不器用な人に向いてる仕事12選【誰でも出来る作業がメインの仕事がオススメ】

不器用な人にとって、この世には手先の器用さ、または対人関係を上手く築き上げて世渡りするコミュニケーション能力が求められる仕事が多いと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるかもしれません。

ですが、世の中には不器用でもこなせる仕事はたくさんあります。たとえば、対人関係が不器用だと感じる人は職人などのものづくりに関わる仕事が向いてるかもしれませんし、手先が不器用ならドライバーや清掃員などの肉体労働に適性があるかもしれません。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、不器用な人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

不器用な人に向いてる仕事【解説付き】

不器用な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 画家
  • CGクリエイター
  • 動物園飼育員
  • 害虫・害獣駆除業者
  • プレス工
  • 瓦職人
  • 陶芸家
  • トラック運転手
  • ボディーガード
  • 古紙回収ドライバー
  • 特殊清掃員
  • 検針員

不器用な人は、ビジネス的なコミュニケーションが求められる仕事や品質管理が厳格な仕事は苦手だと思いますが、ここで紹介する仕事はそんな不器用な人でもこなせるものばかりです。

画家

画家の仕事は、伝統的な「浮世絵師」から「日本画家」「禅画家」「洋画家」などが存在しており、技法もバラエティーに富んでいます。最近ではコンピューターを駆使して作品をつくるデジタルアートの世界で活躍する画家も注目されています。

画家は絵画を描くだけでなく、自分の作品を画商を介して売ったり、自ら個展や即売会を開催して販売するなど、ビジネス的な営業能力も必要です。多くの画家は依頼者 から注文された絵を描いたり、イラストの仕事を請け負っています。また、学校の美術教師やカルチャースクールの講師として生計を立てながら、自作品も描いている人も多くいます。

画家になるには、一度はどこかでデッサンや構成など基礎を学ぶ必要があります。必ずしも美術系大学や専門学校で学ぶ必要はありませんが、日本の著名な画家の経歴を見ると、東京藝術大学など、有名な美術系の大学出身の人が多くを占めているのが現実です。美大の日本画科を卒業した人の進路は、デザイン事務所や学校の美術講師、アニメ制作会社などが多いようです。個人で活動する場合は、美術系の教師や講師などの仕事をしながら、公募展に出品し、そこで評価されることを目指しましょう。入賞して美術団体(画壇)の会員になることから画家を始める人が多いようです。ただ、画家のみで生計を立てられるかどうかは相当な覚悟のいる職業といえるでしょう。

CGクリエイター

通常のアニメーションは手描きのセル画を何枚も描くことで動画を作成しますが、近年ではCG(コンピューターグラフィックス)によって映像が作成されることも増えています。CGクリエイターは、このCGを活用してアニメーションを作る仕事全般を指します。

たとえば、2016年に登場したバーチャルYouTuber「キズナアイ」もCGアニメーションの技術を活用して作られています。

【自己紹介】はじめまして!キズナアイですლ(´ڡ`ლ)

プロの現場のCG制作では「Maya」というソフトが使われていたり、3Dポリゴンを動かす技術として「Unity」というプログラミング言語が使われています。

近年では、3D技術の進化によるハイクオリティ化やゲームのグラフィック向上、アニメでの3DCG利用が増加されており、CGクリエイターとしてのスキルを学んでおくことで、活躍する幅が広がることでしょう。

作業に熱中する必要があるため、対人関係面で不器用な人には向いている職業といえるでしょう。

動物飼育員

動物飼育員とは動物園にいる動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービスや飼育動物の繁殖の研究などが主な仕事です。

動物飼育員に求められる資質は「基本的に休日もシフト交代で仕事ができる」「夜間や早朝勤務にも対応できる」といったことが重要になります。

動物飼育員になるには、民間の動物園なら採用を試験を受け合格することが条件となります。公立の動物園で働く場合は公務員として採用された上で動物園の飼育係に配属されるか「指定管理者制度」を利用していくつかの動物園の一括採用で配属される必要があります。

動物の世話は1日たりとも欠かすことができませんので、まじめに毎日コツコツと同じ作業を続けられるのであれば、不器用な人にも目指すことができる職業かもしれません。

害虫・害獣駆除業者

害虫・害獣駆除業者は、人々に害を及ぼしたり、疫病の感染ルートになったりする害虫や害獣を駆除するのが仕事です。駆除後もできるだけ害虫や害獣を出さないように、定期的にメンテナンスをすることも業務の一環となります。

害虫・害獣駆除業者として働くためには、会社に直接連絡して応募するのが近道でしょう。アルバイトからであれば採用のハードルはさほど高くないようですので、最寄りの害虫駆除業者へ連絡して採用を行なっているかどうか聞いてみましょう。

人が嫌がる仕事でも真面目に取り組めるのであれば、不器用な人にも目指せる職業かもしれません。

プレス工

圧力をかけて金属を変形させ、さまざまな金属製品や部品を製造するのがプレス工の仕事です。自動車をはじめ、さまざまな製品にプレス加工された製品や部品が使われており、生産現場を支えています。プレス工はプレス機械を操作して金属材を加工し、同じ型の金属部品を短時間で大量生産しますが、プレスする型のデザインや設計はコスト面も含めて考えなければならず、高い技術が必要となります。

プレス工になるには、資格はとくに必要ではありませんが、プレス機械作業主任者技能講習などを修了していると就職に有利になります。プレス加工を行なっている工場に就職後、必要とする技術は働きながら習得できます。そのほか、都道府県労働局長登録教習機関で実施している「プレス機械作業主任者技能講習」や「床上操作式クレーン運転技能講習」などを修了しているとさらに就職に有利となるでしょう。

対人関係に不器用さを感じて悩んでいる人に向いている職業といえるでしょう。

瓦(かわら)職人

瓦ができ上がるまでの、土練り、プレス、瓦みがき、瓦干し、 窯つめ、窯出し、スス取りなどの工程を瓦づくり職人が行ないます。地域によって伝統の技が引き継がれており、瓦職人のなかでも、とくに鬼瓦をつくるのが鬼師と呼ばれる職人です。鬼瓦とは、屋根の端を飾る瓦のことです。雨水が入り込まないようにするという実用目的のほかに、魔除けの意味も含まれています。瓦粘土を使い、工程のほとんどを手作業で行ないます。

瓦職人になるには、産地に行って瓦工房に弟子入りしましょう。後継者不足のため若手のニーズは高くなっています。各産地(愛知県、島根県、兵庫県)に行けば、鬼瓦を製作する工房があります。まずは、各地の瓦工業の組合などを当たってみましょう。

日本の伝統を後世に引き継いでいきたいという熱意があるなら、不器用な人にも目指すことができる職業かもしれません。

陶芸家

食器などで使われる陶磁器には、土からつくられる「土もの」と磁器と呼ばれる「石もの」があります。そのうち土ものである陶器をつくるのが陶芸家です。

陶器の制作には、土もみ、形づくり、轆轤(ろくろ)回し、絵付け、窯焼といった工程があり、このうち土もみや轆轤回しは、「土こね3年、轆轤8年」ともいわれ、熟練の技が必要とされます。そして、陶芸家には、技術ばかりでなく美的センスや独創性も必要です。

陶芸家になるには、美術系の大学や専門学校で技術や知識を学んだ後、事業所や窯元に就職します。著名な陶芸作家や伝統工芸士のもとに弟子入りする人も多いようです。窯元が開いている陶芸教室などで学び、展覧会に出品し、評価を得て独立するという方法もありますが、プロになるには相当な実力が必要な職業です。

対人関係に不器用さを感じて悩んでいる人に向いている職業といえるでしょう。

トラック運転手

大型から小型まで様々な大きさの貨物自動車を運転し、貨物を安全に確実に目的地に搬送するのがトラック運転手の役目です。

受注や積荷作業、荷下ろし時にはコミュニケーションが必要ですが、それ以外の大半の運転時間は車内で1人で過ごせるため、向いている人にとっては非常に快適で、給料も月給なら平均31万、年収も400万円以上と決して悪くない数字です。

ただ、トラックを運転するには「大型自動車第一種運転免許」の取得が必要になる点には注意しておきましょう。

対人関係に不器用さを感じて悩んでいる人にも向いている職業といえるでしょう。

ボディーガード

民間の警備会社などに所属して、政治家や外国の賓客、芸能人やストーカーの被害者など、危険にさらされている人たちの身辺を警護するのがボディガードの仕事です。ただし、警察官とは違い武器の携帯や使用は認められていないので、主として警備対象者が危機に遭遇しないように、知識と技術で危機管理を行なうのが仕事となります。

ボディガードになるには、法人・個人ともに各都道府県の公安委員会の認定が必要となります。養成所などで心構えやセキュリティの基本から、テロ対策、警護理論、警護計画書作成など実践的なレクチャーを受け、専門の会社やボディガード部門を持つ警備会社へ就職するのが一般的です。

体力に自信があり、責任感の強い人なら、不器用な人にも目指せる職業かもしれません。

古紙回収ドライバー

家庭や企業から廃棄される古新聞や古雑誌を回収し、再生業者や製紙メーカーに転売するのが古紙回収ドライバーの仕事です。古紙回収業はトラック1台とひとりで営業する個人企業から、数百人規模の企業まで多様です。リサイクル業者や組合に勤務して、支援を受け、その後独立を目指しましょう。

リサイクルを目的として古紙などの廃品を回収する場合、特定の免許や営業許可などは必要ありませんが、仕事の規模によっては、移動式クレーンやフォークリフトを取り扱う免許が必須となります。また、古紙その他の廃品を回収する活動のなかで、中古のバイクなど売買が発生する場合は、古物営業法に基づく許可が必要だったり、産業廃棄物なども取り扱う場合には、それに関連する許可も必要となります。

対人関係に不器用さを感じて悩んでいる人にも向いている職業といえるでしょう。

特殊清掃員

死亡現場の清掃と遺品の整理や処理、不衛生な物で溢れて散らかった家の清掃など、通常の清掃業者では対応できない清掃業務を請け負うのが特殊清掃会社であり、特殊清掃員の仕事です。遺品の処理や現場清掃のみを行なう会社もあれば、物で溢れて散らかった家の清掃のみを行なう会社もあり、両方を請け負う会社もある。現場では異臭がしたり、不衛生な状態であることもあり、体力はもちろんのこと精神的な強さが求められます。

特殊清掃員になるには、特殊清掃会社が主な就職先となる。「特殊清掃」をキーワードにインターネットなどで検索して、 採用について問い合わせてみましょう。事前に死亡現場清掃を行なう会社か、不衛生な物で溢れて散らかった家を専門とする会社なのか、あるいはその両方なのかを調べておくほうがいいでしょう。

対人関係に不器用さを感じて悩んでいる人に向いている職業といえるでしょう。

検針員

検針員は水道、ガス、電気の計量器を見て使用量を計測する仕事です。担当地区をバイクまたは徒歩などで巡回することになります。

月前半約20日間が検針日、2日程の調整日が稼働日、残りは休日に割りあてられることが多めです。収入目安は月15万~20万円ほどで、時給ではなく検針件数による歩合制で給料が決まることもあります。

仕事の時間の大半を移動や検針作業で使うため、対人関係面で不器用な人に向いている職業といえるでしょう。

不器用な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは不器用な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

コミュニケーション能力の高さが求められる仕事は避ける

不器用な人は、コミュニケーション能力の高さが求められる仕事は避けたほうがいいでしょう。

具体的には「営業職」「接客業」「カウンセラー」「コンサルタント」のような仕事は、高いビジネスコミュニケーション能力が必要となるため、とくに人付き合いが不器用な人にとっては不向きな可能性が高いです。

また、仕事における「コミュニケーション」では、単に人の良さだけではなく、交渉力や相手の意図や要望を組む地頭の良さも必要な点にも注意です。

精密作業や品質の求められる仕事は避ける

精密作業や品質を求められる仕事も、不器用な人にとっては避けた方がいい仕事かもしれません。
「デザイナー」「建築士」といった緻密な計算や細部へのこだわりが求められる仕事は、手先の器用さや集中力を求められることも多いため、不器用な人にとって向いてない可能性もあります。
ただし、精密作業や品質管理の仕事であっても、会社の設備やマニュアルがしっかりしていれば、不器用な人でもこなせる可能性があるため、まずは会社の研修内容や実際の作業内容などを詳しく確認してみることも大事でしょう。

リスクやトラブルの多い仕事よりは安定した作業を求められる仕事を選ぶ

「器用な人」を「リスクやトラブルも上手く乗り越えなんとかやり遂げる人」だとするなら、不器用な人は「リスクやトラブルを巻き起こす人」だとも言い換えられるかもしれません。
ですので、リスクを抱え込むことが多い仕事や、トラブルに巻き込まれやすい仕事は避けた方がいいかもしれません。
プロジェクト単位で仕事が進む上、関係者とのコミュニケーションの多い「マーケティング職」「企画職」「営業職」などは、不器用な人にとってはトラブルを巻き起こしやすいと言えるかもしれません。
逆に、リスクが少なくトラブルになりにくいルーチンワークは、不器用な人にとって向いてる可能性が高いです。
ルーチンワークとは、毎日決まった作業を繰り返す仕事のことで、工場での作業などが代表例です。

「器用さ」よりは「丁寧さ」を意識する

誰もが最初から器用に物事をこなせるわけではありません。
コツコツ泥臭い失敗を積み重ねながら、器用さを得ていくものです。
ですので、最初は器用に仕事をこなすことよりは、丁寧に手順通りに仕事をこなすことを意識してみるのも手でしょう。
幸いにも、多くの会社では最初から優秀な人材よりは、決められた作業を言われたとおりにこなせる人材の方が重宝されます。

不器用な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました