【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

転職先の人間関係で失敗したと感じたら?中途採用先が冷たい時に見直すべきこととは?

転職して中途採用されたものの、前の職場との違いに馴染めなかったり、新たな職場環境で人間関係を上手く構築できない人は、決して少なくはありません。

中途採用者を歓迎するよりかは邪険に扱う職場もあるので、新卒採用で研修や歓迎会を経てから会社に馴染んだ経験がある人からすれば、不安に思うこともあるでしょう。

もちろん、そのような職場でもコミュニケーションを取って馴染めるのが理想ですが、現実はそう上手くいかないこともあります。

また、企業側も完璧な中途採用ができるわけではありません。

ミスマッチ採用や伝達ミスなど、企業側に中途採用者を受け入れる余裕がないことも考えられます。

当記事では転職先での人間関係が上手く行かず、失敗したと感じている方に向けて、人間関係がうまくいかない理由と具体的にどうするべきかについてご紹介していきます。

転職先が合わない/失敗したとお悩みの方は
以下の記事も参考にしてみてくださいね

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

転職先の人間関係に馴染めないのは当たり前?

転職先の人間関係に馴染めないのは当たり前との声もありますが、本当なのでしょうか?

以下のような事情があるため、転職先での人間関係構築に悩む中途採用者は多いです。

▼転職先の人間関係に馴染めない理由

  • 採用部門から伝達が為されているわけではないので中途採用者の存在に気づかない社員も多い
  • 中途採用実績のない職場は仕事の振り方が手探りなのでどう接するべきかわかっていない
  • 職場に余裕がないので中途採用者に構う時間がない
  • 前任の枠と同等の役割を求められているので認識の齟齬が生じている

第一に考えておかなければならないのが「採用に関わった人事から実際に働く職場へ伝達が届いているとは限らない」ということです。

そのため、人事側の採用意図が働く職場に伝わっていなかったり、中途採用者側も求人情報や面接/内定時の認識とズレが生じるということは十分にあり得ます。

転職先には求人票と違う会社もあるので
以下の記事も確認してみるといいでしょう

次に考えておきたいのが、中途採用者に教える余裕のない職場/中途採用者に仕事をどう振るか手探り状態の職場も存在するということです。

そのような状況であれば、中途採用者には自発的に仕事に取り組む能力が必要になってくるので、指示や命令がないと動けなかったり、前職の業務内容とまったく違う仕事内容の職場では、馴染むのに苦労するはずです。

中途採用者の扱いがひどいと感じる人
以下の記事も読んでみてください

また、前任者の代わりで中途採用された場合は前任者同様の役割や仕事量を期待されてしまうため、即戦力として過剰な仕事を背負わされることもあり得るかもしれません。

転職後に即戦力として求められすぎだと感じているなら
以下の記事も確認しておいてくれ…

転職先の人間関係で不安に感じて辛い原因は?

上記で紹介したことは、あくまで「中途採用時における会社との認識のズレ」「仕事がスムーズに進まないことで馴染めない」という実務面での話でした。

ですが、現実としてはもっと単純な「職場の人間関係自体が悪い」ことで生じる不安もあると思います。

▼転職先の人間関係に不安を感じる心理は?

  • 前の職場と社風や職場の雰囲気が違い過ぎる
  • 仕事ができないことに引け目を感じて気にし過ぎている
  • 中途採用者に冷たい職場で村八分になっている
  • 元から人間関係が悪い職場で険悪な雰囲気が漂っている

このような理由が目立つ職場であれば、職場自体が中途採用者を迎え入れる余裕がない会社かもしれないので、注意して社内の環境を観察しておくといいでしょう。

前の職場と社風や職場の雰囲気が違い過ぎる

転職先の人間関係に不安を感じてしまうのは、以前の職場と社風や雰囲気が違い過ぎていて、馴染みにくいからかもしれません。

会社には「社風」と呼ばれる、その会社の理念や企業風土があったり、職場単位では集まる社員や上司の性質によって、集まる人間の性格傾向からコミュニケーション方法まで、大きく変わるものです。

会社の社風が合わないと悩んでいる人
以下の記事も読んでみてくださいね

仕事ができないことに引け目を感じて気にし過ぎている

転職後の人間関係で不安に思っている人は、周りよりも仕事ができないことに引け目を感じ過ぎているのかもしれません。

中途採用枠となると、最初は周りよりも仕事ができないのは当たり前ですが、人によっては「自分は足を引っ張っている…」「職場で陰口を叩かれている…」と気に病み過ぎてしまうかもしれません。

もちろん、一日でも早く周りに追いついて戦力になることは大事ですが、過剰に自分を追い込み過ぎる必要もありません。

自分が無能だと感じている時
以下の記事も参考にしてみてください

中途採用者に冷たい職場で村八分になっている

転職先の人間関係で辛いと感じるのは、中途採用者に冷たい職場だからかもしれません。

職場にすでにいる人間は、中途採用者の受け入れに必ずしも肯定的であるとは限りません。

中には、

「教える時間が増えるので厄介」
「中途採用者を増やすぐらいなら自分の給料を上げて欲しい」
「新人に居場所を奪われるかもしれないので委縮させておきたい」

…と、自分勝手/現場目線で物事を考えられない残念な人もいます。

また、変に職場の仲間意識/連帯感がある職場では、中途採用者に対して職場いじめのような行為をしてくる事例もあります。

社会人にもなっていじめですか…

残念ながら仕事のできない残念な人たちは
他人を貶めることに無駄な労力を割くからね…

職場いじめの報告の多い職種/会社を見てみると、

 

  • 閉鎖的な環境での勤務になる職場
  • 同調圧力の強い女性の多い職場
  • 人の入れ替わりが少なく社員のグループが固定化されている会社

…などがとくに多い印象です。

職場いじめのターゲットにされやすい人については
以下の記事も参考にしてみてください

元から人間関係が悪い職場で険悪な雰囲気が漂っている

転職後の人間関係で不安に感じてしまうのは、元から職場の人間関係が悪くて雰囲気が険悪な可能性もあります。

そのような職場の場合、中途採用者が知らない過去の事情があるなど、コミュニケーション能力があってもどうしようもないこともあるので、ビジネスライクに接するしかないでしょう。

それでも居心地が悪いと感じたり仕事に支障が出るなら、話の通じそうな人間や他の部署(人事など)に相談するなどして、対応策を講じておくといいでしょう。

人間関係の悪い職場の特徴
以下の記事で確認してくださいね

転職先の人間関係に失敗して馴染めないならまた転職しても大丈夫?

転職先の人間関係がどうしても上手くいかないと感じるのであれば、再度転職するしかないでしょう。

ただし、転職は回数を重ねれば重ねるほど不利になりやすいので、最低限務めてから転職する方が間違いありません。

少なからず1年間の勤務経歴があれば安心ですが、どうしても耐えられないのであれば3ヶ月付近が目安でしょうか。

どちらにせよ、長く続けていないにも関わらず転職するのはマイナス評価になるのは間違いないありません。

ただし、しっかりと前の転職活動の反省をした上で「なぜ、すぐ辞めてしまうような転職先をえらんでしまったのか?」を分析した上で次に活かせば、自分に合った転職先から内定をもらえる確率は上がります。

仕事選びなんて結局は恋人選びと同じで、失敗すればするほど理想の相手に近づくことも出来るので、転職活動を行っておくに越したことはないでしょう。

関連:転職しすぎるとやばい?転職回数は何回まで大丈夫?転職回数10回越えでも転職を成功させるためのコツは?

前の転職活動の反省を活かし、次は間違いない転職先選びを

転職後に転職する場合は「そもそも、前の転職活動が間違っていた」としっかりと反省点を洗い出し、次は絶対に間違いのない転職先を見つけ出すことが鉄則です。

関連:転職したばかりだけどもう辞めたい…踏みとどまるための考え方と転職後すぐにまた転職する時のコツ

少なからず、ほとんどの面接官に「またすぐ辞めるのでは?」と疑われる分、説得力のある説明は必須になってきます。

転職後にすぐ転職する場合の反省点

  • 前の職場を辞めたい一心で転職先選びを適当にしてしまった
  • 事前に職場の雰囲気や社風を確かめないで入社してしまった
  • 経歴を盛りすぎて過剰に期待されてしまった

以上のように「前の転職活動が間違っていた」「転職先選びの詰めが甘かった」など、転職活動自体の失敗を踏まえ、転職活動の精度を上げることが課題になることでしょう。

…まあ、転職の失敗は恋愛で言えば「見た目も評判もいい人だったけど、付き合ってみたら性格が地雷だった」「失恋のショックで優しくしてくれた人とノリで付き合ってみたけど、一時の感情の判断だった」程度のものなので、今度は間違いのないように慎重に相手を見極めましょう。

人間は失敗から学んで成長していける生き物ですから。

再転職するなら転職エージェントを有効に使っておこう

今度は間違いのない転職先を見つけ出したいのであれば、転職エージェントという無料のサービスを活用しておくといいでしょう。

転職エージェントでは転職活動のサポートをプロが手伝ってくれ、その上で転職に関する相談も出来る上に、無料で使えます。

ここだけの話、一般的には嫌われやすい転職後すぐの転職であっても、ビジネスでサポートしてくれる転職エージェントであれば前向きにサポートしてくれます。

しかも転職エージェントでは、紹介先企業の社風や人間関係も教えてくれるので、転職後の人間関係で悩むリスクがグッと下がりますよ。

もう二度と転職で失敗したくなかったり、職場の人間関係で消耗したくないのであれば転職エージェントを使ってかしこく転職活動をしましょう。

以下に、弊サイトで厳選したオススメの転職エージェントをご紹介していきます。

  • LHH転職エージェントオススメNo.1!
    世界60カ国に展開する外資系企業アデコの運営する転職エージェント。360度式コンサルティングで担当者のレベルが高く本物のプロの転職サポートが受けられる。自分に合った求人だけ紹介してもらうことで無駄のない転職活動を進められる。担当者の交渉力も高く年収アップにも期待できる。
    →LHH転職エージェントの紹介記事はこちら
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス)異業種へ転職したい方必見!
    「適職診断→適職に就くためのキャリアプラン作成→適職に就くためのスキルアップ講座」を行うことで、未経験からでも異業種へ転職して年収アップを実現することを可能とした、次世代型エージェント。キャリア支援・スキルアップ講座ともに空いた時間にできるため、長期間での転職活動確実な年収アップ希望する職種への転職成功を目指したい人向け
    →WorX(ワークス)の紹介記事はこちら

いずれのサービスも登録無料で使え、登録自体もすぐ終わるものが多いので、少しでも転職活動に興味があったり、自分に合った求人が閲覧したい人は登録してみてください。

また、初回面談を済ませることで他では見られない非公開求人も紹介してもらえるため、最初のメール対応や面談対応を確実に行っておくだけで有利に転職活動を進められます。

以下に、より詳しくオススメの転職エージェントについて解説していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

その他、オススメの転職エージェント

ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はこちらも合わせてチェックしてみてください。

 

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました