人手不足で辞めたい…。人手が足りていないと正社員でも辛いと感じてしまう原因とは?

「人手不足の職場で仕事が追いつかなくて辛い…」
「人手不足で割を食っていて辞めたい…」

意外と多い、人手不足が理由での退職。

たとえば、人がどんどん辞めていく現象は、どこの業界・会社にも見られます。

また「離職率」という言葉もある通り、人の入れ替えの激しい業界や会社も存在します。

そして不思議なことに、一度退職者が出た職場では、連鎖的に社員が辞めていくことも珍しくない。

すると、一番割を食ってしまうのが、辞めないで今の職場に残り続ける人になるわけです。

「人手不足を理由に辞めてはいけない」と考えている方もいるでしょう。

しかし、原因を突き詰めていくと、会社側に問題があるケースも多いので、冷静に見極める必要があります。

そこで当記事では「人手不足で仕事が辛いという理由で辞める際のポイント」と題して、お届けしてまいります。

人手不足の会社を辞めたいと感じる原因は?

  • 人手不足の会社はブラックになりやすい
  • 人手不足が常態化しているため、改善の見込みが低い
  • 社員教育がしっかりしていないため、従業員のレベルや意識が低い
  • 社員・従業員を大事にしない社風・経営方針である
  • 仕事が出来る人やマジメな人ほど割を食いやすい

人手不足の会社はブラックになりやすい

人手不足の会社は、ブラックになりやすいという構造を抱えております。

人手不足の職場がブラックになりやすい理由は以下の通り。

  • 一人あたりの業務負担が増える
  • 残業時間が増える
  • 休日がなくなる
  • 有給休暇を消化できない

「ブラックだから人手不足なのか?人手不足だからブラックになるのか?」という順序はわかりませんが、人が辞めれば辞めるほど会社はブラックになりやすいのは間違いありません。

その証拠として、待遇の良い大企業では離職率(=人が辞める割合)が低い傾向にあり、いかに従業員を定着させることが理に適っているかはおわかりいただけることかと思います。

人手不足が常態化しており改善の見込みが低い

人手不足が常態化しているにも関わらず、改善の見込みが低い会社も辞めたくなる会社だと言えるでしょう。

これは言い換えると、人手不足を社内の問題と認識しておきながら、それを改善出来ないorする気がない会社のことです。

たとえば、

  • 人の入れ替わりが激しいにも関わらず、待遇条件・社内環境を改善する気がない
  • 低賃金労働が当たり前になっており、社員が搾取されやすい
  • 同業界・同職種と比べて、明らかに労働環境や待遇条件が劣っている
  • 人事が仕事していないor能力が低く、ミスマッチ採用が多い

…など、原因は色々と考えられます。

今や日本国内では人手不足が深刻になっていますが、その中でもしっかりとした人材を確保したい会社や、教育のしっかりしている会社は、それなりに余裕のある企業が多めです。

逆に人手不足が続いているにも関わらず、具体的な改善策を実行できていない会社は、残念ながら人事に人材確保の能力がない会社だと言えます。

社員教育がしっかりしておらずに従業員のレベルや意識が低い

人手不足の会社では、社員教育が追いついていないため、従業員のレベルや意識が低くなりがちです。

たとえば、人手不足の会社では以下のような理由で、従業員の教育が追いつかないor元々する気がない傾向が目立ちます。

  • 人事・上司に社員教育(コーチング・マネジメント)の意識がない会社
  • 自発的に伸びる社員だけ残ればいいという社風の会社
  • 昇給・出世などの評価基準が曖昧で、社員の成長方針が掴めない会社
  • 派遣社員・アルバイトなどで人員をまかなっているような会社
  • 研修なし・訓練なしで入社できる未経験OKな会社

大きな原因としては「社員教育をする気がないorする時間がない」「未経験者を採用しているため集まる従業員の質が低い」の2種類になります。

社員・従業員を大事にしない社風・経営方針であることが多い

人手不足の会社は、単純に社員・従業員を大事にしない社風・経営方針であることも考えられるでしょう。

企業では従業員を「お金やコストをかければ、代替可能な人”材”」と考えていることもあれば「お金やコストだけではどうにも出来ない、大事にしなければならない人”財”」と考えていることもあります。

どれだけお金を持っている男でも性格がクソならモテないのと同じで、企業も給料が高かろうが職場環境がクソなら人は離れていきます。

ですので、人手不足の会社で辛い思いをしている方は、一度「自分の会社は社員を大事にしているか?」を考え直しておくといいでしょう。

仕事が出来る・マジメな人ほど割を食いやすい

人手不足の会社で辛く感じて辞めたくなるのは、組織においては仕事が出来る人や真面目な人ほど割を食って損をしやすいからでしょう。

とくに「自分がいなければこの職場は回らない」「人が少ない今だからこそ自分がしっかりしないといけない」と思っている方は、要注意です。

企業・組織というものは上手く出来ていて、仮に社員の半数近くが辞めたところでどうにかなるように出来ているものです。

もちろん、そういった会社に尽くす心がけは大事です。

しかし、仕事はボランティアではありません。

人手不足で辛い時期を支えているにも関わらず、企業側から何の評価も見返りも得られないのであれば、マジメに頑張るだけ損です。

少なからず、周りの社員が辞めていく以上、自分自身にも会社への不満が溜まっているはずです。

ですので、周りが辞めていった場合は「本当に続けるべきか?」を見極める意味でも、転職の可能性について考えておくに越したことはないでしょう。

人手不足は「会社の責任」だと割り切ることも大事

人手不足で辛い職場で辞めようか悩んでいる方は、おそらくこう悩んでいるはずでしょう。

「人手不足の時だからこそ、続けなければならない」
「今辞めたら、会社に迷惑がかかる…」

ですが、人手不足は一社員の責任でどうこうできる問題ではなく、多くの場合は会社側に責任があるとも言えます。

もちろん、人手不足の職場でも努力して会社を支えるための心がけは必要ですが、あまり無理しすぎるのも考えものです。

ですので、冷静に判断するためにも「人手不足はどこからが会社側の責任か?」を知っておくといいでしょう。

「人のせいにしてはいけない」と思っている方もいるでしょうが、客観的に見れば明らかに会社側に責任がある事態を、自分一人で背負い込むのも考えものです。

人事がしっかりしていない会社は職場崩壊しても当然

人手不足の会社で働く際に見極めておきたいのが、人事がしっかり仕事しているかどうかです。

人が次々辞めて職場が崩壊してしまうような企業は、以下のような問題を抱えております。

  • 人事が現場のニーズを理解しないまま求人を出している
  • 人を見る目のない人事が面接でダメな人材を採用している
  • 求人広告の出し方が下手でダメな人材ばかりが集まりやすい
  • そもそも会社側が「長く続く人材」を求めていないことも

これらの多くは、残念ながら現場で働く一個人ではどうしようもない問題であり、人事の採用方法や教育方針、あるいは会社側で待遇・雇用条件を見直す必要があります。

会社側に人手不足をどうこうする意志があるならともかく、そうでなければ辞めないで長く続ける人だけがバカを見ることになるのは目に見えていますので、転職を考えておきたいです。

人材使い捨ての会社が増えたことも原因

人手不足で悩む企業が増えた要因としては、人材使い捨てが前提の会社が増えたこともあるでしょう。

人材使い捨ての会社の特徴としては、以下のような特徴があります。

  • 派遣社員の多い会社
  • アルバイトが現場仕事の大半を占めている会社
  • 会社が放任主義で研修・職業訓練などの制度を用意していない

終身雇用制度も崩壊し、非正規が増える今の日本では「人材は使い捨てできるもの」と考えている会社が増えてきています。

ですので、長く続ける意志があるにも関わらず、中々評価されない・昇給につながらない人が増えてきているのも確かです。

人手不足の会社で続けるにしても、そういった「続けた先に得るものがあるのか?」という将来的な視点は持っておきたいものです。

「辞めた後に職場がどうなるか?」は気にしないこと

人手不足の会社を辞める際に気をつけておきたいことは「辞めた後に職場がどうなるか?」を考えてはいけないということです。

なぜなら、会社を辞めれば”所詮は他人事”でしかなくなるからです。

もちろん、今の辞めた後も今の職場と付き合いを持ちたいのであれば、引き継ぎなどをしっかりして円満退職した方がいいですが、そこまでの恩を感じていないのであれば、それは気にする必要もありません。

どの道、人手不足の会社で今のあなたが辛い思いを味わわせられているように、誰かの仕事が増えて嫌な思いをさせるのは、避けられないことです。

ただし、ひとつだけ注意点。

人手不足の会社で仕事の出来るエース社員・ベテラン社員は、辞めようと思っても引き止めにあう可能性がある…ということです。

実際、人手不足が続いている会社でもブラックな会社は、辞めようと思っても引き止められたり、ひどい場合には脅されることもあります。

どうしても辞められない場合は「退職代行」というサービスも登場しており、第三者に仲介して辞めることも可能ですので、利用を検討してみるのもいいでしょう。

「万が一辞められない場合も、味方がいてくれる」と知っておくだけでも、意を決して辞められるはずですよ。

人手不足の辛い時期を乗り越えた先に見返りはあるか?

人手不足の会社を辞めるかどうかで悩んだ時に、考えておきたいことは「人手不足の辛い時期を乗り越えた先に見返りはあるか?」ということです。

たとえば、読者の方が管理職クラスであれば、辞めさせた原因は自分にもあるかもしれないので、無責任に転職するのはあまり褒められたものではないでしょう。

人事や会社の責任を問う前に、まずは自分で出来る範囲のことを行っておき、それでもダメなら会社にかけ合ってみることも大切です。

あるいは、会社が成長中のベンチャー企業であったり、社員数の少ない零細企業であれば、相対的に自分の仕事の価値が上がり将来的に評価される可能性も高いので、踏ん張ってみるのもいいでしょう。

逆に大手企業であったり、人材使い捨てが当たり前の企業であれば、人手不足の期間で努力したところであまり評価されないはずです。

なぜなら、人手不足の現場でもなんとか回すのが当たり前になっており、上の人間はその努力も苦労も「知ったことではない」としか思っていないからです。

人手不足の会社を辞めたい場合はどうする?

人手不足の会社を辞める場合、おそらく多くの方が「人手不足の会社で辞めると申し訳ない…」「引き止められたらどうしよう…」と悩んでいるはずです。

ですが、説明した通り「人手不足は会社側の責任が大きい」「一社員が辞めた程度で回らなくなる職場は組織としても欠陥がある」とも言えます。

ですので、人手不足で割りを食って辛いのであれば、自分に正直になってしっかりと辞める意志を持つことも大事でしょう。

会社の評価や引き止めを気にせずに断固として辞める意志を持つこと

人手不足が理由で辞める場合は、必ず「何が何でも辞めてやる!」という強い意志を持ちましょう。

というのも、人手不足でブラック化している会社で不満を抱えているにも関わらずに働き続けている方は、良くも悪くも”お人好し”だからです。

周りが辞めた段階で「じゃあ、自分も辞めよう…」「自分の仕事ばかりが増えて割に合わない…」と感じるのが、人情というものです。

また、引き止めにあった場合は、以下の点も聞き返しておくといいでしょう。

  • 人手不足を解消するための取組はしっかり行ってくれるのか?
  • 自分の負担が増えた分を誰かがカバーしてくれるのか?
  • 今の期間を乗り越えた先の見返りは保証してくれるのか?

上記に明確な回答が出来る会社であれば、本当に人手不足を改善する算段があるかもしれません。

しかし「みんな辛いんだ…」「今を耐えたらきっといいことがあるはずだ!」という精神論を言ってくる会社は、改善には期待できないので、ドライに見切りをつけることも大事でしょう。

転職エージェントを活用して転職先から内定をもらっておくこと

人手不足を理由に辞めたい方で、おそらく多くの方が悩んでいるのが「次はどうしよう?」という悩みでしょう。

これは「転職エージェント」でプロに相談しておけば、内定をもらうことはさほど難しくありません。

転職エージェントは無料で利用でき、プロが自分に合った求人を紹介してくれ、内定がもらえるまでサポートしてくれます。

人手不足の職場を辞める際に転職エージェントを使うのであれば、以下の点に気をつけておきましょう。

  • 有給休暇を消化するなどして、転職活動に当てる時間を作り出すこと
  • 仕事帰り・土日を活用して面談に参加すること
  • それも無理なら、スキマ時間に電話面談を活用しておくこと

人手不足の会社では中々転職活動の時間がとれないので、転職エージェントで効率よく内定をもらいたいものです。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ