小中学校の同級生は大切にしなくていい。成功者になりたければ過去の付き合いは断ち切ろう!

「学校の友達は大事」
「友達100人できるかな?」
「友達を大事にしなさい」

学生時代、こういった博愛精神を真に受けて、友人を大事にしている方もいることでしょう。

しかし、大人になれば「そんなものはウソだよ」と気づいてしまう方もいるのではないでしょうか?

信じる者は裏切られ、
正直者はバカを見て、
自分と同じだと思ってた友達は裏でこっそりやることやって自分を追い越していく。

これが残酷なまでの人間の本性なのです。

たとえば、SNSで小中学校時代の友人が、自分を差し置いて社会で成功していったり、結婚して幸せになっていく姿を見て、心のどこかで「悔しい…」「なんであいつだけ?」と素直に喜べない自分がいませんか?

ククク…。

安心してください。

それが人間らしい、当たり前の感情ですよ。

我々人類には「自分が上、お前が下」という差別意識が遺伝子レベルで組み込まれております。

同級生時代、見下していた相手が成功していく姿は見ていて気持ちのいいものではありません。

あるいは、自分をいじめていたイケ好かねえ人間が、失敗することなく順調にキャリアコースを歩んでいると、学生時代の恨みを思い出して「この野郎ッ…!」とさらにみじめな思いをしてしまうものです。

そういった嫉妬心に負けないためには、小中学校時代の下らない見栄の張り合いから抜け出し、より上のレベルの社会階層に登りつめるしかありません。

この記事にたどり着いたあなたは、おそらく「出来るものなら成功して、小中学校時代の同級生の手も届かない次元の成功者になりたい!」と、心のどこかで望んでいるのではないでしょうか?

でしたら、小中学校の同級生全員の手の届かない高みまで登りつめた私が「小中学校の同級生を大事にしないほうがいい理由」を教えてやりましょうとも。

スポンサーリンク

同窓会という名の「社会の縮図」

公立中学校の同窓会と言えば「社会の縮図」とも言えるものです。

本来、実社会の仕事では関わることのない層が一同に集まるため、ともすれば地獄絵図が展開されることになるもの。

地元で土方として生きているヤンキー。
水商売で卑しく稼いでいる女。
成績優秀だったのに鬱になってニートに成り下がった優等生。
順調にキャリアコースかを歩んでいる大卒エリート。

交わることのない…否、交わってはいけない階層の人間が集い会話が行われることになるわけです。

その結果、起こることと言えば、

  • 大企業勤め・公務員の勝ち組が女にちやほやされる
  • 昔はクラスで権力持ってたヤンキーが負け惜しみでエラソーに威圧してくる
  • ニート・フリーターも混じっているので、正社員として働いているだけ”普通”の分類
  • 年収1000万クラスの奴が空気読まずに年収をしゃべると場が白ける

…など。

そこにあるのは「同じ中学で生活した仲間であっても、圧倒的なまでに”格差”が生まれる」という、社会の冷酷なまでの現実なのです。

大卒エリート勝ち組であれば、同窓会に参加しても強者の余裕を持って勝ち誇ることが出来ますが、そうでければ人生の勝ち組に差を見せつけられ、みじめで悔しい思いをするだけですよねぇ…。

底辺層と上流階級は、決して交わることのない油と水のようなもので、関わってはいけないのです。

「真の成功者は同窓会に行かない」という事実

ちなみに私の周りの成功者諸氏は「同窓会に行かない」という人が大半です。

それはなぜか?

前述のように、しょーもない格差社会の縮図となって、嫉妬心で揚げ足取ってくる輩や、あるいは卑しく高収入男性にすがるウジ虫のような女ばかりが沸いてくる…という現実が見えきっているからです。

以下の記事にも書いておりますが、仕事での利害関係・打算が絡む話はプライベートの場ではご法度ですが、空気の読めない凡人共はプライベートな場で平然と他人に仕事の話を振ってきます。

社会人に友達など必要ない

社会人ともなれば「お友達」など、必要のない無駄な存在です。

私も公私関わらず、自分にとって用済みの人間や役に立たない人間、利害の合わない人間はすぐに連絡先から削除することを心がけております。

当サイトは「孤高系」を自負しておりますが、その理由は単純。

自分にとって役に立たない人間は「友人」とは呼べない存在だからです。

ビジネスの基本は「WIN-WINの関係」「利害の一致」「ギブアンドテイク」だと言えますが、果たしてあなたにとって中学時代の友人とはそのような間柄と言えるでしょうか?

たとえば、

「会う度にしょーもないゴシップ話を聞かせてくる」
「底辺職のどうでもいい苦悩を聞かせてくる」
「昔の思い出話を聞かせてきてうざい」
「学生時代の思い出したくないトラウマを掘り起こしてくる」

…という感じであれば、それはもはや友達ではなく「ただ中学生時代に同じクラスに在籍していただけの存在」でしかなく、あなたにとっては良き友ではありません。

自分のレベルに合わせて付き合う人間を変えるのが成功の法則

仮に読者のあなたが、

「中学時代の友人と同窓会で会って、悔しくてみじめな思いをした…」
「中学時代の友人みたいな底辺職に就きたくない…」
「中学時代の同窓会でも他の人にうらやましがられる大企業に就きたい!」

…と思っているのであれば、早いうちに縁を切ってしまった方がいいでしょう。

以下の記事などにも書いておりますが、成功者は毎日ガンガンレベルの高い成功者と会って価値観を育み、もっと上の次元の仕事を目指しております。

あなたも数十年後の同窓会でみっともない姿さらして笑われないためにも、今の仕事に満足していなければ、中学時代の友人とは縁を切り、より高みを目指してみてくださいね。

中学時代の同級生と会って”差”を感じたら転職を考えておこう

中学時代の同級生と比べて劣等感を感じて悔しい思いをしているのであれば、早期に転職しましょう。

同窓会で会う度に、大企業勤めの友人や公務員のような勝ち組に「お前、まだそんな仕事してたの?」と言われて見下されたり、あるいは仕事の話になって1人だけついていけなくなると、情けないし悔しいですよねぇ。

そうならないためにも、若くてチャンスのあるうちに「転職エージェント」のご利用を強くオススメしておきますよ。

転職エージェントとはプロが自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことで、どんな経歴・年齢の人でも利用できます。

転職エージェントでは高年収の求人や有名企業の紹介も多数扱っているので、今の経歴や会社に満足していない方でも、意外な転職先に出会えるチャンス大です。

一方で転職エージェントも使わずに今の職場でダラダラ働いていると、何年経っても中学時代の同窓会で負け組としてみじめな思いをし続ける人生しか待っていません。

転職エージェントは登録して使っておくだけで有名企業の求人がバンバン届くので、使わない理由がありません。

ぜひ、転職しやすい今のうちに使っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました