコミュニケーション能力があれば、仕事は最低限こなせます。

しかし、コミュニケーション能力が低い人は人の話をよく聞かず、自分勝手な解釈しかできないために、いつまで経っても成長できません。

前述の「自分の能力の低さを認識できていない」ことも相まって、自分よりも能力の高い人から謙虚に学ぶことができないのです。

根本的に他人任せ

仕事の能力が低い人は、根本的に他人任せです。

仕事の指示も自分の成長も他人任せですので、いつまで経っても能力が上がりません。

いわゆる「指示待ち人間」ですね。

指示待ち人間は自分が変わるのもすべて「何かのきっかけがある」と思っているため、自分から変わろうなどと考えません。

愚痴や不満などの「否定」だけはいっちょ前

仕事の能力が低い人間は、愚痴や不満などの否定だけはいっちょ前です。

否定や批判は、自分が出来ないことの「言い訳」でしかありません。

自分に能力がないからこそ、不満や愚痴をもらし、何かを変えようとすらしないのです。

また、愚痴や不満は「行動できない証拠」でもあるんです。

本当に愚痴や不満があるのであれば、自ら行動して現状を変えればいいだけですからね。

それも出来ないのであれば、黙って口をつぐむのみです。

成長性がない

仕事の能力が低い人は、成長性がありません。

なぜなら、自分の能力のなさを自覚できず「自分は出来る!」と思っているからです。

目標設定がなく、ダラダラ仕事しているため、昨日の自分を超えることすら出来ません。

自己中心的

仕事での能力が低い人は、すべからく自己中心的な存在です。

「自分の仕事が増えなければいい」
「給料さえもらえればいい」
「会社の経営状況なんてどうでもいい」

こういった自分勝手な考えで仕事しているため、危機感が足りていないのです。

よって、会社のために能力を上げようなどと考えもしません。

ですが、それで給料がもらえてしまうのも、忘れてはいけない事実です。

関連:モラルのない人と職場の特徴。モラルの低い人と関わると人間性が腐ることを知っておこう

能力の低い人は相手にしないことが大事

能力の低い人は相手にしないことが一番の解決策です。

なぜなら、以下のような理由があるからです。

  • 能力が低い人は学習意欲が低いので、教えるだけ時間の無駄
  • 能力の低い人は批判だけはいっちょ前なので、素直に言うことを聞かない
  • 能力の低い人と関わっても足を引っ張られるだけ

最初は「能力の低い人を引っ張って職場のレベルを上げよう!」と張り切る方もいますが、次第にその努力が無駄と言う事実に気づいてきます。

なぜなら、頑張らなくても給料がもらえるから。

給料がもらえるのであれば、人はわざわざ努力なんてしないのです。

日本の国政も「努力しない奴にはチャンスすら与えない」という方針に向かっていますが、それと同じことですね。

能力の低い人間は、一生能力の低い集団に属するしか道はありません。

あなたも能力の低い人間に足を引っ張られないように、組織での立ち回り方を考えておきましょう。

関連:嫉妬を買いやすい人の特徴。優秀なのに周りに足を引っ張られて思うように行かない人の特徴とは?

自分の能力を高めることに集中しよう!

能力の低い人間相手にうんざりしている人は、自分の能力を高めることに集中しましょう。

なぜなら、能力の低い下の人間を見下してばかりでいては、自分もまた能力の低い人間の1人から抜け出せないからです。

下を見ればキリがないように、上を見てもキリがありません。

能力の低い人間を見下していて、内心で勝ち誇っているような人間もまた、上から見れば「能力の低い人間なのです。

なぜなら、職場の周りの人間の能力が低いことも「他人事」と思っており、自分の仕事の範疇しかこなせていないからです。つまり、あなたもまた「自分のことしか考えていない」わけであり、そこで立ち止まっていく程度の人材でしかないのです。

能力の低い人にうんざりしているなら転職も考えておこう

しかし、企業や職場などの集団には同じレベルの人間が集まる性質があるので、どれだけ一個人で頑張ってもどうにもならないことがあります。

意識の低い部活で全国制覇を目指してみても、誰一人本気にならないのと一緒です。

周りの能力が低いことにうんざりしている方は、将来設計や人生の目標を見直す意味でも、転職活動を始める頃合いでしょう。

・キャリアアップ転職のメリット

  • より目標意識の高い人達と仕事ができる
  • レベルの高い集団に属し、周りに足を引っ張られることが少なくなる
  • 理解力の高い人達と仕事できるため、意思疎通がスムーズになる
  • より自分の能力や適性を活かせる職場と出会える
  • 単純に給料アップ・待遇向上につながる

転職すれば以上のようなメリットがあり、より自分を高めていく環境で仕事するチャンスが得られます。

一方で今行動できない人は、いつまでも周りの能力の低い人に愚痴ってばかりで、何一つ変えられない人生を送るハメになります。それこそ「能力のない人間」であり、周りの人間との”どんぐりの背比べ”でしかありません。

周りの能力の低い人間に足を引っ張られて飲み込まれる前にも、転職活動で自分の将来設計を見直しておきましょう。

転職を考えるなら転職エージェントを活用しておこう

転職を考えるのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーから的確なアドバイスをもらっておくことをオススメします。

能力のある人間は素直にプロのアドバイスを聞いて実行できるため、周りの人間の能力が低いと感じているのであれば、今すぐ登録して話だけでも聞いておくべきでしょう。

意識高い

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

ビズリーチ…他の転職エージェントとは一線を画する、ヘッドハンターとのマッチング形式の転職サイト。レベルの高いヘッドハンターと登録企業から国内の上位クラスの求人が届きスカウトされる形式。年収1000万以上の求人が多く集まっている最高峰の転職サイトなので、キャリアアップを目指すなら必ず登録しておこう。→ビズリーチの解説記事

Spring転職エージェント…スイス発の世界No.1人材会社「アデコ」の手がける転職エージェント。国内の人材会社と違い「量より質」のため、圧倒的にマッチング精度が高い。担当コンサルタントの能力も高く、日本の事務的で役に立たない対応のリスクも少なめ。第二新卒からでも利用でき、登録のハードルが低いのも魅力。面談拠点は全国対応。→Spring転職エージェント(アデコ)の解説記事

JACリクルートメント…イギリス発の外資系転職エージェント。外資系企業・海外転職・グローバルな日系企業への紹介に特化。対象年齢層も30代以上からと高く、ハイクラスな転職実績多数。→JACリクルートメントの解説記事

どの転職エージェントも「全職種・全業種対応」の総合転職サービスで、登録は無料、なおかつ誰でも利用できるので、気になる方はこの機会にぜひ登録してみてください。

経歴やキャリアに自信のない方でも、意外な高年収求人のスカウトが届くこともあるので、登録しておくだけチャンスが得られます。

少なからず、今の職場でレベルの低い仕事やレベルの低い社員と仕事し続けるよりも、より一層ハイレベルな環境に挑戦できるので、今の職場に期待し続けるだけの人生よりもずっとマシですよ。

転職エージェントを使いこなすコツ

最後までお読みいただいている読者の方に、転職業界の裏事情からとくに有用な情報もご提供しておきます。

多くの転職エージェントでは「登録しておいて後は待つだけ」という方も多いですが、それだけではいい求人は引き出せません。

というのも、他に多数のユーザーが登録している上に、自己申告のネット情報だけですと業者側から信頼されていないため、自ら転職会社のヘッドハンターやコンサルタントの目につくようにしないといけないからです。

以下のことを意識しておけば、より一層優遇されやすくなるので、転職に強い関心がある方は試しておきましょう。

  • レジュメ(職務経歴書)の内容を充実させておく
  • 英語スキルがある場合、英文レジュメも記入しておくとよい
  • 自由記入欄には「業界用語」「業務内容」「役職名」など、出来る限り人材会社側の「検索」に引っかかりやすいワードを入れておく
  • 個人名アドレスの担当者からの求人案内やスカウトが来たら、可能な限り返信しておく(ハイクラス転職サービスでは、担当者との個人間でのやりとりが多くなる)
  • 面談の案内や勧誘が来たら、出来る限り参加しておく(面談に参加しないと優遇されにくい)

今回紹介している転職サービスは、日本の大手転職エージェントと違って個人プレイ色が強く、担当者やヘッドハンターが保有している求人からオススメを紹介してもらえる形式となっています。

つまり、担当者が受け持っている業界・職種とマッチすれば、かなり高精度で優良な求人を紹介してもらえる可能性が高くなるということです。

また、ビジネスライクで事務的な日本の人材サービスと違い、担当者個人の裁量幅が広く提案力も高いため、事前にメールでやりとりして希望求人の要望を通しておくことも可能です。

正直言って、これらの転職エージェントを使うと、いかに日本の人材サービスが非合理的かわかり、転職活動の概念が変わるほどですよ。

全サービス、無料で登録できるので、景気がよく売り手市場な今のうちに登録しておくといいでしょう。

転職エージェントの解説記事はこちら→転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

転職エージェントとの付き合い方に関してはこちら→転職エージェントとの上手な付き合い方。社会人として”友好的”に接しよう

関連コンテンツ