転職先の人間関係が合わないのは企業に問題あり?馴染めない時はどうする?失敗だと感じたら再転職するべき?

転職して中途採用されたものの、前の職場との違いに馴染めなかったり、新たな職場環境で人間関係を上手く構築できない人は、決して少なくはありません。

中途採用者を歓迎するよりかは邪険に扱う職場もあるので、新卒採用で研修や歓迎会を経てから会社に馴染んだ経験がある人からすれば、不安に思うこともあるでしょう。

もちろん、そのような職場でもコミュニケーションを取って馴染めるのが理想ですが、現実はそう上手くいかないこともあります。

また、企業側も完璧な中途採用ができるわけではありません。

ミスマッチ採用や伝達ミスなど、企業側に中途採用者を受け入れる余裕がないことも考えられます。

当記事では転職先での人間関係が上手く行かず、失敗したと感じている方に向けて、人間関係がうまくいかない理由と具体的にどうするべきかについてご紹介していきます。

転職先が合わない/失敗したとお悩みの方は
以下の記事も参考にしてみてくださいね

スポンサーリンク

転職先の人間関係に馴染めないのは当たり前?

転職先の人間関係に馴染めないのは当たり前との声もありますが、本当なのでしょうか?

以下のような事情があるため、転職先での人間関係構築に悩む中途採用者は多いです。

▼転職先の人間関係に馴染めない理由

  • 採用部門から伝達が為されているわけではないので中途採用者の存在に気づかない社員も多い
  • 中途採用実績のない職場は仕事の振り方が手探りなのでどう接するべきかわかっていない
  • 職場に余裕がないので中途採用者に構う時間がない
  • 前任の枠と同等の役割を求められているので認識の齟齬が生じている

第一に考えておかなければならないのが「採用に関わった人事から実際に働く職場へ伝達が届いているとは限らない」ということです。

そのため、人事側の採用意図が働く職場に伝わっていなかったり、中途採用者側も求人情報や面接/内定時の認識とズレが生じるということは十分にあり得ます。

転職先には求人票と違う会社もあるので
以下の記事も確認してみるといいでしょう

次に考えておきたいのが、中途採用者に教える余裕のない職場/中途採用者に仕事をどう振るか手探り状態の職場も存在するということです。

そのような状況であれば、中途採用者には自発的に仕事に取り組む能力が必要になってくるので、指示や命令がないと動けなかったり、前職の業務内容とまったく違う仕事内容の職場では、馴染むのに苦労するはずです。

中途採用者の扱いがひどいと感じる人
以下の記事も読んでみてください

また、前任者の代わりで中途採用された場合は前任者同様の役割や仕事量を期待されてしまうため、即戦力として過剰な仕事を背負わされることもあり得るかもしれません。

転職後に即戦力として求められすぎだと感じているなら
以下の記事も確認しておいてくれ…

転職先の人間関係で不安に感じて辛い原因は?

上記で紹介したことは、あくまで「中途採用時における会社との認識のズレ」「仕事がスムーズに進まないことで馴染めない」という実務面での話でした。

ですが、現実としてはもっと単純な「職場の人間関係自体が悪い」ことで生じる不安もあると思います。

▼転職先の人間関係に不安を感じる心理は?

  • 前の職場と社風や職場の雰囲気が違い過ぎる
  • 仕事ができないことに引け目を感じて気にし過ぎている
  • 中途採用者に冷たい職場で村八分になっている
  • 元から人間関係が悪い職場で険悪な雰囲気が漂っている

このような理由が目立つ職場であれば、職場自体が中途採用者を迎え入れる余裕がない会社かもしれないので、注意して社内の環境を観察しておくといいでしょう。

前の職場と社風や職場の雰囲気が違い過ぎる

転職先の人間関係に不安を感じてしまうのは、以前の職場と社風や雰囲気が違い過ぎていて、馴染みにくいからかもしれません。

会社には「社風」と呼ばれる、その会社の理念や企業風土があったり、職場単位では集まる社員や上司の性質によって、集まる人間の性格傾向からコミュニケーション方法まで、大きく変わるものです。

会社の社風が合わないと悩んでいる人
以下の記事も読んでみてくださいね

仕事ができないことに引け目を感じて気にし過ぎている

転職後の人間関係で不安に思っている人は、周りよりも仕事ができないことに引け目を感じ過ぎているのかもしれません。

中途採用枠となると、最初は周りよりも仕事ができないのは当たり前ですが、人によっては「自分は足を引っ張っている…」「職場で陰口を叩かれている…」と気に病み過ぎてしまうかもしれません。

もちろん、一日でも早く周りに追いついて戦力になることは大事ですが、過剰に自分を追い込み過ぎる必要もありません。

自分が無能だと感じている時
以下の記事も参考にしてみてください

中途採用者に冷たい職場で村八分になっている

転職先の人間関係で辛いと感じるのは、中途採用者に冷たい職場だからかもしれません。

職場にすでにいる人間は、中途採用者の受け入れに必ずしも肯定的であるとは限りません。

中には、

「教える時間が増えるので厄介」
「中途採用者を増やすぐらいなら自分の給料を上げて欲しい」
「新人に居場所を奪われるかもしれないので委縮させておきたい」

…と、自分勝手/現場目線で物事を考えられない残念な人もいます。

また、変に職場の仲間意識/連帯感がある職場では、中途採用者に対して職場いじめのような行為をしてくる事例もあります。

社会人にもなっていじめですか…

残念ながら仕事のできない残念な人たちは
他人を貶めることに無駄な労力を割くからね…

職場いじめの報告の多い職種/会社を見てみると、

 

  • 閉鎖的な環境での勤務になる職場
  • 同調圧力の強い女性の多い職場
  • 人の入れ替わりが少なく社員のグループが固定化されている会社

…などがとくに多い印象です。

職場いじめのターゲットにされやすい人については
以下の記事も参考にしてみてください

元から人間関係が悪い職場で険悪な雰囲気が漂っている

転職後の人間関係で不安に感じてしまうのは、元から職場の人間関係が悪くて雰囲気が険悪な可能性もあります。

そのような職場の場合、中途採用者が知らない過去の事情があるなど、コミュニケーション能力があってもどうしようもないこともあるので、ビジネスライクに接するしかないでしょう。

それでも居心地が悪いと感じたり仕事に支障が出るなら、話の通じそうな人間や他の部署(人事など)に相談するなどして、対応策を講じておくといいでしょう。

人間関係の悪い職場の特徴
以下の記事で確認してくださいね

転職先の人間関係に失敗して馴染めないならまた転職しても大丈夫?

転職先の人間関係がどうしても上手くいかないと感じるのであれば、再度転職するしかないでしょう。

ただし、転職は回数を重ねれば重ねるほど不利になりやすいので、最低限務めてから転職する方が間違いありません。

少なからず1年間の勤務経歴があれば安心ですが、どうしても耐えられないのであれば3ヶ月付近が目安でしょうか。

どちらにせよ、長く続けていないにも関わらず転職するのはマイナス評価になるのは間違いないありません。

ただし、しっかりと前の転職活動の反省をした上で「なぜ、すぐ辞めてしまうような転職先をえらんでしまったのか?」を分析した上で次に活かせば、自分に合った転職先から内定をもらえる確率は上がります。

仕事選びなんて結局は恋人選びと同じで、失敗すればするほど理想の相手に近づくことも出来るので、転職活動を行っておくに越したことはないでしょう。

関連:転職しすぎるとやばい?転職回数は何回まで大丈夫?転職回数10回越えでも転職を成功させるためのコツは?

前の転職活動の反省を活かし、次は間違いない転職先選びを

転職後に転職する場合は「そもそも、前の転職活動が間違っていた」としっかりと反省点を洗い出し、次は絶対に間違いのない転職先を見つけ出すことが鉄則です。

関連:転職したばかりだけどもう辞めたい…踏みとどまるための考え方と転職後すぐにまた転職する時のコツ

少なからず、ほとんどの面接官に「またすぐ辞めるのでは?」と疑われる分、説得力のある説明は必須になってきます。

転職後にすぐ転職する場合の反省点

  • 前の職場を辞めたい一心で転職先選びを適当にしてしまった
  • 事前に職場の雰囲気や社風を確かめないで入社してしまった
  • 経歴を盛りすぎて過剰に期待されてしまった

以上のように「前の転職活動が間違っていた」「転職先選びの詰めが甘かった」など、転職活動自体の失敗を踏まえ、転職活動の精度を上げることが課題になることでしょう。

…まあ、転職の失敗は恋愛で言えば「見た目も評判もいい人だったけど、付き合ってみたら性格が地雷だった」「失恋のショックで優しくしてくれた人とノリで付き合ってみたけど、一時の感情の判断だった」程度のものなので、今度は間違いのないように慎重に相手を見極めましょう。

人間は失敗から学んで成長していける生き物ですから。

再転職するなら転職エージェントを有効に使っておこう

今度は間違いのない転職先を見つけ出したいのであれば、転職エージェントという無料のサービスを活用しておくといいでしょう。

転職エージェントでは転職活動のサポートをプロが手伝ってくれ、その上で転職に関する相談も出来る上に、無料で使えます。

ここだけの話、一般的には嫌われやすい転職後すぐの転職であっても、ビジネスでサポートしてくれる転職エージェントであれば前向きにサポートしてくれます。

しかも転職エージェントでは、紹介先企業の社風や人間関係も教えてくれるので、転職後の人間関係で悩むリスクがグッと下がりますよ。

もう二度と転職で失敗したくなかったり、職場の人間関係で消耗したくないのであれば転職エージェントを使ってかしこく転職活動をしましょう。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました