仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

仕事で誰も助けてくれない・手伝ってくれない・教えてもらえない…。そんな時に考え直しておきたいこと

「仕事がつらい…誰か助けて…」
「仕事が忙しいのに誰も手伝ってくれない…」
「仕事がわからないのに誰も教えてくれない…」

そう悩んでいませんか?

だとしたら、正直「は?仕事ナメてんの?」という感じで、少しお説教したい気分です。

私の認識では「なんで、自分が協力してもらえないとわかってるのに、自分から状況を改善しようとしないの?」という感じで、悩みとしてはまったく意味が分かりません。

もし「教えを請うのが恥ずかしい」「周りに迷惑をかける」だとか思っているのであれば、ハッキリ言って「さっさと助けを請えば100倍早く終わる仕事を一人で抱え込んでいる方が悪い」としか思いません。

もっとも、私は「だいたいなんでも一人で出来てしまう」「自分に出来ないことや苦手なことは把握している」ので、本当に困った時しか他人に助けを求めません。

それは単に「自分一人の力で成し遂げたい」とかいうエゴが、組織で仲間と働くという選択よりもよっぽど重要だからです。

ただ、会社勤めともなれば、そうは言ってもいられないでしょう。

というわけで、当記事では「仕事で助けてもらえない理由や原因」について、解説していきます。

仕事で誰も助けてくれない理由は?

どうして、仕事では誰も助けてくれないのでしょうか?

考えられる理由や原因を私自身の経験から推測しておきましたので、ぜひともご参考ください。

一人でなんでもやろうとする・出来てしまうから

仕事で誰も助けてくれない理由としては「一人でなんでもやろうとしているから」でしょう。

常識的に考えて、一人でなんでもかんでもこなそうとして抱え込む人は、傍から見れば「あいつは一人で出来る奴」だと思われて、助けてやろうとは思いもしません。

むしろ、一人で出来ないドジっ子や落ちこぼれの方が、しっかり助けてもらえることが多いです。

学生時代の勉強で考えてみてください。

成績優秀な学生は「教えることなどない」と教師から見向きもされませんが、テストで点数が悪いけど頑張って点数上げようとしている生徒の方が、教師からしっかり教えてもらえます。

それと同じことで「一人で出来ることの限界」を知っている人間は、自然に助けてもらう方法を学生時代に習得してしまうのです。

しかし、なまじ学生時代に勉強できて点数取れる人間は、教師や周りから教わらずとも「一人で出来てしまう」わけです。

そのまま社会人になって、とくに挫折経験もせずに「一人で出来てしまう状態」が続くと、誰からも助けてもらう経験がないまま成長していくことになります。

これは例えるなら、学生時代にワンマンプレイでスポーツで勝利してた天才プレイヤーが、プロチームに所属してチームプレイの重要さに気づかずに、伸び悩むようなものです。

弱みや悩みを素直にさらけ出さないから

仕事で誰も助けてくれない理由としては「素直に弱みや悩みをさらけ出さない」からでしょう。

「自分は完璧超人だ」と思わせたい人もいるでしょうが、それでは「あの人でも出来ないことがある」とは思われないので、周りからすればまさか助けの手がいるとは思うはずもないでしょう。

私も仕事では、ある程度はこちらの抱えている悩みや課題(=弱み)をある程度は伝えるようにしておきます。

相手側がそこに理解があればこちらの事情を汲んでくれますし、そうなると話もかなりスムーズに進むようになります。

とくに仕事では、多くの場合が「相手は自分と同じ環境にいて、同じぐらい仕事が出来る」と考えがちですが、そんなわけがありません。

相手に時間的余裕があるか否か、あるいはそもそも助けるほどの与力があるかすら、わからないのです。

それは相手も同じ状態だと言えます。

そういう意味でも、早いうちに自分の弱みや悩みを仕事相手と共有しておくことが、助けてもらうための秘訣だと言えるでしょう。

人に素直に尋ねたり助けを求めないから

そもそも、人に助けてもらえない人は「自分から助けを求めたり、尋ねたりしていない」はずです。

とくに仕事においては、一からしっかり教えてくれる人がいればラッキー、教えてくれる人がいないまま放置なんてよくあることです。

また、仕事で助けてもらえない人の特徴としては「聞くタイミングが悪い」「尋ね方が下手」「自分でやってみる前から助けを乞う」「わかるまでしつこく聞かない」など、助けてもらうための覚悟や意志も足りていないはずです。

私も基本的には「よっぽどのことがない限り他人は助けない」という主義ですが、それは安易に他人を助けて依存されたくない・時間を割きたくないという理由があるからです。

(身内や友人ですら、向こうから頼んでこない限りは原則助けないレベルで薄情です)

それも恩を売っておけば後々得になり得る相手ならともかく、どうでもいい人間など助ける理由がありません。

ただ、相手が決死の覚悟で除名嘆願してきたり、そもそも利害が合うと判断すれば「話だけは聞いておこう」と思う程度の余裕はあります。

仕事で言えば「自分でアレコレ試して聞いてくる成長性がある人」「伸び悩んでいて助けを求めてくる人」あたりであれば、助けを求められれば出来る範囲で力添えしますが、そうでなければ助ける理由も意味もありません。

しょせん、利害と打算で動いているだけの仕事の人間関係なのですから、伸び代もない人間を助ける道理などないのです。

他人に期待し過ぎ・依存し過ぎだから

「誰も助けてくれない」と悩んでいる人は、他人に期待し過ぎ・依存し過ぎです。

なぜなら、他人に過度に期待や依存しないのであれば「助けて欲しい」と思った時には、すでに行動しているはずだからです。

心の中でどこか「自分を助けてくれるヒーローが現れる」「依存できる相手が欲しい」と思っているほど「誰かに助けて欲しい」と考えてしまいます。

ですが、それはただの”甘え”でしかなく、結局のところは「自分自身でなんとか出来る力」がなければ、誰からも助けてもらえません。

私もこんな「なんちゃってお悩み相談ブログ(笑)」を運営しておりますが、あくまで出来るのは「考え方や知恵を授けるだけ」であって、読者の行動や選択には介入できません。

なので「参考になりました」「おかげで人生が上手くいきました」などと言われても、私としては「それが参考になるかどうかを選んだのはあなた自身だから、別に感謝される筋合いはない」としか思ってません。

もっと言えば、こんなブログなどは「全部、金のため=自分のため」にやっているに過ぎないので、たまたまそれが誰かの役に立っただけでしかありません。

後述の転職エージェントなども、あくまでビジネスでお金が絡んでいるから他人を助けてくれるのであって、それはすべて「利害が絡んでいる」からに過ぎません。

もしも「見返りを求めない無償の救いの手」があるのだと思ったら、それはあまりに甘い考えだと言わざるを得ないでしょう。

少なからず、私は「一方的に恩を売ってくる相手は気持ち悪い」と考えていますので、後ろに打算と利害の見えない相手とは、仕事上では関わりたいとも思いません。

恩を仇で返す人だから

仕事で助けてもらえない人は、恩を仇で返していることも多いのかもしれません。

私も経験則上、安易な考えで他人を助けても恩を仇で返されることが多いと学んでいるので、基本的には仕事で利害や金が絡んでいない相手は、助ける気がありません。

何度も言いますが、このブログ自体も利益が絡んでいるからこそ、しっかり書くために常日頃から業務改善や営業努力が継続できるのです。

また、あまりいい考え方ではないのですが、仕事では精神的にも余裕がない人がいる以上、

「無駄な時間をとらせやがって…」
「忙しい時にそれを聞くな」
「一回教えたんだからしっかりやれ」

…と突き放してくる人物もかなり多いです。

身に覚えのある方は、おそらく本人のやる気や意志が希薄であったり、聞き方が悪いのかもしれません。

私がよく使うのが「○○したいのですが…」と目的を先に提示したり、あるいは「○○してみたのですが…」と進歩報告を交えて助けを求める方法ですが、こういった細かい工夫や気づかいが常日頃から出来ているかどうか見直してみるといいでしょう。

助け合わない職場に潜む問題とは?

上記のように、私自身がフリーランスという立場もあって原則としては「そう簡単には他人は助けない」という考えの人間ですので、安易に他人を助けない理由はご理解いただけたかと思います。

ただ、組織で働く以上は「互いに助け合わないとか、それ集団で働く意味なくね?」という感じですので、

要は所属や立場で求められる能力や役割が変わってくるので、私も仮に属人であれば助ける時は助けます…が、あまりに「助ける側」になる機会が多すぎて割を食い過ぎているので、フリーランスをやっているだけです。

それはさておき、あまりに仕事で助けが得られないで辛い目にあっている方は、職場自体に問題がある可能性があります。

ですので、自分自身の勤務態度を責めすぎずに、職場環境自体を見直しておくことも大事でしょう。

個人プレイ主義の職場

助け合わない職場の場合、以下のような社風や企業かもしれません。

  • ノルマ主義のバリバリの営業系の会社
  • 個人の能力・成果重視の外資系企業
  • 創業したばかりの手探り状態のベンチャー企業
  • クリエイティブ系・エンジニア・IT系の職人気質の強い人の集まる職場

上記のような企業は、個人の裁量幅から業務範囲が広い傾向にあり、自立性を求められる傾向にあります。

また、クリエイティブ系やエンジニア系などの技術職に関しても「見て学べ」「自分で学べ」という気質の人が多く、場合によっては助け合う文化がないかもしれません。

すべての企業がそうとは言えませんが、業務内容が定型化している大手企業や一般職と比べれば、相対的に助け合わない社風が目立つ職場が目立つはずです。

余裕がなくて教え合う・助け合うことが出来ない職場

個人的に一番クソオブクソだと思っているのが、教育する余裕もないのに新人を採用して無責任に放置してすぐに辞めさせるような会社です。

教育方針は会社に寄りけりでしょうが、それでも新入社員や中途採用者は初日から放置したまま、途中の経過すら確認しないような会社は「なぜ、教育する余裕もないのに採用した?」という感じで、助け合わない以前の問題です。

よく「即戦力級の人材が欲しい!」とは言いますが、よっぽど察しが良くて機転の利く人材で、なおかつ前職と共通項が多い会社でもなければ、即戦力になるのは無理という話です。

酷い場合には「そんなことも出来ないの?」「なぜわからない?」という感じで、新人を潰してくる企業もありますので、そういった職場は長く働くだけブラックな環境に染まってしまいかねませんので、辞めることを前向きに考えておくのも手でしょう。

仕事で助けてもらえないなら転職を考えるのも手

もし仕事で助けてもらえないとお悩みでしたら、転職を考えておくのもありでしょう。

とくに助け合わないのが当たり前の職場ですと「勝手に育った奴だけ残ってくれればいい」という感じで、人材使い捨てが横行している可能性もあります。

ですので「本当に今の会社で働き続けてもいいのか?」を確かめる意味でも早期に転職活動しておくといいでしょう。

20代なら就職支援サービスがオススメ

仕事で助けてもらえないと悩んでいる方は、一度20代向けの就職支援サービスで転職の相談をしてみるといいかもしれません。

20代向けの就職支援サービスについては、以下の記事でも詳しくまとめております。

転職エージェントを活用しておくのも鉄則

仕事で助けてもらえない場合、転職エージェントに相談しておくのも手です。

ただし、転職エージェントの場合はビジネス色が強くなるため、ある程度は自分からアレコレ聞く積極性が大事になってきます。

また、転職エージェントの担当者自体、ある程度は損得勘定で動いてくる以上は、無条件に助けてくれるわけではありません。

ですので、期待し過ぎず、自分に合わせて転職エージェントや就職支援サービスを使い分け、助けてくれる職場を見つけ出しましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。