パワハラ上司の特徴。ゴリラみたいな野蛮な上司は権力を振りかざすしか能がない!

「部下は権力でねじ伏せるべき!!」
「部下は怒鳴り散らして無理にでも従わせろ!!」
「無能は無視して脅して辞めさせちまえ、そんなザコはウチには要らない」

これらは、かつて酒場で怒鳴り散らしたパワーハラスメント上司から聞いた、信じられない一言です。

「お前、逆らえばどうなってるのかわかってんだろうなァ!?」

部下をその場で締め上げ、公の場で私刑リンチにしていたところを、飲み屋の全員で止めた時に聞いた信じられない台詞です。

みなさんにお伝えしたいことがあります。

この理知的かつスマートで平穏な我が国日本でも、野蛮で卑劣なパワハラは確かに存在します。

もしあなたが「これってパワハラ?」と怯えている毎日を過ごしているのであれば、これを読んで、パワハラに立ち向かう勇気を身につけてください。

パワハラ上司の特徴

画像出典:公益財団法人 21世紀職業財団

パワーハラスメントを一言で言うと「権力で弱者をねじ伏せる野蛮で卑劣な行為」。

パワハラは、暴力が禁止され平和になった今の日本で、最も恥ずべき蛮行であり、大人としての品格と信頼を失う行為だと言ってもいいでしょう。

しかし、残念なことに己の鬱憤を晴らすために、パワハラを行う上司はまだまだ多いのです。

社会人としての品格に欠け、21世紀になっても猿やゴリラレベルの野蛮なパワハラを繰り返す上司の特徴を見ていきましょう。

権力で部下をねじ伏せる

パワハラ上司の圧倒的特徴であり象徴は「権力で弱者をねじ伏せる」こと。

「仕事なめてんじゃねえぞ!!」
「やる気がないなら、帰ってもいいよ?」
「逆らうとどうなるかわかってるよね?」
「そんなんじゃどこ行っても続かねえぞ!!!」

上司・先輩・年上という権限を悪用し、自分の気が向くままに部下の心を犯し尽くす。

21世紀の先進国の日本であっても、未だに昭和のヤンキー気分で仕事をしている上司は少なくはないのです。

関連:時代遅れな会社の特徴。日本の企業から時代錯誤な企業戦士が減らない理由を考える

関連:「そんなんじゃどこ行っても続かねえぞ」はパワハラ。脅してくる上司は無視して辞めてOK!

感情むき出しで理性に欠ける

パワハラ上司の特徴は「感情むき出しで理性に欠ける」というところ。

  • 常にイライラして殺気立っている
  • 常に不満そうな顔をしている
  • いちいち怒鳴らないと気が済まない
  • 部下を威圧して職場の雰囲気を悪くする

いい大人であれば、感情をむき出しにすることが恥ずべき行為であることは当たり前に理解しているでしょうが、パワハラ上司にはそれが理解できません。

関連:仕事で感情的になる人の特徴。職場に私情を持ち込むことは大人げないことだと知っておこう

また、体育会系の感情をむき出しの職場では、まるで軍隊のような感覚で仕事をしている職場もあるので、注意が必要でしょう。

ビジネスパーソンに求められるのは脳筋戦士のような図太い精神力ではなく、スマートに問題と仕事を片付けられる明晰な頭脳なのですから。

関連:朝礼で企業理念・目標を叫ばせる宗教みたいな会社は辞めてOK。軍隊みたいな職場のノリについていけないなら読んでおこう

関連:熱い上司がうざい!他人に干渉してくる上昇志向の熱血系社員は今日日はやらないし…。

怒鳴り散らして部下を威圧する

パワハラ上司の特技は「威圧」「恫喝」など、部下を恐怖心で支配するという卑劣な方法です。

「は?お前なめてんの?」
「氏ねよ、無能」
「くたばれ、この野郎!!!」
「やる気がないなら辞めれば?」
「働かせてやってるだけありがたいと思え!」

まるで中学生のヤンキーレベルの上司も社会には意外と多く「大人になっても頭の悪い人は大勢いる」と気づかされますね。

関連:仕事で頭が悪い人間に共通する特徴。こんなバカとは付き合うな!世の中バカが多い!

日本の昭和の古い時代には知識も教養もない人間が多く、軍隊式に部下を威圧・恫喝して現場をまとめあげる形式だったそうですが、その時の名残が残っている古風な会社もまだまだ多いので、部下を威圧してくる会社は古くさい会社だと思って辞めてしまってOKでしょう。

これだけ「ブラック企業問題」「ハラスメント行為の禁止」が叫ばれている世の中で、上司が威圧・恫喝を使って部下を指導するのはもはや時代遅れですからね。

命令や指示がただの”脅し”でしかない

パワハラ上司は「命令や指示」がただの「脅し」としてしか機能していません。

なぜなら、人望がないので部下を脅さないと言うことを聞いてもらえないからです。

他人を脅して言うことを聞かせるのは犯罪者のやり口ですが、パワハラ上司も似たような手口を使ってくるから、これはもうたまりませんよね。

そして覚えておいてほしいことは、脅しに脅して精神的に相手を追い詰めて部下をうつ病や過労死に追い込んでも、上司には罰則はありません。

パワハラ上司は「命令・指示=脅し」と同化して、部下を精神的に追い込む人の皮を被った鬼畜なので、命の危機を感じたら逃げましょう。

公開叱責で部下に恥をかかせる

パワハラ上司もレベルが上がってくると「人前で叱責・説教」など、部下の心理や罪悪感を巧みについたハラスメント行為を行ってきます。

「なんで君だけ仕事遅いの?他のみんなは出来てるんだけど?」
「君がみんなの足引っ張ってるんだけどねぇ…」
「どうして何度言ってもわからないのかな~。何度言ってもわかってないの君だけなんだけど?」
「みんなに迷惑かけてんじゃねェぞ!!オラ!!職場のみんなに土下座しろ!!」

これは叱責される側からすれば、もはや精神的公開処刑・リンチのようなもので、その辱めたるや想像を絶するものです。

もはや、社内での公然精神陵辱とも言うべき行為ですので、社員の前で恥をかかせてくる上司からは「ああ、私は犯罪者に出会ってしまったんだ…」と割り切って逃げましょう。

「給料ドロボウ」が口癖

パワハラ上司が好きな台詞が「この給料泥棒がァ!」という脅し文句です。

ハッキリ言って、給料を社員に与えるのは上司ではなく経営者ですので、これは上司が言うべき台詞ではありません。

これも部下に「その程度の仕事でお金もらって恥ずかしくないの?」と罪悪感と辱めを与える行為なので、真に受けてはいけません。

ただし、例外は経営者自らが「給料泥棒」と罵ってくるケースの場合です。

ぶっちゃけ、会社は経営者が絶対的王者の所有物なので、これは逆らっても即解雇されるリスクがあります。法的に訴えれば勝てる可能性もありますが、わざわざ裁判してまで屈辱を晴らすべきかというと、そこまでするメリットは皆無です。

ノルマが異常すぎる

パワハラ上司の悪質なやり方は「圧倒的ノルマの暴力で部下をねじ伏せる」ことですね。

とくに新人時代は「どのぐらいの仕事量が適性なのか?」を判断できないもの。

その新人にどう考えても新人ではこなせい仕事量やノルマを課し、真面目にやっている部下に無能感を植え付けるのが、パワハラ上司の基本的な手口。

極めつけに「この程度も出来ないの?」「私が新人の時はこれの3倍こなしてたよ?ったく最近の若者は…」などと威圧して、罪悪感を植え付ければ洗脳完了。

しょぼい仕事で閑職に追い込み無能感を与える

逆にパワハラ上司のセコいやり口は「あからさまに過小な仕事を与えて部下の居場所や自信を奪うこと」ですね。

具体的には、以下のようなケースは、あきらかに嫌がらせだと考えもいいでしょう。

  • 本来の仕事を長期に渡って取り上げられる
  • 草むしりや掃除などの無駄な仕事ばかり押しつけてくる
  • 「お前はもう仕事をするな」と言って、部下を完全放置

ただし、これについては「業務の範囲が明確でない」「”能力”が客観的に評価できない」という問題もある上に「左遷・閑職への追い込み」など大人の陰謀ももろに絡んでくるので、社内の政治上の問題や上司の権力を冷静に見極める必要もあるでしょう。

関連:仕事の腹黒い人間関係と人間心理。「出世争い」「競争社会」の因縁に巻き込まれた場合の対処法とは?

関連:社内ニートは転職するべき?飼い殺しでつらいなら読んでおこう。

職場全体で無視を決め込む

パワハラ上司はその権限と暴力性を駆使し、職場全体で特定の部下1人を無視する手口を使ってきます。

ここまで来ると、もはややってることが中学生のいじめレベルですので、真面目に仕事するのもバカらしくなってきますね。

関連:職場でいじめられるタイプの特徴。職場いじめの標的にされないために知っておきたい処世術とは?

プライベートに口出ししてくる

パワハラ上司は権力で部下のプライベートまで侵略したがっているので、個人的な領域にまで踏み込んできます。

パワハラ上司のプライバシーの侵害例

  • スマホを勝手に触る
  • プライベートの交際関係についてしつこく聞いてくる
  • 家庭環境についてしつこく聞いてくる
  • 個人用の連絡先の交換の強要
  • 休日にまで仕事の連絡をしつこくしてくる
  • 「学生時代の異性の友人紹介して」
  • 趣味についてとやかく言ってくる

これも「お友達感覚で仕事」「公私を分けられない幼稚な大人」と社会人として恥ずべき行為ですが、当たり前に行ってくる大人も多いです。

関連:会社の馴れ合いが気持ち悪いし嫌い!会社は仲良しクラブではないと思っているなら読んでおこう。

関連:幼稚な職場や社員の特徴。幼稚な上司や幼稚な女にうんざりしているなら読んでおこう!

暴力を振るう

パワハラ上司の中には、暴力を振るうタイプもいます。

暴力は犯罪行為ですので、問答無用で許すまじでしょう。

とくに昭和世代は軍隊式の体罰が当たり前の時代に生きている人も多いので、平然と人を叩いたり物を投げる人も一定数います。

そういう人間は時代についていけない野蛮人ですので、法的手続でスマートに社会から退場させましょう。

パワハラ上司から身を守るためには?

権力で部下をねじ伏せる憎きパワハラ上司ですが、身を守るためには「大人の自衛策」を身につけるしかありません。

しょせん、会社も弱肉強食の世界ですので、弱者は排除される運命なのです。

一番やってはいけないのは「真っ向から対立する」「私的な恨みを晴らす」など、同じレベルで対立してしまうことですね。

部下がパワハラ上司と真っ向から戦っても、まず勝てません

そのため、大人らしくスマートに身を守り、憎き上司に復讐するために力を蓄えておきましょう。

関連:パワハラ上司の意外過ぎる末路…。意地悪なクラッシャー上司に復讐したいなら逃げるが勝ち。

社内政治で優位に立つ

パワハラ上司から身を守りつつ、社内での出世コースを確保しておきたいなら「社内政治」を意識しましょう。

政治と言っても「派閥」「社内の対立関係」を把握して、上手く立ち回ればOK程度の話です。

歴史的に見ても、偉人ほど理不尽なパワハラに耐えてきた経緯があります。

源頼朝:家族や親族を殺してエラソーにしている平清盛と謁見、子供ながら涙を流し同情を誘う迫真の演技で死罪を免れた。その後、島流し中に力を蓄え憎き平家を滅ぼした。

徳川家康:上司(信長)から息子に切腹を命じられるも甘んじて受け入れた。また次の上司(秀吉)から故郷を離れてド田舎の江戸に左遷されるも、今や首都になるほどの反映っぷりを見せた。ついでに上司の息子の家は徹底的ぶっ潰した。

パワハラ上司より偉くなって、一族郎党皆殺しにしてやる気持ちで、出世しましょう。

コンプライアンス部門に密告する

パワハラ上司の被害にあった場合、まずは社内のコンプライアンス部門に相談しましょう。

ただし、コンプライアンス部門がしっかり仕事してくれるかどうかを事前に確かめておく必要もあります。

とくに日本の企業は事務的で「ただ設置しているだけの名ばかりコンプライアンス部門」も少なくありません。

コンプライアンスがバカですと、パワハラ被害について密告しているのに、なぜかパワハラ上司本人に「こんな報告があったのですが、本当ですか?」と火に油を注ぐような真似をしてくるケースもあるそうですね。

また、小規模の会社ですとコンプライアンス部門自体がない場合や、そもそもパワハラ上司が経営者や役員などのケースもありえるので、その場合は外部の機関に頼らざるを得ません。

行政機関へ外部告発する

パワハラ被害にあった場合、行政機関(厚生労働省など)に告発するのもありでしょう。

ただし、これも外部の機関にどうこう言われてパワハラ上司の性格が変わるほど世の中甘くはないので、あまり期待しすぎないほうがいいでしょう。

最悪、職場内で「誰がちくった?」と疑心暗鬼になってますますパワハラが助長するケースもあるので、覚悟を決めて告発しましょう。

とはいえ、厚生労働省の期間であれば精神面のケアなどには期待できるので、パワハラ被害に耐えかねている場合は相談しておきましょう。

関連:仕事に耐えられない!責任とストレスに悩まされて逃げ出したい時に考えておくこと

転職して関わらないようにする

パワハラ上司の対策のオススメは、転職して二度と関わらないようにすることです。

ハッキリ言って、今どきパワハラ上司を放置している会社なんて、わざわざ長く勤めるメリットはありません。

パワハラ上司のもとで働くと、仕事のパフォーマンスが低下しますし、ストレスで精神を病むリスクもあります。

また、プライベートに干渉してくるタイプのパワハラ上司と働くと、自由な時間もなくなり、精神・肉体ともに侵食されてしまいます。

今どき、パワハラ上司がクソという理由で転職した人は珍しくもないので、よっぽどの大企業や将来性のある会社でもなければ、転職を考えておいたほうがかしこい選択肢だと言えるでしょう。

関連:転職先は「上司や社長」を理由に選んでもOK【ワンマン社長についていけない、引退しない社長など】

関連:上司が理由で転職するなら「本音と建前」の使い分けは必須。失敗しないためにも辞める前にしっかり考えておこう

パワハラ上司が理由で転職する場合の方法は?

ただし、パワハラ上司から逃げて転職する場合は、ある程度次のことを考えてからの方がいいです。

パワハラ上司がいかにひどい人間であっても、他所からすれば「上司から逃げてきた」「コミュニケーション能力に問題あり」と思われかねないので、そのマイナスイメージを払拭できるように心がけれおくといいでしょう。

精神的に参っているなら休養しておこう

基本的には転職先が決まる前の退職はオススメできませんが、精神的に深刻であれば、先に辞めてしまうのも手です。

関連:転職先が決まらないうちにとりあえず退職するのはあり?次を決めずに辞めるデメリットとは?

パワハラ上司に自信も尊厳も奪われた状態で転職活動しても、転職どころか「この人は精神状態大丈夫か?」と心配されかねません。

失業保険受給中であれば、そこまで不自然な空白期間にもならないので、人生の建て直し期間とでも考えておきましょう。

パワハラ上司との出会いはただの交通事故だった」ぐらいに考えておけば、気にせずに済むでしょう。

志望動機は工夫しておこう

パワハラ上司が理由で転職する場合は、あえて「パワハラ上司に耐えかねて転職を考えている」と正直に話す手段もありです。

これは次の転職先でまた過ちを繰り返さないためです。

逆に転職理由でパワハラ上司の件を隠しすぎると、また体育会系の職場に入社してしまうリスクもあります。

「パワハラについて話すとマイナス評価になる」と考えがちかもしれませんが、ありのままの事実を話した方が理解や共感を得られはずですので、効果的に次に活かしましょう。

関連:ネガティブな退職理由をポジティブな転職理由に替えるための考え方。実は不満がある方が転職成功しやすい!?

転職エージェントに相談して転職先を決めておこう

パワハラ上司に耐えかねて転職活動を考えている方は「転職エージェント」を活用しておき、スムーズに転職先を見つけ出すといいですよ。

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーが自分に合った転職先を紹介してくれる上、面接の指導や書類作成もサポートしてくれ、無料で利用できます。

しかも、転職エージェントは「紹介先企業の社風」「先輩や上司の人柄」「職場の人間関係」についても教えてくれるので、パワハラ上司と仕事するリスクを下げることもできます。

また、アドバイザーがキャリアカウンリングをしてくれるので、今の職場の不安や悩みも聞いてくれるので、精神的にもグッと楽になります。

パワハラ上司が理由で辞めたいと考えている方は、ぜひ転職エージェントで次の転職先を見つけ出してみてくださいね。

きっと、あなたに合った理想の転職先が見つかりますよ。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ