正社員でも責任のない仕事を見つけるためのコツ。責任の軽い仕事は存在するのか?

「仕事であんまり重い責任を負いたくない…」

そう感じている方も多いはずです。

とくに最近の若者は、

  • ワークライフバランスを重視
  • 仕事よりもプライベート中心
  • 管理職にはなりたくない=出世にそこまで興味がない

…という価値観になってきているため、仕事で余計な責任を負いたくないと考える方がいても、不思議ではないでしょう。

ですが、正社員になる以上は、最低限の責任は負わなければいけません。

ただし、ちゃんと会社を選べば、そこまで責任が重くない仕事があるのも確かです。

当記事では、責任のない仕事を見つけ出すための、ちょっとずる賢いテクニックや考え方を紹介していきます。

スポンサーリンク

責任のない仕事の特徴とは?

ノルマのない仕事

責任がない…というよりは、責任感に押しつぶされたくない人に向いているのが「ノルマのない仕事」でしょう。

これは逆に考えてみるとわかりやすいです。

ノルマのキツイ仕事といえば、

  • 営業系の仕事
  • 新規開拓・販路開拓の仕事
  • 保険・不動産業界
  • 売上重視の小売・飲食業界

…など。

それ以外の仕事に関して言えば、そこまでノルマに追われることはないので、責任感やプレッシャーに弱い方は、ノルマのキツイ職種・業種を避けておくといいでしょう。

納期・時間に縛られにくい仕事

責任の軽い仕事と言えば、納期や時間に縛られにくい仕事でしょう。

これは急かされたくない人やマイペースに仕事したい方であれば、意識しておきたいです。

具体的には、

  • 取引先から急かされない業種
  • フレックスタイム制・テレワークなどを導入している会社
  • 会社の運営実績が長く、収入源が安定している中小企業

などです。

ただ、完全に納期や時間に縛られない仕事というのは存在しない点には注意です。

通常、会社には1年周期で経営されているため、どの会社にも「納期に追われる忙しい時期」は必ず存在するものです。

会社の利益に大きく関わらない仕事

責任の軽い仕事と言えば、あまり会社の利益に大きく関わらない仕事でしょう。

具体的には、以下のような職種は会社の利益に直接関わるわけではないので、責任が軽めです。

  • 事務職
  • 経理
  • 総務

ただし、細かい事務作業がメインになる分、ミスや不正が許されない仕事になるので、会社の利益とは別の意味での責任は発生します。

取引先と直接関わらない仕事

責任のない仕事と言えば、取引先と直接関わらない仕事です。

最悪、取引先と直接関わらない仕事であれば、責任は上司や経営者がとってくれるため、実際は大して正社員も責任を負うことはないのです。

ですが、取引先と直接関わる仕事であれば、話は別。

何かあれば、取引先に頭を下げたり、あるいは損害をもたらすこともありえるので、これは非常に責任の重い仕事です。

マニュアル人間でも出来る仕事

責任のない仕事と言えば、マニュアル人間でも出来る仕事でしょう。

会社の規模が大きければ大きいほど、マニュアルがしっかりしており、一社員毎の責任は軽いものとなっていきます。

管理職候補にならないで済む仕事

責任を避けて正社員になりたいのであれば、管理職にならないで済みそうな会社を選ぶのも手でしょう。

会社の規模が小さければ小さいほど、相対的に業務範囲や責任範囲が大きくなります。

そして、自分が望む・望まないに関わらず、管理職候補になる可能性が上がります。

逆に言えば、万年平社員で終わってもいいのであれば、管理職を目指さずに済むため、責任は軽くで済むということです。

ここだけの話、一定数「管理職になりたくない」「管理職になったけど耐えられずに降格された」という人も存在するので、最初から管理職を避けて責任を回避するのもありと言えばありでしょう。

責任のない仕事に就くためのコツは?

選考段階で「責任を負いたくない」というオーラは出さないこと

当たり前ですが、入社前から「責任を負いたくない」「余計な仕事はしたくない」みたいなオーラが全開ですと、採用される確率は下がります。

志望動機や面接での自己アピールでの「責任を負いたくない」という表現も、

  • プレッシャーに弱いのでプレッシャーをかけられない仕事がしたい
  • 給料は低めでも構わないので、ハードではない環境で仕事したい
  • 業務範囲が明確で、それぞれが各自の仕事に集中できる社内環境が望ましい

…など、オブラートに包んだ動機にしておくと、マイナス印象を与えずに済みます。

人手不足の業界+非正規雇用の多い業界は避けること

人手不足でなおかつ非正規雇用形態の多い業界は、避けておきたいです。

なぜかと言うと、正社員の責任が相対的に大きくなるため、非正規雇用者と比べて背負う責任が重くなりがちだからです。

具体的には、

  • 店舗管理を任される、小売・飲食・サービス業全般
  • 非正規雇用者の多い事務職(大きめの企業の場合)

…など。

企業の採用意図をしっかり読んでおくこと

責任の軽い仕事をしたいのであれば、企業の採用意図をしっかり事前に確かめておくと間違いないです。

  • 教育にコストかけている企業(=入社後に重い責任を背負わされることはない)
  • 管理職の席が埋まっており、なおかつ定年退職を控えている人材がいない(=ポストが空かないので管理職になる可能性低め)
  • 中途採用人材に「即戦力」「挑戦心」を求めすぎていない会社(=単に従業員の穴埋め・人員不足を解消したいだけの採用)

企業側が「即戦力が欲しい」「管理職候補が欲しい」「新規事業に挑戦できる人材が欲しい」と望んでいる場合は、責任を求められる仕事を振られる可能性も高まります。

ですので、意図的に「なんとなく人手が微妙に足りてないから、とりあえず人材を確保しておきたい」「平社員が抜けた穴を埋めたい」という感じの企業に的を絞れば、中途採用枠に責任ある仕事を振ってくる会社は避けられるはずです。

転職エージェントを活用して責任のない仕事を探そう

責任のない仕事を見つけ出したいのであれば、転職エージェントに相談して、オススメの求人を紹介してもらうのが一番でしょう。

転職エージェントは無料で利用できるサービスで、総合的な転職サポートを行ってくれます。

今回紹介したように「責任の軽い仕事」というのも意外と存在しますが、条件や紹介先の会社の状況を把握しておかないと見極めは難しいです。

ですので、転職エージェントでアドバイザーに相談して自分に合った求人を紹介してもらい、その上でエージェント側に自己アピールや面接対策までサポートしてもらえば、ずる賢く責任の軽い仕事も見つけられちゃいますよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました