【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

なぜか仕事でイライラが止まらない…辞めたくなるようなイライラする職場の特徴や原因とは?

「職場の人間にイライラするする…」
「仕事でイライラすることが増えたので辞めたい…」

このようにお悩みではありませんか?

社会人たるもの、多少の理不尽は我慢して仕事に臨むというのがあるべき態度ですが、それも我慢の許容量を超えると常にイライラが止まらなくなることがあるものです。

また、普段は我慢している人ほど、一度溜め込んだ不満やストレスが爆発しやすく、仕事でイライラすることが増えると、勤務中のみならずプライベートの時までイライラが止まらない事態が続くものです。

しかし困ったことに、イライラの正体や原因がわからないために、りに当たり散らしたくなる衝動が抑られないなどの症状が起こったり、イライラから仕事に集中できない状態が続くなど、我慢し続けたことへの反動のような鬱憤の弊害を感じる時がやってきます。

というのも、筆者自身過去に社会への恨み辛みを募らせていた時期や、特定の誰かや一部の会社について思い出すだけで殺意が湧き上がるなど、暗い感情を抱えながらも向き合って制御することで生きてきているからです。

なお、世間では「怒ることは大人のやることではない」とキレイゴトがまかり通っていますが、時に計算した上で戦略的に怒りの感情を露わにした方が状況が改善するということがあります。。

そこで本記事では、職場でイライラする理由や心理の解説を行った上で、そのような状況とどのように向き合って対処するべきか、怒りが限界になって辞めたい時や転職活動はどうするべきか、仕事でイライラするようになった時に見直しておきたいキャリアに関する情報をまとめてお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

イライラする職場の特徴とは?

職場のバカにイライラするのは、どのような場面なのでしょうか?

筆者の実体験を交えつつ、ビジネスにおいてストレスの貯まるシーンをご紹介していきます。

理解力のないバカにイライラ

仕事関わらず、筆者が他人と関わる際にもっともイライラするのは、理解力のないバカです。

具体的には、以下の通り。

  • 10言っても1すら理解できないバカ
  • 言葉を額面通りにしか受け取らず、応用や例外処理のできないバカ
  • 話を最後まで聞かないで間違った認識で動きだすバカ
  • 人の好意や善意を悪意と受け取るバカ

いずれも、仕事において支障をきたしかねない性質なので、関わるたびにイライラすることとなります。

とくに「わかってないのにわかった風な態度を取る」をされた後、仕事で二度手間を抱え込むハメになった際は、イライラは絶頂に達することとなります。

話のわかりにくいバカにイライラ

仕事でイライラするバカの特徴と言えば、話のわかりにくいバカでしょう。

学生時代の校長先生並に話がつまらない上に長く、要領を得ない話をビジネス上で展開しだすバカは、跡を絶ちません。

雑談や愚痴ならそれもいいのですが、仕事の重要な場面でわかりにくい話をする人間は、正直言ってイライラが貯まってストレスマッハです。

  • 指示・連絡の目的を明確にする
  • 結論から話す
  • 主観を省き、事実のみを報告する

このあたりの基本が出来ていない会話は、ビジネスシーンにおいては余計な要素が多すぎて、イライラさせられっ放しです。

さらに最悪なのが、以下のようなケース。

  • 怒られるのが嫌で失敗やミスを隠す
  • ウソの報告を話し、職場を混乱させてくる
  • 本音や本心を話さず、建前ばかり並べて何一つ話が進まない

いずれも、自分の保身のために話をややこしくしてくるので、イライラが募るばかりで、ほんともう勘弁してほしいです。

効率の悪いバカにイライラ

仕事でイライラするバカは、効率の悪いバカ。

  • 複雑な作業を効率化する発想がない
  • 効率化のためのITツールを導入しない
  • どうでもいいとこにこだわって無駄に時間をかける
  • 給料泥棒するためにわざと非効率的な仕事の仕方を行っている

筆者は無駄なことが大嫌いなので、効率の悪いやり方を強要されることに、怒りを感じてしまう性分です。

もちろん、社内の都合で効率化が難しいこともありますが、それを根性論や精神論で否定してくる輩は、呆れて返す言葉もなくなります。

ひどい場合には「昔はこうだった…」「これがウチのやり方だ…」など、効率化のための業務改善案を理解する前から、新しいやり方を否定してくる時代錯誤な連中もいます。

工夫すれば何倍もの効率でこなせる仕事を時間をかけて行い、それを得意げに語るのは、バカの行う所業です。

そういった会社は、残業が減らなかったり、業務効率が改善されないなど、ブラックな企業になりやすいので、注意が必要でしょう。

報連相できないバカにイライラ

仕事でイライラ要因なのが、報連相の出来ないバカ。

大して仕事が出来ないクセに一回聞いただけで出来る気になってるバカや、信頼関係を築く前から細かい報連相を怠るバカなど、どいつもこいつも「いや、お前ら仕事ナメてんの?」という感じでうんざり…。

この場合、報連相が出来ないことではなく、事前の危機予測能力やリスク管理能力の低さに、イライラすることになります。

事前に予測できる危機を無視して、報連相を怠る輩は、余計な仕事を増やして周りに迷惑をかけることになるので、本当に勘弁していただきたい…。

優柔不断で決断力のないバカにイライラ

これは上司・経営者相手に対してですが、優柔不断で決断力のないリーダーにもイライラします。

  • 経営判断・意思決定の出来ない経営階級
  • 部下を叱れないただのお人好し上司
  • クライアントの無茶な要求を断れない経営者や上司
  • 決断の責任から逃げる上司や経営者
  • ミスを部下に押し付ける上司や経営者

このあたりの条件の揃っているリーダーは、自分よりも立場が上のクセして無能オブ無能でバカもいいとこなので、イライラが加速するばかりです。

同僚や後輩・部下、あるいはクライアントがバカなのはまだ笑って許せますが、上の立場の人間が自分よりも頭が悪くて無能なのは、耐え難いストレスを感じます。

仕事でバカにイライラせずに済むためには?

以上のように、仕事で関わるとイライラするバカですが、何か対策はあるのでしょうか?

筆者自身、仕事でバカと関わるとストレスを感じやすい性格なので、以下のようなことに気をつけて、なるべくスマートに立ち回れるようにしております。

報連相はしつこいぐらいに徹底する

仕事でバカにイライラせずに済むためには、とにもかくにも報連相を徹底しまくることです。

  • 重要事項は何度も確認を行う
  • わからないことはわかるまで聞く
  • 些細なことでも何かしら問題になりそうだと思ったら報告する
  • 判断に困ることがあったらすぐ相談する

部下・上司・クライアント限らず、筆者はこれぐらいの報連相を徹底しております。

ですので、相手側もこれぐらい徹底した報連相が出来ない場合、非常にイライラするのです。

ただ、仕事で未然にミスを防いだり、柔軟に対応できるようにするには、これぐらい徹底して報連相を行い、相手にも報連相を徹底させた方が、スムーズに情報共有できて互いにストレスを抱えずに上手くやりとりが進むはずです。

バカのことは気にし過ぎないようにする

仕事・プライベート関わらず、一度バカで救いようがないと悟ったら、一切気にしないことです。

  • 何度言っても悪いところを改善しない
  • 人の話をまったく聞かない
  • 自分の非を認める能力がない
  • 話を振っても要領を得ない返答しかしてこない

このように、理解力が低い上に話を聞く能力も低い相手は、関わるだけ無駄で精神を消耗するだけですので、気にするだけ無駄です。

バカで救いようがない人が同じ職場にいる場合、視界に入るだけでイライラするかもしれませんが、グッと堪えて気にしないようにして、精神衛生を保つように心がけましょう。

バカの話は真面目に聞かない・受けとらない

バカの話は、真面目に聞かない・受けとらないことが重要です。

よくネットでは「IQが20以上離れると会話レベルが合わない」と言いますが、頭の良さが違う人間同士では会話が嚙み合わないことがよくあります。

とくに著しく頭の悪いバカは、以下のような発言を行います。

  • 平然とウソをつく
  • 仕事の報連相の前にどうでもいい話をしてくる
  • TPOわきまえず他人を不快にさせる言動が目立つ
  • 他人のウワサや陰口を流す

人によっては虚言癖スレスレの言動も見受けられたり、調子に乗ると余計な言動が目立つ人は少なからずどこの職場にもいるので、話を真面目に聞くべきではない相手を見極め冷静に対処しましょう。

バカはおだてて上手く利用する

バカはおだてて上手く利用すれば、意外と役に立ってくれるものです。

社交辞令やお世辞を並べて適当に褒めておけば、調子に乗って動いてくれる類のバカは、可愛いげがあり、上手く利用できれば仕事でも重宝する存在になるはずです。

逆に、人の足を引っ張ったり邪魔するだけしか能がないバカは、上手くおだてて自滅させるのも手です。

とくに上司や先輩がバカで目障りな場合は、以下の記事に書いてある方法を基に、失脚させるのも手でしょう。

バカに期待しないで自分でなんとかする

バカ関わらず、仕事においては一切他人に期待しないことで、イライラせずに済みます。

筆者はあらゆる物事を自分水準で考えてしまうため、他人にも高い基準を求めがちです。

ただ、例外なく他人は自分の想定の10分の1以下でしか動いてくれないため、その事実を受け止めるように考え方を改めました。

とくに、自分の非を認められない救いようのないバカや、何度言っても理解できないバカは、期待するだけ無駄に終わります。

世の中には、成長できない人間や改善できない人間もいることを受け入れ、他人に期待しない冷徹さを身につけることも大事でしょう。

飲み屋で愚痴る

バカにイライラしているなら、飲み屋で思い切って愚痴るのも手です。

筆者も仕事でしょっちゅうバカや無能相手にイライラしながら、表で感情を出すことを抑えているので、裏では愚痴を言いまくってます。

真面目に仕事していれば、ムカつく人間や嫌いな人間の一人や二人、誰でもいるはずなので、時には思い切って愚痴ることも大事です。

職場がバカばかりでどうしようもないなら転職を検討しておこう

職場がバカばかりでイライラが止まらない人は、最終手段として転職を考えておくのも手でしょう。

バカばかりの組織においては、優秀な人材ほど先に辞めていくものですので、周りの低能さにうんざりしているのであれば、それはキャリアを見直す時期に来ているのかもしれません。

ただ、いきなり転職しようとしても、経歴が不十分なうちや自己アピールが不十分なうちは自力で転職しようとしても採用されにくいばかりか、下手をすると年収ダウンしてしまったり待遇がさらに悪くなる…なんて失敗にもつながりかねません。

さらに、周りの人間にイライラしているという理由だけでは転職の志望動機としては不十分ですし、そのような精神状態ではどれだけ経歴や能力があっても、転職活動がスムーズに進まない事態が予想されます。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました