女はつらいよ…紅一点の職場で居心地が悪い場合の原因と対処法

紅一点。

それは男性の群れの中に女性一人という、まるで逆ハーレムのような状況。

傍から見れば、うらやましい環境ですが、実際には女性はかなり苦労する職場環境とも言えます。

男性と女性とは生物学にみても、考えも生態も違うものです。

そこに仕事が絡むとなると、人間関係がこじれてしまうことも珍しくありません。

そこで今回は、紅一点の職場で働く女性の苦労の原因と対処法について紹介いたします。

男はデリカシーがない

男はとにかくデリカシーのない生き物です。

恋人の前ならともかく、職場が男性ばかりですと、下品で汚い男の本性が露わになりやすいです。

男性の下品で幼稚な生態に免疫のない女性は、職場で不快な思いをしやすくなります。

対処法:慣れるしかありません

男性の多い職場ですと、いくら女性が主張したところで、一蹴されて終わりです。

男は、基本的にはデリカシーがない生き物で、恋人や意中の女性の前ではほぼ演技ですので、そういうものでと思って諦めましょう。

セクハラまがいのノリについていけない

職場の男女間では、常にセクシャルハラスメントのシーソーゲームが発生します。

男女間の違いについて話そうとなると、大なり小なりセクハラになる恐れがありますからね。

男性経験豊富な女性ならともかく、男性経験が少なかったり、箱入り娘気質な女性にとっては、時にセクハラとも受け取れるキツイ言葉が飛んでくることもあります。

対処法:受け流し方を覚えよう

セクハラの現実的な対応は、笑顔で受け流すことです。

何度も受け流したり無視すれば、そのうち察してくれます。

他の部署や会社の女性から理解されない

紅一点というと、逆ハーレムで女性はちやほやされる先入観があるせいで、他の部署や他の会社の女性から、色眼鏡で見られてしまうこともありえます。

そうなると、女性特有の嫉妬や愚痴など、勝手な思い込みであるコトないコト言われる恐れもありますね。

女性同士の連帯感を大事にしたい方には、そういった言われもない偏見は心理的に辛いものとなります。

対処法:割り切ろう

対処法については、割り切ることがで大事です。

真面目に説明しようとしても、言い訳扱いされるのがオチです。

とくに嫉妬心の強い女性は、自尊心や思い込みが強いので、無理に相手しないほうがこじれずに済みます。

男特有の連帯感についていけない

男には、女性には理解しがたい妙な連帯感が存在します。

無言で通じ合ったり、仲が悪そうに見えて実は信頼しあっていたり、女性からすれば理解不能な友好関係も存在しますね。

また、男たちのノリ全開な飲み会や仕事外での集まりなどで、男性同士の結束感が高まると、女性にとっては仲間外れにされたようなものでいい気分もしないことでしょう。

対処法:男の領域には無理に踏み込まないこと

男には男の領域がありますので、無理にズケズケ入り込まないことが大切です。

良妻賢母、母になったような気持ちで、温かい目で見守りましょう。

紅一点の職場で、あなたの母性本能を育てるチャンスです。

甘やかされるのが辛い

職場環境によっては、紅一点の女性はちやほやされて甘やかされることもあります。

女性にとってはいい気分に感じつつも、社会人としてはもっと1人の大人として正当に取り扱って欲しいという気持ちも生まれることでしょう。

とはいえ、善意でちやほやしてくる男性たちの優しさや配慮に、表立って「迷惑です」と主張できる女性もなかなかいないことでしょう。

対処法:仕事で結果を出そう

ちやほやされたり甘やかされることに抵抗のある女性は、まずは仕事で成果を出し、実力を見せつけましょう。

なまじ、居心地がよく甘えが許される紅一点の職場ですと、仕事に対してもどこか甘えが生まれるものです。

そこを切り分けてしっかり仕事もできるのであれば、女性としてではなく、1人の大人としてしっかり評価してもらえることでしょう。

紅一点の職場は良くも悪くも女を磨ける場

紅一点の職場は、良くも悪くも仕事における男性の生態を学びやすいため、女性にとっては経験値の得られる職場だと言えます。

男に負けずに仕事で成果を出すために燃えるのもいいですし、女性を武器に上手く立ち回るのもありでしょう。

なんにせよ、望んで得られるような職場環境ではないので、自分の能力や個性にあった立ち回り方を身につけていきましょう。