不器用な人に向いてる仕事12選

不器用な人には、この世には器用な人向けの仕事が多いと感じるため、自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には不器用な人であることが有利に働く会社もたくさん存在します。自分に向いてる

不器用な人には、器用な人向けの仕事が多いと感じるため、自分に合った仕事が見つからずに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。ですが、世の中には不器用な人であることが有利に働く会社もたくさん存在します。自分に向いて

不器用な人に向いてる仕事とは?

不器用な人は、自分の性格に合わない仕事が多いと感じるかもしれません。しかし、不器用な人のための会社はたくさんあります。自分に合った仕事を見つけたいなら、自分をもっと理解して、自分の価値を発揮できる職場を見つけることが大切です。この記事では、不器用な人向けの仕事を紹介します。

不器用な人でないと思っていたのに不器用と思われることが結構あるのは気の毒ですよね。不器用感を消すためのアドバイスもまとめています。

「不器用な人」という言葉は、敏感な人には仰山した言葉と認識されてしまうかもしれません。リスクを取りに行くのが怖い者や、波風を立てて得ようとする者は器用だといえます。一方で、本当に大事なことを見逃したり、信用を失ってし
あなたが器用であっても、不器用な人には秘められた魅力があるのです。

「不器用」という言葉は、敏感な人には仰山した言葉と認識されてしまうかもしれません。リスクを取りに行くのが怖い者や、波風を立てて得ようとする者

「不器用な人」という言葉は、敏感な人には仰山した言葉と認識されてしまうかもしれません。広告主にとって、信頼を得ることよりもリスクを取りに行く

衝動的なタイプの人でなければ、「無能」という言葉はちょっと微妙な感じがしますよね。リスクを取ることを恐れる人や、トラブルをあおって利益を得ようとする人は、「無能」と表現できます。その一方で、誰かが本当に重要なことを見逃したり、信頼を失ったりしたとき。

不器用な人」という言葉は、繊細な人にとっては厄介な言葉に映るかもしれません。一方で、リスクを避け続ける人や、何もないところから波紋を起こしたい人は、「器用な人」と言えます。

無能という言葉は、人によっては侮辱的な言葉に受け取られるかもしれません。リスクを取ることを恐れたり、それが道理だと思って人の機嫌を取ろうとしたりする人は、何が重要かを見極めている人よりも器用で巧妙なのかもしれません。

私たちは少人数の審査員チームで、主体性のある人と、自信のない人を集めています。前者はより大きなリスクを負うことができ、後者はより深い理解を持っているのです。私たちの使命は、すべての取引の最良の側面を見極めること、正直であること、そして公正であることです。両者がそれぞれにふさわしいものを手に入れられるように支援することをお約束します。

得意でないことは、恥ずかしいことではありません。しかし、大金を得るためにすべてを賭けるのは危険ですし、木を見て森を見ずでは危険です。

不器用」という言葉は、繊細な人にとっては背筋の凍る思いがするかもしれません。リスクを嫌う人、風に向かっていこうとする人が不器用なのだと言ったら言い過ぎでしょうか。逆に、本当に重要なことを見落としたり、信頼を失ったりしているとも言えるでしょう。

正直なところ、「無能な人」という言葉は、繊細な人にとっては傷つきやすい言葉です。リスクを取ることを恐れている人や、何か独創的な計画を考えている人は、自分がずるいことを認めても、心の底では無能であることに変わりはありません。一方で、本当は正しいゴールに向かって進んでいることが最も重要なことなのです。それが見えなかったり、信頼を失ったりすると、ビジネスにおけるイメージが損なわれてしまいます。

これは、不器用だと思われる人のためのものです。不器用」という言葉には、繊細な人というイメージがあります。リスクを嫌う人や、波風を立てて目立とうとする人は、有能だと言われるグループに入るでしょう。しかし、それ以外の人は、自分が重要だと判断したものを見落としたり、信用を失ったりします。

物事をきれいに効率よく進めるコツを知らない人は、他人から「不器用」と見られがちです。また、リスクを避けたり、波風を立てたりして、本当に大切なことに集中できない人は、「上手い」と思われるかもしれません。しかし、重要な情報を見落としたり、信頼を失ったりする可能性があります。

日本にはいろいろなタイプの人がいます。不器用な人」というのは、勝つためにリスクを取りたがる人のことです。不器用な人」は「器用な人」とも言えます。他にも、「不器用な人」は物事の要点が見えず、信頼を失います。

障害のある労働者」や「障害のある求職者」という言葉は、人によっては不快感を与えることがある。また、障害という言葉が何かをすることができないという意味であることに反対する人もいるだろう。このような人たちは、慎重すぎるために危険を冒すことが難しいと気づく人もいれば、何をするにしてもより現実的だと言う人もいるでしょう。一方で、重要なことを見落としたり、他人からの信頼を失ったりする人もいるかもしれません。

私たちのクライアントは、勤勉で真面目で、大局的な見方が苦手です。リスクを避けたり、余計な波風を立てたりする傾向があります。一方で、真実を見失ったり、小さな問題でも責任を問われたりすることがあります。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

不器用な人に向いてる仕事【解説付き】

不器用な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 画家
  • CGクリエイター
  • 動物園飼育員
  • 害虫・害獣駆除業者
  • プレス工
  • 瓦職人
  • 陶芸家
  • トラック運転手
  • ボディーガード
  • 古紙回収ドライバー
  • 特殊清掃員
  • 検針員

不器用な人は、ビジネス的なコミュニケーションが求められる仕事や品質管理が厳格な仕事は苦手だと思いますが、ここで紹介する仕事はそんな不器用な人でもこなせるものばかりです。

不器用な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは不器用な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

コミュニケーション能力の高さが求められる仕事は避ける

不器用な人は、コミュニケーション能力の高さが求められる仕事は避けたほうがいいでしょう。
具体的には「営業職」「接客業」「カウンセラー」「コンサルタント」のような仕事は、高度なビジネスコミュニケーション能力が必要となるため、とくに人付き合いが不器用な人にとっては不向きな可能性が高いです。
また、仕事における「コミュニケーション」では、単に人の良さだけではなく、交渉力や相手の意図や要望を組む地頭の良さも必要な点にも注意です。

精密作業や品質の求められる仕事は避ける

精密作業や品質を求められる仕事も、不器用な人にとっては避けた方がいい仕事かもしれません。
「デザイナー」「建築士」といった緻密な計算や細部へのこだわりが求められる仕事は、手先の器用さや集中力を求められることも多いため、不器用な人にとって向いてない可能性もあります。
ただし、精密作業や品質管理の仕事であっても、会社の設備やマニュアルがしっかりしていれば、不器用な人でもこなせる可能性があるため、まずは会社の研修内容や実際の作業内容などを詳しく確認してみることも大事でしょう。

リスクやトラブルの多い仕事よりは安定した作業を求められる仕事を選ぶ

「器用な人」を「リスクやトラブルも上手く乗り越えなんとかやり遂げる人」だとするなら、不器用な人は「リスクやトラブルを巻き起こす人」だとも言い換えられるかもしれません。
ですので、リスクを抱え込むことが多い仕事や、トラブルに巻き込まれやすい仕事は避けた方がいいかもしれません。
プロジェクト単位で仕事が進む上、関係者とのコミュニケーションの多い「マーケティング職」「企画職」「営業職」などは、不器用な人にとってはトラブルを巻き起こしやすいと言えるかもしれません。
逆に、リスクが少なくトラブルになりにくいルーチンワークは、不器用な人にとって向いてる可能性が高いです。
ルーチンワークとは、毎日決まった作業を繰り返す仕事のことで、工場での作業などが代表例です。

「器用さ」よりは「丁寧さ」を意識する

誰もが最初から器用に物事をこなせるわけではありません。
コツコツ泥臭い失敗を積み重ねながら、器用さを得ていくものです。
ですので、最初は器用に仕事をこなすことよりは、丁寧に手順通りに仕事をこなすことを意識してみるのも手でしょう。
幸いにも、多くの会社では最初から優秀な人材よりは、決められた作業を言われたとおりにこなせる人材の方が重宝されます。

不器用な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました