【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

仕事ができない自分が情けない…無能を晒した時に見直したいこととは?

現代の社会では、仕事において成功や成果を上げることが求められますが、時に自分自身が仕事について自信を持てないと感じることもあるでしょう。自分の能力やスキルに自信を持てないという気持ちは、情けなさや挫折感を引き起こすことがあります。

仕事ができないと感じることは、自己評価や自己成就の観点からも重要です。

具体的に仕事ができないと悩むことで見い出せることは、「自己成長のチャンス」「スキルアップの方法」「自己肯定感の向上」「適切なサポート」「成果を上げる秘訣」「自己啓発の道」「成功への道筋」「モチベーションの維持」「自己改善の意欲」「自信の築き方」などが挙げられます。

仕事ができないと感じることは、決して恥ずかしいことではありません。実際、多くの人が成長やスキル向上の過程で同じような感情を経験しています。大切なのは、その状況を受け入れ、前向きな姿勢で取り組むことです。

この記事では、仕事において自己評価が低くなってしまう人々に向けて、自己成長やスキル向上のための方法やアプローチについて紹介していきます。自己啓発や適切なサポートの存在、成功への道筋を見つけるヒントなど、情けなさを乗り越えて成果を上げるためのアドバイスを提供します。

この記事を通じて、仕事ができない自分自身に対して情けないと感じることへの解決策や前向きな思考を養い、成長につながる一歩を踏み出しましょう。自己肯定感の向上やモチベーションの維持など、成功への道を切り拓くためのヒントをご紹介します。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

無能感をこじらせた情けない奴によくありがちなこと

恋愛・仕事・人生において「無能感こじらせて情けない姿晒す」ということは、まれによくあることです。

しかし、日本では「恥の文化」があるので、失敗して情けない姿を見せると叩かれてしまいますよね?

それはネットだけではなく、現実でも同じこと。

あなたの周りにも、情けない人はいませんか?

自分の身近な人と照らし合わせながら、読んでみてくださいね。

中ニポエムを書き出す

人生において、無能感を感じている時期の人は、現実逃避でだいたい中二病こじらせてポエム書いちゃいます。

中二病とは「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」のことですが「高二病」「大二病」などと進み、自己愛の加速した現代において、大人になっても治らない人は結構多いようです。

参考:中二病 – Wikipedia

現実世界であまりに無能な自分を慰めるために、理想の世界で「自分すごい」とアピールし全能感を感じるようになるのです。

もっとも、最近ではSNSで誰もが自由に自分を表現できるようになったせいで、多くの人が抜け出せない中二病の世界にいるような錯覚を覚えます。

自分すごい系

中二ポエムのポピュラーなタイプが「自分すごい」系。

これはライトノベルの「オレTUEEEEEEEEE」から、SNSで盛っている人の「もっと私を見て」など、現在では多種多様に渡って展開されています。

八百万の神の国である日本において、誰もが手軽に神になれるネット時代、誰もがすごくなる権利があるのです。

…たとえ、現実での生活が上手く行ってなかったとしてもね。

私の気持ちわかって系(かまってちゃん)

中二ポエムでもメジャーなタイプが「私の気持ちわかって」系。

素直に「つらい、慰めて」と言えばいいものを、現実はそれを許してくれない。

…なので「気づいて!気づいて!」という気持ちを回りくどいまでにばら撒くのです。

よくロック歌手が「振られたオレの気持ちわかって」という感じで恋愛ソングを書きまくってますが、あれも中二ポエムの一種です。

…どうしてみんな、素直になれないのかな。

「世界を終わらせたい」衝動に狩られる系

中二ポエムの真髄と言えば「世界の終わり」です。

いつの時代も「世界が終わって欲しい」「世界を終わらせる」と望んでいる人がいるのです。

mixiデビュー!(0)
今日は僕の誕生日です!(0)
みなさんはどう思いますか?(0)
あけましておめでとう!!(0)
マイミクの皆さ~ん!お知恵拝借!(0)
mixiプレミアム入っちゃいました!!(0)
皆様にアンケートです(0)
最近めちゃくちゃ落ち込んでいます…(0)
手首切りました…(0)
家にある睡眠薬全部飲みました…(1)
ありがとう…(1)
我はメシア、明日この世界を粛清する。(54687)

by どこぞのコピペ

これらの中二ポエムは「台風だから学校休みになって欲しい」ぐらいの感覚で世界の滅亡を望んでいるだけです。

「赤信号皆で渡れば怖くない」とは言いますが、みんなが強制的に仕事が休みになるのであれば、自分が怠けて叩かれることもなくなりますから。

口を開けば泣き言ばかり

無能感こじらせて頼りない男といえば、泣き言ばかりで何もしないタイプ。

「出来るわけがないッ!!!」と4回も言っちゃたりする人は、情けないですよね。

他にも、ダサい泣き言は以下のような感じ。

「逃げてもいい」
「嫌なら辞めてもいい」
「オレはまだ本気でしてないだけ」
「明日から本気出す」
「上司が見る目ないだけ」
「どうせ、こんなことしたって意味がない」
「どうせ、みんな死ねば骨になるし…」

ちなみに、当ブログの編集長も「どうせこんなこと続けたって、もう日本は終わりさ…。オレはちっぽけな虫けらだったのさ」などと言って仕事をサボってましたが、正直情けなかったです。

苦しいこともあるだろう。
言いたいこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣きたいこともあるだろう。

これらをじっとこらえてゆくのが、
男の修行である。

by 山本五十六

人前で泣き出す

無能こじらせて情けないのが、人前で泣き出すタイプ。

これは女でも「そこはこらえてトイレで泣けよ…」と嫌われる奴ですね。

関連:職場の女が嫌い!うざい!むかつく女の対処法と嫌われないための処世術をご紹介

テレビで頭のいい悪役が「ボクの考えた最強の作戦」が失敗した途端に泣き出して逃げることがよくありますが、あんな感じ。

現実で印象的なのは、某議員でしょうか。

 

これには怒りや呆れを通り越して、大笑いした人も多いのでは?

しかし、これが自分の上司や同僚なら、あなたは笑えるでしょうか?

…笑えませんよねえ。

社会人には涙は不要、冷酷なポーカーフェイスでだまし合うことこそ、大人のあるべき姿なのです。

うんこを漏らす

仕事で無能感をこじらせすぎると、身体にも悪影響が出てうんこを漏らす人もいます。

あの徳川家康も若い頃は武田の騎馬隊にビビってうんこを漏らしていたそうですし、安倍総理も一時期うんこぶりぶり状態だったとか…。

意外と大人物にも情けない時期はあったのだとわかりますね。

バブみを感じてオギャりだす

近年の軟弱男子のブームは「バブみを感じてオギャる」です。

「バブみ」とは「母性を感じる」という意味合いで「オギャる」とは「甘えたくなる」という意味。

そして軟弱の極みなのが、多くの場合が「アニメ年下のロリキャラ」にバブ味を感じてオギャるところ。

下の画像は、艦これの「雷」ちゃん。

こんな小さな子に母性を感じてPCモニタ前で甘えだす男が大多数!!!

日本男児、もっとしっかりしてよ!!

あなたの職場でクールぶってる男性も、実はアニメの幼女キャラに「ママァアアア」なんて叫んでるとしたら、世も末ですよね。

悟りを開く

仕事や人生で無能感に悩まされた挙げ句、終いには”悟り”を開く若者も多数増えています。

しかも、禅や仏教のような厳しい修行を怠って、ネットの知識で世界を知った気になって「あゝ諸行無常なり」と本気で思い込んでいる感じね。

ちなみに、悟り世代はまったく悟れていないので、ちょっとのストレスで逃げ出したり、あるがままの自分を受け入れられなかったり、かなりガバガバです。

無能な自分が情けなくなって転職したいならどうする?

自分が本当に無能かどうか見つめ直す意味でも、転職活動を行ってみるというのは良い選択肢です。

そもそもが「本当に自分が無能かどうか?」「仕事ができるかできないか?」を判断するのは、今の職場の上司や取引先、会社や人材市場であり、あらゆる評価軸を総合的かつ客観的に見なければ真の意味で測りようがないのです。

そういう意味でも、本当に転職するかどうかは別として、息抜きがてらに転職活動を行っておくことは、今後の自分のキャリアを見直す意味でも有意義な取り組みとなることでしょう。

無能な自分と向き合う意味でも転職活動を始めたいなら、転職エージェントを活用しておくのがオススメです。

転職エージェントに登録すると、プロに相談できたりアドバイスがもらえ、自分の経歴で内定のもらえそうな求人の紹介もしてもらえるので、客観的に自分の能力や期待できる年収を確かめることが可能です。

なお、転職エージェントも運営会社によって様々な方針やサービス内容に別れるため、何社か併用してみて、自分が本当に無能かどうか確かめてみるのも一興でしょう。

転職エージェントを通して「ここで働きたい!」と思えるほど魅力的な会社や人事に出会えれば転職を本格的に検討すればいいですし、イマイチ転職する気にもなれないなら求人情報だけ受け取って、今の会社でできることを見つめ直す機会にすることもできます。

ぜひ、今の「転職を意識したキャリアが当たり前」となった時代に、転職エージェントを有効活用するところから始めてみましょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

自己啓発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました