男性ばかりの職場で女性1人は孤独?紅一点で男社会に馴染めない人が気をつけることは?

男性ばかりの職場と言うと「男が多いので女性はモテる」「ちやほやされる」「甘やかされる」というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

結論から言えば、本人の性格や仕事観次第だと言えるでしょう。

また、本人が今まで歩んできた経歴や、職場の社風、集まる人間の属性によっても、扱いは変わって来るかと思います。

そこで当記事では、男性ばかりの職場で女性1人(紅一点)で悩む方に向けて、対処法などの情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

男性ばかりの職場に女性が1人だと孤独で馴染めない?

男性ばかりの職場で女性が1人(紅一点)だと孤独という意見もありますが、実際はどうなのでしょうか?

調査したところ、以下のような理由で孤独だと感じる人が多いようです。

  • 女性と男性では感覚が異なるので、仕事の細かい部分にイライラしがち
  • 女性特有の悩みに理解がないので、配慮してもらえないことが多い
  • 恋愛・結婚・出産に関して理解のない社員が多くて苦労する

男性ばかりの職場は男性的なノリが重視される上に、そこまで一人の女性に気を使ってくれるわけでもないので、職場に馴染むのに苦労している方も少なくはないです。

男性ばかりの職場だと女性は大事にされると思ってたけど
意外とそうでもないみたいですね…

男はプライベートと仕事を切り分けたり
好き・嫌いだけで物事を判断しない人も多いので
女性であることを武器にされなければ気にしないのかもな…

男性は「仕事は仕事」と切り分けて考えることが多く、女性には表面上気を使うかもしれませんが、女性特有の人間関係観に関して察する能力にはそこまで期待できません。

また、男ばかりの職場は会社の社風自体が男社会に染まっていることが多いので、女性には理解できない感覚や暗黙の了解も多く、馴染むのに苦労するかもしれません。

会社には「社風」というものがあって
女性には居心地が悪い社風の会社も多いかもしれないね…

女性が男性ばかりの職場で居心地が悪いと悩んでいて、いずれ辞めることを考えているのであれば「社風」を意識してみて、自分の価値観に合った会社を見つけることを意識してみるといいかもしれません。

もし読者の方が中途採用者で
男性ばかりの職場に馴染めないで辞めたいなら
以下の記事も参考にしてみてくださいね

男性ばかりの職場で女性1人だとモテる?モテない?恋愛に発展する可能性は?

男性ばかりの職場に就こうと考えている方であれば「モテるかモテないか?」を意識している人もいるかと思います。

これに関しては「モテない可能性の方が高い」と言えるでしょう。

それには以下のような理由があるからです。

  • 職場における女性に対する距離感の取り方のわからない男性が多い
  • 女性がいることに気を使わずに下ネタなどのセクハラトークが繰り広げられる
  • 男尊女卑の考え方が強い人がいると差別的な発言も目立つ
  • 男性ばかりの職場で誰か一人が女性に対して恋愛感情を抱くと後々厄介なので一線を置く

モテるモテない以前に、男ばかりの職場で女性一人だけ入社して恋愛関係に発展するデメリットの方がデカすぎて、男性側が距離を取ることが多いです。

もちろん、入社する女性の年齢や見た目、コミュニケーション次第ではモテる可能性はゼロではありませんが、そうでなければ「周りが男ばかりという理由だけでモテるわけではない」ぐらいに考えておくといいでしょう。

ただし、男性ばかりの職場で女性1人で男に媚びるのが上手い人がいたらいたで、社内恋愛に発展して職場の人間関係が気まずくなる可能性があるので気をつけた方がいいでしょう。

女性1人の職場だとしてもモテたらモテたで
厄介ごとに巻き込まれることもあるんです…

また、考えなければいけないことが、女性の扱いになれていない男性ばかりの職場や、男尊女卑の考え方が強い人がいる職場であれば、むしろ女性であることが不利になることもあるということです。

男性ばかりの職場で年齢層が高いと
セクハラ紛いの言動や男尊女卑の考え方も強いので
様々な面で女性は苦労するかもしれません…

単純に「モテたい」「恋愛・結婚のチャンスをつかみたい」という理由だけで男性ばかりの職場へ就こうと思っている方は、異性の比率よりは「集まる男性の質や価値観」を重視した方が出会いは生まれやすいはずですので、以下の記事なども読んでみてください。

男ばかりの職場で女性1人だと飲み会が辛い?

男ばかりの職場で女性が1人だと辛いのが、飲み会に関して。

男性ばかり職場だと飲み会もバカ騒ぎになりがちで、女性に気をつかうことはないどころか、理性が外れた男性に対して色々と気をつかうことになるかもしれません。

ただ、成熟した男性の多い職場であれば、飲み会でも落ち着いた対応をしてくれることもあり、かえって交流が深まることもあるようです。

普段の職場の男性のノリを見て
飲み会に参加するかどうかは決めたいものですね…

もし、普段の職場のノリが合わないと感じているのであれば、飲み会も無理に参加する必要はないかもしれません。

最近はワイワイ騒ぐだけの飲み会に参加するのが嫌な人も多いので
飲み会が嫌なら以下の記事も読んでおいてくれ!

女性1人の職場だと甘やかされたりちやほやされるのが辛い?

紅一点の職場では、場合によっては女性はちやほやされて甘やかされることもあるようです。

女性にとってはいい気分に感じつつも、社会人としてはもっと1人の大人として正当に取り扱って欲しいという気持ちもあるかもしれません。

とはいえ、善意でちやほやしてくる男性たちの優しさや配慮に、表立って「迷惑です」と主張できる女性もなかなかいないことでしょう。

それだけならいいのですが「女性として扱われる」ことで、仕事面で正統評価されなかったり、難しい仕事を振ってもらえないなど、実務面で過小評価されてしまう悩みも生まれてしまいます。

男性ばかりの職場だと女性は知らず知らずのうちに
過小評価されてしまうことでキャリア的にはマイナスかもですね…

もし、男性ばかりの職場で女性1人であることで仕事で不当評価されていると感じるのであれば、社内評価に関して見直してみて、上にかけ合ってみることも大事でしょう。

社内評価が低い場合の対策は
以下の記事でも紹介しているぞ

男性ばかりの職場を辞めたい時の転職はどうするべき?

以上のように男性ばかりの職場で女性が1人で働くことは、良い面も悪い面のどちらもあるので、馴染めるかどうかは働く人や会社次第だと言えます。

もし、読者の方が男性ばかりの職場を辞めたいと思っていたり、男性ばかりの職場に転職したいと考えているのであれば、転職サイトや転職エージェントの利用をオススメしておきます。

どちらのサービスも事前に社内の男女比率や社風などを知ることができるので、自分の望む職場で働ける可能性が高くなるからです。

転職先の男性・女性比率や社風を事前に詳しく知るためには
転職サイト「ミイダス」の利用がオススメです!

無料で使える転職サイト(アプリ)の「ミイダス」は、企業情報が詳しく閲覧でき、男女比率や社風を事前に知っておくためには非常に役立つツールです。

ミイダス_企業情報_女性比率

その他にも、ミイダスでは様々な適性診断ツールや、企業からのスカウト求人も届きますので、気になる方は今のうちに登録しておくといいでしょう。

ミイダスを見てみる【完全無料】

また、自分一人で転職活動を上手く進める自信がなかったり、職務経歴書作成・面接でサポートが必要な方は転職エージェントと呼ばれるサービスを利用しておくといいでしょう。

転職エージェントはプロのアドバイザーが転職に関する相談やサポートを行ってくれ、効率よく転職活動を進められるサービスで、次の会社に入社するまで完全無料で利用できます。

転職エージェントの詳しい解説は以下の記事を見てくれ!

最後に当サイトで厳選した
オススメの転職エージェントを紹介していくぞ

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも国内No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」は必ず使っておきたいです。

▼リクルートエージェントの特徴やメリット

  • 人材業界No.1最大手の転職エージェント
  • 転職成功実績40万件以上
  • 求人数最多、大手・有名企業求人の取扱多数
  • 面談までのスケジュール調整がスムーズ
  • 面談拠点全国(電話・メールだけでも可能)
  • スマホアプリひとつで連絡対応可能

リクルートエージェントでとくに注目したいのが、

「圧倒的求人量」
「スピーディなサポート対応」
「スマホアプリでの効率的な連絡体制」

…の3つです。

「リクルート」は知名度もバツグンなので
信頼性も高い業者ですからね!

うーん
でも僕はリクルートには苦手意識があるなぁ…

そういう人もいるだろうから言っておくが…
多くの転職採用をしている企業が
「まずはリクルートから使おう」となるので
大手・有名企業の求人もリクルートには集まりやすい

たしかにリクルートは有名企業だけあって
求人も大手や有名企業が多いイメージがありますもんね

また人材業界の事情を少し知っていればわかるが
「他の転職エージェントはリクルートとの差別化を意識」しているので
まずは国内No.1のリクルートエージェントを使ってみて

合わないと思ったら他のエージェントを使ってみる流れがオススメだ

リクルートエージェントは業界No.1だけあって、求人量・使いやすさ・スピーディーさなどが圧倒的ですので、登録して求人を紹介してもらうだけでも便利です。

また、電話面談・メール連絡だけで転職活動を進めることも可能で、転職活動の目安は約3か月ほどです。

登録フォームに沿って入力していけば、自動で面談予定の案内が送られてくるので、少しでも転職したいと考えている人は早めに登録を済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントについて
もっと詳しく知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてくれ!

Spring転職エージェント

世界No.1の人材会社アデコの手がける「Spring転職エージェント」もオススメです。

▼Spring転職エージェントの特徴やメリット

  • 世界No.1の人材会社アデコが運営(外資系)
  • 求人は「量より質」の傾向で情報の精度が高い
  • 求人情報に広告色が一切ない
  • 担当者の求人提案力に期待できる
  • 担当者個人が利用者と企業の仲介を担う

とくにSpring転職エージェントで注目したいのは
「両面型コンサルタント」と呼ばれる仕組みだ

うーん…
これって何か違いあるんですか?

面談担当者が「企業」「利用者」どちらも担当するので
より詳しい転職先の情報提供や事前の根回しに期待できる

国内の転職エージェントだと
「企業」に営業する担当者と面談担当者が別々なので
情報の精度や事前の根回しは落ちるわけですね…

そうそう
国内大手は「質より量」だとするなら
Spring転職エージェントは「量より質」に期待できる

Spring転職エージェントは外資系運営だけあって「求人の量より質重視」という運営体制が強く、転職に対する納得度や情報の精度にこだわりたいのであれば、非常にオススメできる転職エージェントだと言えます。

また、Spring転職エージェントは担当者個人の裁量幅が大きいため、転職に関する連絡も融通が利き、非常に満足度の高い転職につながりやすくなります。

リクルートエージェント同様、外資系として世界No.1の実績を持つ最大手人材会社ですので、気になる方はSpring転職エージェントの登録もお忘れなく。

Spring転職エージェントについて
もっと知りたい方は以下の記事を読んでみてくれ!

ハタラクティブ

20代向けにオススメの転職エージェントが「ハタラクティブ」です。

▼ハタラクティブの特徴やメリット

  • 20代向けの転職エージェント(就職支援サービス)
  • 経歴不問、既卒・第二新卒・フリーターから中卒・大学中退者まで対応
  • 転職エージェントと違って職務経歴書入力の手間なし
  • 書類選考なしで企業との面接可能
  • 親身な面談(カウンセリング)対応に期待できる

ハタラクティブは20代向けの転職エージェントだ

他の転職エージェントと何が違うんですかね?

どちらかというと20代向けのエージェントの場合は
「就職活動やり直し」という側面が強い
そのため「就職支援サービス」という名称が使われている

※仲介業者を経由して転職サポートしてもらえるという点では、転職エージェントと大きな違いはない。

就職活動のやり直し…?

たとえば
「ブラック企業に入社して自信がなくなった…」
「早期離職したので正社員に戻れるか不安…」
「メンタル面が不安なので就職できる自信がない…」
…といった働くことに対して挫折経験があり
就職活動のリベンジをしたい人向けだと言える

その証拠に
キャリアアップ意識の強い転職エージェントと比べると
20代向けの就職支援サービスは
カウンセリング面に力を入れている所が多い

たしかに意識の高いイメージのある
普通の転職エージェントよりは
親しみやすいデザインの業者が多いですもんね

なので以下のような読者は
20代向けのエージェントを使った方が
より自分に合ったサポートに期待できそうだ

  • 早期離職などで経歴に傷があり自信がない人
  • 就職先が決まらずにフリーター・非正規で過ごしてる人
  • うつ・ブラック企業からの離職など、ネガティブな退職理由がある人

ネガティブな退職理由がある人は

カウンセリングをしっかりした方が上手く行くので
ビジネス色の強い転職エージェントよりも
20代向けのサービスを活用しておくといいかもな

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの転職エージェント(就職支援サービス)で、以前にネガティブな退職理由がある利用者が多めです。

ビジネス色の強い他の転職エージェントと違い、ハタラクティブを始めとした就職支援サービスはカウセリング面に力を入れているため、自信のない人でも一から丁寧なサポートに期待できます。

また、ハタラクティブは全国10か所に拠点があるので、面談に参加しやすいのも特徴です。

もし読者が20代で経歴に自信がないのであれば、ハタラクティブを利用してみるといいでしょう。

ハタラクティブについての
詳しい解説は以下の記事をどうぞ!

働く女性・キャリアウーマン転職の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました