生活を変える方法。今の生活環境を変えたいあなたへ送る知恵

変わりたいという願望は誰もが持っています。

しかし、実際には変わることのできない人間が世の中にはたくさんいます。

なぜなら、変化と安定は真逆の関係にあるからです。

多くの人々は安定を求めます。

しかし、安定とはその多くが平凡で退屈なものです。

毎日、同じ生活サイクルの繰り返し。

まるで機械のような生活に、あなたはどこか退屈さを感じているでしょう。

とはいえ、その安定を捨ててまで、今の自分を変えたいとも思わないことでしょう。

なぜなら、あなたはリスクを背負いたくないからです。

多くの成功者は「何かを犠牲にして何かを得る」と、よく言いますし、事実そのような生き様をしている人も多いです。

仕事や社会的地位、そして家族や友人なども捨て、自分の信じる道を孤独に貫いてこそ、成功者は変化する毎日を手に入れることができます。

しかし、凡人にはそんなことはできません。

何よりも”安定”が大事だからです。

たとえ、機械のように同じパターンで回り続ける生活であっても、そこに”安定”がある限りは、まずは幸せなことだと自覚してください。

世の中には、今日の飯にさえ困り、暴力で他者から飯を奪わなければいけない人間もいるのです。

一度上がった生活水準を落とすことは、誰だって望んではいないでしょう。

年収が下がれば生きる気力も低下します。

職がなくなれば、それこそ「今日の飯に困る」という状況に行き着く可能性も高くなります。

「今日の飯に困ることがない」という安定は、それ自体が幸せの飽和状態であることを意味します。

あなたが今、今日の飯に困ることがなく、それでいて「未来の生活費が~」「他の人を養うには~」「人生を楽しくするには~」などと悩んでいるのは、それ自体が幸せな悩みなわけです。

安定を維持したまま、変化を経て、よりよい生活を得たいというものは「人間的な贅沢な悩み」なわけです。

しかし、それは誰もが抱く、普遍的な悩みでもあります。

誰もが「空からお金降ってこないかな」と漠然に考えることはあります。

人は皆、なんとなく「今よりよくならないかな」と望むものなのです。

「現状は維持したい、でも変化は欲しい」

成功者や一部の天才からすれば「贅沢を言うな」と思うかもしれませんが、これは至って普通の欲求です。

人は安定したまま、変化が欲しい贅沢な生き物なのです。

今回は少し視点を変えて「安定した生活を送ったまま、生活を変える方法」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

生活環境を大胆に変えてみる

生活は変えるには、生活環境を変えてしまうのが一番です。

「住む場所」「仕事」などが”安定”と受け取りがちですが、今の時代はそうとも言い切れません。

時代の流れに合わせて、柔軟に住居や仕事を変えることができれば、あなたの生活はいつでも変幻自在とも言えます。

とはいえ、住居も仕事も変えるためには時間もお金も必要なので、そう簡単に行動に移すことが難しいとも言えます。

人との付き合い方を変える

生活を変えるためには、付き合う人を変えてみるといいでしょう。

職場での人間関係は上手く行っていますか?

当たり障りのない会話ばかりで、仕事の生産性向上や、プライベートの充実につながるような会話は行われていますか?

普段プライベートで付き合う友人との会話は職場の愚痴であったり、共通の知人のゴシップ話になっていませんか?

職場の上司の無駄な自慢話に延々付き合うだけの飲み会や、ただ友人と騒ぎたてるだけの飲み会も時には必要かもしれませんが、頻繁に行われているのであれば、時間と金の無駄です。

付き合う人間との質で、あなたの人生は変わります。

集団の中で自分が決まる「アイデンティティ」を変える

「アイデンティティ」は「自己同一性」という意味です。

簡単に言えば「自分は何者なのか?」という問いに対し、答えを見つけることです。

大人になって社会人ともなれば、人は自然に自分の居場所や在り方を見つけ出します。

職場での立ち位置、プライベートな交友関係での自分のキャラ、家庭内や恋人前での自分…

どれも、少し役割の違う自分であることでしょう。

「他人は自分を映しだす鏡」とも言いますが、自分の存在や役割は、組織や集団に属することでハッキリとします。

逆に言えば、組織や集団で一度自分の役割やキャラなどが決まってしまうと、なかなか抜け出せません。

高校デビュー・社会人デビューなど、何かの転機をきっかけに大きくイメージチェンジすることが行われますが、これも一度自分のイメージをリセットして、新しい自分に生まれ変わるためだと言えますね。

職場の自分や、自宅での自分を変えたければ、新しい集団に属し、新たな自分を見つけ出すことも効果的です。

今まで、一見無縁だった集団に属してみると、自分にないものや自分にあるものが改めてわかるため、発見になります。

職場では評価されない能力も、場所を変えてみれば途端に輝くこともあります。

習慣を変えてみる

生活を変えるためには、細かな習慣を変えていくことが効果的です。

新しい習慣を始めてみるとわかりますが、大半は長く続かないことでしょう。

たとえば、ダイエットや筋トレなどの体質改善などは多くの人が続きません。

というのも「大きな目標」を掲げてしまうあまり、短期間で効果が感じられずにやめてしまうからです。

毎日に少しの”変化”を

習慣は継続化が大事です。

あまりに大きな目標を掲げて習慣を変えると長続きしません。

大事なのは常に継続可能かどうかです。

たとえば「毎日運動する」のであれば、いきなり走るのではなく、まずは15分ほどのウォーキングから始めてみるなど、いきなりキツイことをしないように工夫しましょう。

早起きの習慣を身につける

「早起きは三文の得」と言いますが、まさにその通りです。

早起きする習慣がない人は、生活リズムを変えてみましょう。

仕事で疲れきって帰宅した後、飲んで食って、ダラダラ過ごす日々を送っていませんか?

どうせ、飲んで食って寝るのであれば、ダラダラ過ごす時間を朝に持ってきた方がいいことに気づくでしょう。

朝早起きして、何らかの時間にあてる場合、実は効率よく時間が使えます。

というのも、出社時刻までの時間制限があるため、嫌でも時間を意識しなければなりません。

ところが、夜に時間を使う場合は「最悪、睡眠時間を減らせばいい」と考えてしまうことでしょう。

仕事ならば「終わらなければ残業すればいい」と生産性を下げてしまうのと一緒で、プライベートの時間の過ごし方も「終わらなければ睡眠時間を削ればいい」と怠惰な思考が骨身に染み込んでしまいます。

お金の使い方を変えてみる

なんだかんだで、今まで紹介してきたことは、行動力や意志が必要です。

ところが、お金を使うだけであれば誰でも出来ます。

生活を変えるためにもっとも簡単な手段は「お金の使い方を変えること」です。

将来に怯えながら節約して、今を楽しく過ごせない人は、ダラダラと同じ環境で生活し続ける未来を迎えることでしょう。

どんなにお金を稼いでいても、節約主義でお金の使い方を知らないのであれば、生活が変わっていくことはありえません。

一方、お金の使い方が上手な人は、生活がより豊かになり、交友関係も広がり、生活が豊かなものになってきます。

お金を稼いでいても幸せになれない人は、お金の使い方を知らないあまり、心は貧しいままの生活を送るハメになります。

生活を変えるために転職活動を始めてみる

生活を変えるためには、転職活動を始めてみるのもいいでしょう。

仕事は人生の時間の大部分を占めるものです。

今の仕事を嫌々我慢しながら続けていませんか?

辞めたい仕事は我慢して続けるべき?転職を我慢しない方がいい理由とは?

人間関係のストレスの多い職場で働いていませんか?

人間関係の悪い職場と良い職場の特徴と違い。人付き合いで疲れるギスギスした職場の原因は?

でしたら、あなたの生活が変わらない理由は、仕事にあるのかもしれません。

転職すれば、

  • 残業時間が減ってプライベートの時間が増えて充実する
  • やりがいのある仕事に就くことで毎日が楽しくなる
  • 仕事で関わる人間が変わるので、自分にもいい影響が出る

…など、人生が楽しくて充実したものに変わるかもしれません。

ぜひ、この機会に転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

転職活動を始めるなら転職エージェントの利用がオススメ

転職活動に興味があるなら、まずは「転職エージェント」を使ってみることをオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーに転職に関して相談でき、本当に自分に合った転職先を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントを利用すれば、

  • より自分に向いている職場を見つけ出せる
  • 自分の希望する条件で働ける会社に転職できる

…など、今の自分を変えるきっかけを得られます。

しかも、転職エージェントは無料で利用でき、相談だけでもOKですので、今の生活を変えてみたい人はぜひともご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました