仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

うざい上司の特徴。こんな上司はマジで鬱陶しい!

「上司がうざい!」と率直にお悩みの方もいると思います。

…その気持ち、よくわかりますよ。

「生理的にマジで無理」
「相性や考え方が合わない」
「いちいち仕事の邪魔をしてきてうざい」

そう感じさせるうざい上司、どこの職場にでもいるもんです。

断言しておきましょう。

上司がうざいと感じるのであれば、転職しちゃうべきですよ。

なぜなら、上司がうざいと仕事のパフォーマンスも下がってしまい、毎日生きるのもしんどくなるから。

事実、転職理由では多くの人が「上司と合わない」「上司の理不尽に耐えかねた」と答えており、それだけ上司が理由で転職している人が多いということ。

関連:上司が合わないでつらい…。辞めたい…。職場が合わないと感じたら転職すべきか?【教えない上司・信用できない上司】

関連:転職先は「上司や社長」を理由に選んでもOK【ワンマン社長についていけない、引退しない社長など】

もし読者が精神的に耐えられないぐらいに「上司うざい!」と感じているのであれば、この記事を読んで自分の今後について考えてみましょう。

うざい上司の特徴とは?

とくに最近の若者が「うざい…」と感じる上司は、以下のようなタイプでしょう。

  • 熱血系・体育会系
  • 完璧主義で細かいことにうるさい
  • 仕事中毒でプライベートにズケズケ漬け込んでくる

最近の若者はスマートでかしこく、効率的で公私をしっかり分けているので、昭和の気分で仕事している上司はうざく感じて当然ですね。

関連:時代遅れな会社の特徴。日本の企業から時代錯誤な企業戦士が減らない理由を考える

熱血系はうざい!

うざい上司の代表格は「熱血系」ですね。

関連:熱い上司がうざい!他人に干渉してくる上昇志向の熱血系社員は今日日はやらないし…。

まるで部活のようなノリで仕事をしているので、薄ら寒いです。

「今期の売上No.1目指すぞ!!」
「やる気がないヤツは帰っていいぞ」
「なんだその態度は?」

学生気分が抜けきっていないのか、大人としてまったく論理的でない指示を平然と振ってくるのが、熱血系のうざい上司の特徴。

まともに付き合っていると疲れるので、適当にあしらったり受け流すようにしましょう。

体育会系・オラオラ系はうざい上司の筆頭格!

うざい上司の代表格は、体育会系・オラオラ系の脳筋タイプの上司ですね。

このタイプは、言うまでもなく頭の悪い人間が多いので、対人関係でのストレスが半端ないです。

関連:仕事で頭が悪い人間に共通する特徴。こんなバカとは付き合うな!世の中バカが多い!

ヤンキータイプも多く、他人の心を踏みにじることをなんとも思っていない人も多い。

本来、そういう人間は黙って肉体労働だけしておけばいいのですが、なぜかデスクワーク主体の管理職にも一定数体育会系のバカが紛れ込むのです。

体育会系・オラオラ系のうざい上司とまともに付き合っていると、過労死させられるリスクも高いため、すぐに辞めることを考えておきましょう。

口だけ上司もうざい上司の代表!

口だけ上司も、うざい上司の代表格ですね。

日本の会社はタテ割り社会ですので、勤務経歴が長ければアホでも簡単に出世できます。

そのため、仕事が出来ない口だけ社員も平然と出世できるのです。

「会社とはこうあるべき~」
「社会人とはこうあるべき~」
「ウチの会社はすごいんだぞ!」
「オレはすごいんだぞ!」

…など、まるでヤンキーの武勇伝語りのような自慢をしてきてうざいですよね。

しかも、行動がまったく伴っていないので、部下の心には一切響きません。

口だけのうざい上司は、よけいな自慢話に付き合うストレスが多くなり、仕事を覚えるスピードが低下するので、付き合うだけ時間の無駄です。辞めましょう。

指導・教育を放棄するクソ上司は部下を潰す気満々です

うざい上司でひどいケースが、部下に指導や教育などを一切行わないクソ上司ですね。

部下に仕事を投げっぱなしにしてフォローしなかったり、逆に自分の仕事ばかりで一切部下の面倒を見ないタイプは、うざい以前に上司として当たり前の仕事が出来ていません

そのくせして「自分で仕事を探せ」「自分で考えろ」「勝手なことをするな」と言い出すのも特徴ですね。

こういった上司の仕事を放棄する人は「自分は教えられたとおりにしかできないので、部下を教えられません」というマニュアルタイプですので、教え方がまったくわかっていないのです。

そもそも、教えることを仕事と考えていないクソ上司も一定数いるので、そういった上司の場合はすぐに辞めることを考えましょう。

仮にあなたが超優秀な人材であっても、無能上司に手柄を横取りされた挙句、どんどん仕事を押し付けられて潰される未来しか待っていません。

関連:部下を潰すクラッシャー上司の特徴。部下を潰すリーダーの驚くべき歪んだ心理とは?

周りにうざがられているなら人間的にもクズ上司!

うざい上司を見極めるためには、周りの同僚や上司の上司などの評判を聞いてみるのもいいですね。

本当にうざい上司というのは、社内の多くの人間に嫌われているものです。

うざい上司がいると、周りの優秀な同僚が次々と辞めていくので、残った人間がうざい上司のストレス発散の矛先となり、もちろん仕事も増えます。

うざいクズ上司というのは、部下を潰して辞めさせても一切反省しないで「あいつには根性がない」「仕事を辞めるやつは負け犬」などと言い訳している、人間のクズなのです。

そしてうざい上司は自覚がないので、また同じ過ちを繰り返します。

残念ながら、部下が上司の心や立ち振舞を変えるのは無理です。自分が変わるしかありませんからね。それが大人というものです。

関連:人がどんどん辞めていく会社の特徴と原因。離職率の高い会社に見られる傾向とは?

うざい上司の対処法とは?

うざい上司への対処法ですが、以下の2つのケースから「自分の上司がどちらか?」を見極める必要があります。

  • 上司自体の人格に問題があるのか?
  • 会社の社風自体に問題があるのか?

もし上司の人格自体に問題がある場合は、その人だけへの対応方法を考えておけばどうにか対処可能です。

逆に会社自体に問題がある場合は上司全員がうざいことも珍しくないので、転職も視野に入れる必要も出てきます。環境が人を変えるのですから。

関連:社風が合わないでストレスを抱えている方へ。会社の雰囲気が合わないで転職する時のポイント

上司自体の人格に問題がある場合の対処方法は?

上司自体の人格に問題がある場合の対処方法は、相手の性格傾向や求めているものさえ理解すれば、自分の考え方を変えれば対処可能です。

仕事に対する理想が高すぎる上司だけは対処不可

難しいケースが「仕事が出来るが上に、部下の気持ちがわからずに理想や完璧を求めるタイプの上司」ですね。このタイプは「クラッシャー上司」とも呼ばれ、部下をうつに追い込みやすいタイプでもあります。

クラッシャー上司とは、労働問題にまつわる用語の1つ。気分の浮き沈みが激しく、部下のミスを執拗に責め、あるいは暴言を吐いたりして次々に部下を鬱と休職や退職に追い込むなど、その言動で部下を次々と潰してしまう上司のことを指す。

出典:クラッシャー上司|Wikipedia

関連:部下を潰すクラッシャー上司の特徴。部下を潰すリーダーの驚くべき歪んだ心理とは?

日本の会社はまだまだ時代遅れなところがあり「マネジメント」「メンタルケア」「コーチング」といった「部下の心理を把握し、適切に育成する」という概念が未成熟です。

ネットやSNS、あるいは最近のアベノミクス政権をなどからも、最近の日本では「自己責任」という風潮が強いですが、会社での仕事は決して「すべてが自己責任」ではありません。

自分はまったく関係ないミスに頭を下げることがある代わりに、自分のミスをフォローしてもらえることがあるところこそが、組織で働く最大のメリットであり強み。

とくに個人主義・成果主義の傾向のある社風では、このクラッシャー上司が生まれやすい傾向があります。

例の電通の過労死の件についても、優秀な社員の集まる会社だからこそ起こった悲劇だという見方もできます。

仕事において「自分の能力が足りない」と現実認識して日々努力していくことは大切ですが、自分には到底無理なハードルを要求される職場で働き続けることはうつ病のリスクが伴います。

あまりにストレスになるようであれば、転職を考えておくことも大事でしょう。

ハラスメント上司の対応策は「なし」

ただし例外は相手がハラスメント上司だった場合ですね。正直な話、ハラスメント行為の最善の対応手段は「受け流す処世術を身に着けつけ」しかありません。

テレビでもよく政治家や公務員のハラスメント行為が問題になっていますが、ハラスメント行為をなくすことはできません。

そして、社会的手段で対抗しようものなら裁判も覚悟で臨まなければいけません。

会社の社風自体に問題がある場合の対処方法は?

上司がうざいと感じる場合に注意が必要なのは「会社自体に問題がある場合」です。

通常、企業には”社風”というものが存在します。とくに小さい企業では経営者の好みや人格に合わせて従業員採用されることもあり、零細企業であれば一族経営で営まれることもあります。

また、離職率の高い業界では辞めやすい人が多く集まる傾向があり、まともな人は短期間で離れていき、人格に異常のある人だけがなぜか長く残り続ける…といったこともあります。

人間の性格とは環境やつき合う人間によって変化していくものですので、うざいと感じる上司も「仕事をする中で性格が歪んでいった」と考える必要もあるわけですね。

もし、上司だけでなく会社の待遇や人間関係全体に不満があるのであれば、それは会社の社風が自分に合っていない可能性が高いです。

会社の雰囲気に飲み込まれてしまう前に、転職を考えておくといいでしょう。

うざい上司に人生を潰される前に転職を意識しておこう

今回紹介したとおり、うざい上司に耐えきれないと感じている方は、無理をせずに前向きに転職を考えておくといいでしょう。

上司が「うざい」と感じている方でとくに転職を考えておいた方がいいケースは以下の3通りです。

  • うざい上司と上手く付き合ったとして、リターンはあるのか?
  • うざい上司が会社で権限を持ちすぎていて、自分の仕事に悪影響を及ぼさないか?
  • うざい上司からのストレスのせいでうつ病のリスクはないか?

もっとも、最近は転職のハードルはそこまで高くないので「上司がうざい!」という理由だけで辞めたとしてもいくらでも次は見つかります。上司のうざさに耐えられない人は、常に転職を考えておき、いつでも働きやすい職場に移れる態勢を整えておくといいでしょう。

上司が理由で辞める人は決して少なくはないので、上司がうざいと感じているのであれば思い切って辞める勇気も大事ですよ。

転職エージェントに相談して、自分に合った仕事を見つけよう

うざい上司が理由で辞める場合は転職エージェントでプロのアドバイザーに相談しておくといいでしょう。

転職エージェントではプロが自分に合った転職先を紹介してくれる上に、応募から面接までサポートしてくれるため、効率よく次の職場が見つけられます。早ければ3ヶ月で転職することもできるので、うざい上司に耐えられない人にもオススメですね。

転職エージェントは完全無料で利用でき、今の職場にバレる心配もないので、密かに活用している人もかなり多いです。それだけ転職は今の日本では当たり前の選択肢になっているので、うざい上司と一緒にしてストレスを溜めるぐらいなら、思い切って転職しましょう。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。