【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

人手不足で忙しすぎる…仕事量が減らないで消耗し続ける職場から抜け出す方法

「人手不足で疲れた…限界…」
「人が少ない職場でキツイ…」

このように、日本のいたるところで「人手が足りない…」と嘆かれています。

人手不足の職場では、

  • 仕事量が増えるばかり
  • 残業ばかりで休めない
  • 新しい仕事を覚える時間がない
  • 新人を育てる余裕がない

など、働く側にとってはしんどい状態が続きます。

そうなるのには会社組織の問題があります。

会社の経営がおかしいと、人手不足に陥り、現場に負担がかかります。

これが「人手不足の職場が生まれる理由」です。

何も考えないまま漠然と働き続けたり、働く会社選びを間違うと「一生、人手不足の状態から抜け出せない」という危険もありえます。

逆に、もし人手不足の職場が生まれる仕組みを理解できれば、

  • 人手不足の問題を解消できる人材になれる
  • 人手不足の職場を見抜いて快適な職場に転職できる

など、理想のキャリアを実現しやすくなることでしょう。

そのために必要な知識やヒントについて、この記事を通してお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

人手不足の職場を辞めたいメカニズム

人手不足の職場をなぜ辞めたくなるのでしょうか?

そこにはいくつかの理由が存在します。

なんとなく感じる「このまま働き続けるとヤバい…」という危機感には、根拠があるのです。

その理由を3つの視点で見ていきましょう。

頑張ってる人ほど負担が増えていく

人手不足の職場には、従業員目線で見たら「頑張れば頑張るほど負担が増える」という問題が潜みます。

「できる人」に仕事が集中しやすいからです。

以下がその例です。

  • 専門知識やスキルがある人でないとできない仕事があり、できる人に仕事が集中する
  • シフト制の職場で、責任の強い社員や時間に融通が利くバイトの出勤日数が多くなる
  • 仕事を早く終わらせると、追加で新しい仕事が増やされ、どんどん仕事量が増えるばかり

「できる人に頑張ってもらう」

当たり思えますが、多くの問題を引き起こします。

職場で一番仕事を早く処理できるAさんは、周りの2倍の早さで仕事ができます。

Aさんは自分の仕事だけでなく、他の人が間に合わない分の仕事も引き受けることになります。

初めは「みんなの役に立ちたいから」「早く終わらせて帰りたいから」「自分が無理をすればどうにかなるから」という気持ちから、頑張ります。

しかし、本来5人いないと時間通りに終わらない仕事が、4人でも終わるとみなされることで、地獄が始まります。

「Aさんがどうせやってくれる…」という考えが根付いてしまうと、周りは努力を怠るようになり、職場全体での生産性が低下します。

これでは、Aさんの不公平感が募るばかりです。

もちろん、他人の2倍の早さで仕事ができても、給料は周りと同じです。

そんな状況は長く続くわけがありません。

次第にAさんの仕事の質は下がり、ミスやトラブルも多くなります。

仕事に対する情熱やモチベーションも失われていき、ストレスも貯まり、イライラしやすくなります。

Aさんに対する評価は、以前までの努力は無視されて「怠け出した」「ミスの多いヤツ」と下がる一方です。

本来、期限内に仕事を終わらすために効率よく頑張ってた人ほど、最終的には損をすることになります。

これこそが、人手不足の職場が辛いと感じる理由です。

自転車操業状態でどうにもならない

自転車操業…つまり「ずっと自転車をこぎ続けなければならない=ペダルをこぐことを止めたら進まなくなる」ことも、人手不足の職場がしんどいと感じる要因です。

自転車操業とは、会社を経営するのにお金を借りなければならないが、そのお金を返し切れず、またお金を借りる…を延々と繰り返す状態を指します。

経営目線で考えます。

借りたお金で人を雇います。

年間400万円で1人雇ったとしましょう。

従業員1人あたり400万円以上の利益を出さなければ、会社は赤字です。

しかし実際には、新入社員が最初の1年間で400万円以上の利益を出すことは難しいです。

一方で、その社員が何十年も勤め続ければ、会社に数千万〜数億円の利益をもたらす人材へと成長していきます。

新人やベテランを上手く配置し、会社全体で利益を生み出すことで、1人あたり400万円以上の利益を生み出すようにしていくのが、基本的な経営の考え方となります。

もし経営が上手くいき、1人あたり倍の800万円の利益が出せれば、来年は2倍の人員に増やしたり、従業員のボーナスを増やすなど「余裕」が生まれます。

しかし、1人あたり半分の200万円しか利益を出せてないなら、従業員の仕事の量を倍にしたり、年収を下げるなどしなければなりません。

すると、会社に不満を待った社員が辞めていきます。

残った社員の仕事量は何倍にも膨れ上がり、キャパオーバーとなります。

利益が出なければ、社員の給料を上げられず、従業員の負担は増えるばかり…

これが「人手不足で従業員が苦しくなる仕組み」です。

そうならないためには、以下の2点を会社側が行う必要があります。

  • 1人あたりの生産性が高くなるようにする(生産性が高い=労力をかけずに利益を出せる)
  • 会社の商品やサービスの品質を高めたり、従業員を教育して長く働けるようにする

要は「人を雇う」「仕事を増やす」のではなく「仕事を減らした上で利益を出す」のが、理想です。

しかし、自転車操業となる企業は、真逆のことを行います。以下がその最たる例です。

  • 新人を補充するも職場に定着せず、人の入れ替わりが起こり続ける
  • 営業部門が、どう考えても終わらないスケジュールで仕事を受け続け、納期に追われ残業が増える
  • 新しい店舗を次々出店するが、店長が足りず、まともに店舗運営できない
  • 仕事の質が下がることでクレームや手直しが発生し、その対応に追われ、無駄な仕事が増え続ける
  • 会社の商品が売れず利益が確保できないので安売りを行うが、その分の人件費がかかってしまい、利益も確保できない

いずれも営利企業としては、一見すると正しいように見えます。

しかし、実際には「新しい仕事を増やすことで利益を確保する」ことができなければ、延々と従業員の負担が増え続ける結果にしかなりません。

根本原因が「人を雇う」では解決しない

人手不足は、人を雇うだけでは改善しません。

にも関わらず、多くの企業が「人を雇えばどうにかなる」と短絡的な方法を選んでしまいます。

クレームが多発し、現場の負担が増えていたとします。

会社は、人を雇うことで対処しようとします。

元からいた社員からすれば、新入社員を教育する負担が増えるだけで、何の解決にもなってません。

むしろ、職場がギスギスしてベテラン社員も辞め出すなど、悪手ですらあります。

そもそも、クレームが起こる原因は、以下のような「商品・サービスの質の低下」にあります。

  • 商品品質の低下:壊れやすい、使いにくい
  • サービス品質の低下:従業員の能力が低い、部署をまたぐことで対応に時間がかかる、顧客が求めてるものが用意できない

このような根本原因を無視して人を雇うと、かえって人手不足が深刻になります。

アルバイトを雇ったにも関わらず、研修なしにクレーム対応させてしまうと、すぐ辞められてしまいます。

派遣社員やフリーランスを雇った場合も、教育に時間がかかったり、会社員とは常識や責任が異なるので調整の手間も増えます。

なので、本来は人を雇う前に「職場に必要な人材像を調査する」「今いる社員の負担にならないように仕事の仕方を変える」といった準備が必要です。

にも関わらず、会社側が「人を増やせばどうにかなる」と考え続けていると、いつまで経っても状況は良くなりません。

この「負の循環」とも呼ぶべき状態に気づかないことこそ、常に人手不足が続く仕組みです。

人手不足の職場を辞めたいと思ったらすべきこと

解説してきたように、人手不足の会社には「人を雇うだけでは解決できない問題」があります。

それは従業員1人の努力ではどうしようもないものばかりです。

ですので、辞めたいと思うのは自然なことです。

だからといって「会社の経営が悪い」と嘆いても状況はよくなりません。

辞めるにしても続けるにしても「なぜ人手不足の会社が生まれるのか?」を知った上で、状況を良くするために行動しなければなりません。

では、どうすればいいのか?

そのヒントをお伝えしていきます。

人手不足は「上の責任」と知っておく

ここまで解説してる通り、人手不足の問題は「上の責任」だということです。

ここでいう「上」とは「会社<業界<政府」というように、国全体レベルの話にまで広がります。

経営上の問題もあれば、少子高齢化という国ぐるみの問題もあります。

それを「自分一人が頑張ればどうにかなる…」で解決しようとしても、どうにもならないのは当然の話です。

むしろ、誰か1人の努力でどうこうしてしまうことで、かえって「人が足りなくてもどうにかなる」と上が勘違いしてしまいます。

そのことで、頑張る人ほど苦しくなり、会社や国も問題に気づかない…というのは、不健全な状態です。

なので、辞めたいと思った人が辞めるほうが、かえって社会のためになります。

人手不足で辞めたいけど言い出せない時は?

人手不足の職場では「辞めにくい雰囲気」があります。

自分が辞めると、残った社員の負担が増えるからです。

日本人は連帯責任感が強いので「迷惑をかける罪悪感」を感じるかもしれません。

しかし、そんなものは気にする必要はありません。

まず前提として、法律で従業員には辞める権利が保証されています。

法律の範囲内であれば、すべての労働者は「退職を申請して2週間経過すれば退職できる」という権利が与えられているからです。

退職届を出されたら、会社側は受理しなければなりません。

人手不足になってるのは、会社や国の責任です。

従業員はそれを現場の努力でどうにかしてる「貢献者」です。

にも関わらず、人として労いの言葉もない、昇給や待遇改善も行わないというのは、会社側が従業員に甘え切ってるだけに過ぎません。

そういった強い気持ちと自信を持ち、前向きに辞める考え方こそ、自分のキャリアを良いものへと変えていきます。

業界全体に詳しくなっておく

「人手不足の職場を辞めると次が不利にならない?」と不安な方もいるかと思います。

不利になるかはともかく、業界が同じままだとまた人手不足の職場に就くリスクは上がります。

人手不足の原因は、業界ごとに傾向や性質があるからです。

一方で、業界全体で人手不足ということは、それだけ「人材の奪い合い」が起きているため、働く場所を選べば高収入・高待遇になりやすいです。

具体例は、以下のような職種・業種です。

  • 看護師:資格が必須、夜勤でハードな分、経験ある日とは高額な給与が提示されやすい
  • 保育士:資格必須なため数が限られており、民間運営では高給のオファーもある
  • 医者:医大に通う必要がある最難関職で勤務もハードなため、高年収でのスカウト求人が多い
  • ITエンジニア:企業のデジタル化が進み需要は高いのに、供給が追いついてないため、高年収化している
  • ゲーム業界:独自のプログラム技術、クリエイティブな才能やプロジェクト管理力など問われるスキルが高めで、需要が高い
  • データサイエンティスト:AI・統計のような高度な専門知識が求められ、需要が高い
  • 管理職・マネージャー:管理職を避けたがる人が多いため、需要が高い

資格が必須で社会に欠かせない看護師や保育士、IT化で需要の高いエンジニアなどが、とくに需要が高く年収上昇傾向です。

年収が高い職場には、それ相応の理由があります。

たとえば、保育士は薄給で有名ですが、それは国や自治体の財源により人件費が決まるからであり、民間企業が運営していれば、それだけで給料が上がります。

このように、業界全体に詳しくなっておき人手不足でない余裕ある職場見極める必要が出てきます。

必要に応じてスキルアップも考慮

同じ業界内で転職しても、また人手不足で労働環境が改善されない可能性があります。

とくに「未経験で就けるがスキルが問われない分、離職率も高い職種や業種」に見られる傾向です。

具体的には以下のとおり。

  • サービス業(ホテル業界、人材業、アウトソーシング業など)
  • 飲食業界
  • 小売業(コンビニ、スーパー、ドラッグストアの販売員・店長など)

これらの業種・職種に該当する場合、キャリアを見直して別の業界や職種に転職した方がいいでしょう。

たとえば「接客業→営業職」「小売店長→Webマーケティング」といった形です。

この際「職種は変えても業種は変えない」ことで、前職の知識を活かしやすくなります。

たとえば「アパレル店勤務→アパレル業界の通販サイト運営」といった形です。

経歴が一貫するので成功しやすくなります。

転職活動を行い人手不足の職場から抜け出す

ここまでお読みいただけた方は、仕事に対する目線がワンランク上になってることでしょう。

人手不足の職場でなんとかしてきた経験があれば、転職するだけで待遇改善や年収アップに期待できます。

経営目線で考えると「従業員がちゃんと利益を出せる会社=仕事の負担も減って年収も上がる」となるのは、何度も説明してるとおりです。

人手不足の職場で報われない努力をし続けるか?
余裕のある会社で悠々快適に働けるか?

それは「所属してる会社」だけで決まるのです。

所属してる会社を変えるのが、転職です。

転職は難しいものと思われたり、失敗すると思われがちです。

しかし、今回解説したような知識を身につけて計画的にキャリアを築いていけば、理想の働き方に近づくことができます。

そのためにも、転職サービスでプロに相談し、計画的に行動することが成功の第一歩です。

意外と知られていませんが、転職サービスでは多くの非公開求人が存在します。

非公開求人は、転職サービスに登録してプロにしっかりと相談できるような見込みのある人にしか紹介されません。

企業側も無数の応募の中から効率よく人を選びたいと考えています。

なので優良企業ほど、不特定多数が応募してくる求人サイトよりも、転職サービスでプロの紹介を経由した人材採用を行います。

こういった事実に気づかずに、無闇に求人応募し続けてると「人手不足だから募集してるだけ」という企業ばかりに応募することとなります。

それでは人手不足の職場から抜け出せません。

そうならないためにも、これから紹介する転職サービスを有効活用してみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました