社会人7年目で転職する際の注意点。入社7年目で仕事が向いていない・辞めたいと悩んでいるなら読んでおこう

仕事を辞めるか否か決断するなら、入社7年目が最後のタイミングです。

なぜ7年目かというと、大学新卒採用後なら20代と30代の節目だからです。

合わせて読みたい:29歳からの転職活動は今すぐ始めるべき!30歳以降からは転職先が狭くなる事実を知っておこう

あらかじめ言っておきます。

ここで「辞めないで残り続けよう!」と漠然と思ってみても、あとはダラダラ同じ会社で似たような仕事をし続けるだけの日々が続くだけです。

考えても見てください。

定年退職の60歳…あるいは年金支給の始まる65歳まで、ずーぅっと、同じような日々が続くんですよ。…今の社会情勢なら、もしかしたら死ぬまでかもしれません。

あなたは、そこで止まり続けたいんですか?

それとも、先の見えた仕事なんかやめて、挑戦したいんですか?

決断する最後のタイミングが7年目であることを忘れないでください。

30代に突入すると、転職は厳しくなりますよ。

スポンサーリンク

入社7年目で決断出来なかった男の末路

なぜ、こんなに厳しく「7年目の決断」にこだわるかと言うと、私自身が7年目に決心出来ずに、後悔しているからです。

私は大手企業に勤めていましたが、昇給は頭打ちで、社内の部署や出世コースなども見えていて「もう自分に出世は無理だ…」と悟っていました。

社会人に必要なのは、能力があるとか、やる気だとか、そういう問題じゃありません。

運や人間関係、そして時代や時期に、適材適所。
あらゆるものが噛み合わないと、いくら頑張ったところで先が見えているんです。

そういった現実を嫌でも知って、30代以降の中高年はダラダラと働き続け出すようになるんです。

「家族や子供を持つと男は変わる」というのも、もはや時代遅れですね。

結婚した男ほど、しょーもない次元で仕方なく仕事しているような上司の方が多いぐらいです。一方、独身でバリバリ仕事に燃えている上司は、どんどん出世やヘッドハンティングされて他社に転職していきます。

おそらく、私も結婚していれば、会社に残り続けることに疑問を抱かなかったと思います。

しかし、私には彼女などいなく、ただ仕事をこなして帰ってゲームするかネットするかのような、そんな生活でした。

仕事を変えるか、ダラダラ生き続けるかの選択肢

私は「進撃の巨人」を読みながら、強烈に自分の今後について考えました。

今の会社を信じて働き続けるか。
あるいは、新しい環境に挑戦するか。

先の見えた会社でも「もしかしたら…」と思うと、続けていく価値はあると思ったのです。

さらに言うと「どうせ転職しても年収なんて下がるし、ちまたに成功体験談ばかり書かれているだけ」と、自分を正当化するための情報ばかり見ていた節もあります。

私は、結局「今の組織に従う」という、退屈で凡庸な選択肢を選ぶことにしました。

しかし、それは悔いしか残らない選択だと、後になって思い知りました。

思っていた以下の未来が待っていただけでした

しかし、そんな私の選択肢は、間違いではなくとも、正解でもありませんでした。

相次ぐ不正。
事業失敗で経営は傾きボーナスカット。
一向に出世は見込めず給料も頭打ち。
そして、リストラに怯えながら働く毎日。

その上、振られる仕事はどんどん増え、勤務経歴が増えるにつれ、責任や仕事量だけが増えていき、給料は上がらない。

正直な話、経営不振はともかく、職場での立ち位置や待遇については、想定したどおりの未来しか待っていませんでした。

良くも悪くも、入社7年もすれば、現実的に将来は見えてきているはずです。

今、あなたが「どーせ先なんて知れている」と思っているなら、間違いなくそれ以上の未来は訪れません。

30代からの転職は厳しいという現実

私はそんな会社と自分に嫌気が差し、30代中盤に差し掛かる頃に、転職活動を始めました。

まだギリギリ転職先はあるのですが、年収上昇には期待できない中小企業レベルです。

仮に、入社7年目の20代最後のタイミングで転職活動をしていれば、もう少し選択肢は広がっていたと思います。

今も転職コンサルタントの方に相談し、限られた選択肢から理想の職場を見つけ続けるような日々が続いています。

入社7年目で先が見えている人はすぐ転職活動すべき

私のような後悔をしないためにも、入社7年目で仕事を辞めようと考えている方は、今すぐ行動すべきです

何も「今すぐ辞表を出せ!」と言いたいわけではありません。

転職活動は、並行して水面下で行うものです。

20代最後というボーナスタイムに、いかに広い選択肢があるかを、みなさんに知っていただきたいのです。

7年間も勤めていれば、今の会社での自分の先行きなんて、嫌でも見えているはずです。

もし、その未来に希望が持てないなら、まずは転職活動で新しい選択肢を知りましょう。

選択肢さえ知らないまま、退屈な人生を選んでは、きっと後悔しますよ。

もっと早く使っておけばよかった、転職エージェント

入社7年目の転職を考えている方は、転職エージェントというサービスの利用をオススメします。私も今活用していますが、もっと早く使っておけば良かったと、後悔しています。

転職エージェントは通常の転職サイトやハローワークなどとは違い、担当コンサルタントの方がカウンセリングした上で、自分の適性に合わせた仕事を紹介してくれるサービスです。

非公開求人も多く、思いもよらない求人と出会えます。

とくに20代後半~30代前半では今まで転職を意識していなかった人でも年収アップ・待遇向上が見込みやすく、転職を成功させている人も増えてきています。

登録・利用は完全無料ですので、入社7年目で悩んでいる方は、すぐに登録して相談してみるといいですよ。行動が早ければ早いほど、転職活動は選択肢が広がります。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました