仕事を辞めることはわがままじゃない!心のままにわがままに自分の気持ちを大事にしよう!

「仕事を辞めたいけどわがままかな…?」
「退職を周りにわがままと言われるのが嫌だ…」

このように悩んで、退職に踏み切れない方も少なくはないと思います。

結論から申し上げると、わがままでも自分の意志を貫かなければならない場面は、人生の決断において避けては通れない道です。

ただ、わがままを通すにしても、最低限の責任を果たし、義理立てしておいた方が今後の自分の人生においても後腐れなく、スッキリできるはずです。

当記事では、退職することがわがままだと感じていて行動に移せない方に向けて、周りに自分勝手だと思われないための退職方法についてご紹介していきます。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

仕事を辞めることをわがままと感じる理由は?

まずは、仕事を辞めることをわがままだと感じてしまう理由や心理について解説していきます。

他の人に迷惑がかかる

仕事を辞めることをわがままだと思ってしまうのは、他人に迷惑がかかってしまうからだしょう。

実際、仕事を辞めると、会社に以下のような迷惑がかかってしまいます。

  • 退職に関しての事務手続きや調整が必要になる
  • 自分の空いた穴の分のしわ寄せが他人にのしかかる
  • 職場の人間関係面のバランスが崩れる
  • 取引先との取り次ぎが滞る(取引先を担当している場合)

ただ、これは逆を言えば自分が辞めることで会社内にどのような迷惑が生じるのか計算できる証拠であり、辞めることが迷惑だと自覚できるなら、それは社内で活躍できている優秀な人材の証だとも言えます。

いずれにしても、生きる以上は誰かに迷惑をかけてしまうわけですし、それ以上に読者自身は会社に貢献できているわけです。

後ほど紹介しますが、会社を辞めることは全労働者の「権利」であり、退職手続きは「会社の仕事」ですので、迷惑かどうかという感情は置いておき、冷静に判断する必要があります。

「自分がいないと、この職場は…」と想像してしまう

「辞めると周りに迷惑がかかる…」と思えるのは「自分がいないと、この職場は…」と想像できる証拠に他なりません。

そこまで考えが及ぶということは、逆に言えば他人の事を優先して考えられるやさしい性格であり、周囲のことも考えて仕事できるリーダー適性もあると言えます。

ただ、ここで一つ考えてほしいのが、たかだか社員一人抜けた程度で崩壊するような職場は、会社として経営がしっかりしていない証拠です。

また、会社の経営陣とは一社員が思っている以上に冷静な判断ができるものです。

仮に読者が優秀な社員で辞めたとしても、代わりの人材を他の部署から呼び寄せたり、中途採用枠で募集する…または他の同僚や部下が代わりの仕事をこなせるきっかけになるかもしれません。

つまり、自分が辞めることで会社は新たな成長を迎えることとなり、一時的に迷惑になることはあっても、長い目で考えれば社員が辞めることがプラスになることもあるのです。

逆に言えば「自分がいなければ、この職場は回らない…」という考え自体が自分勝手だとも言えます。

もちろん、自分が辞めた後を思う気持ちは大事ですが、それはあくまで辞めるまでに行動と形で示すべきであり、今の職場の人間関係が大事なら仕事とは別で一個人として付き合えばいいだけの話です。

会社への恩や義理を考えると辞められない

日本の企業は「社員=家族、仲間」という感覚が強いため、今の会社に恩や義理を感じている人も少なくはないと思います。

事実、終身雇用の考え方は、そういった「社員=家族、仲間」という発想のもと、取り入れられています。

ただ、今の時代は定年退職まで一つの会社で働き続けられるかどうかがわからない時代です。

それも未来のある若いうちや、スキルのある優秀な人材であれば、一つの会社に留まるよりは様々な会社で働いてキャリアアップした方が、結果的に社会に役に立つことになるとも言えます。

そう考えると、会社に対する恩や義理は、自分が成長するためには邪魔になることもあるのです。

これは何も労働者側に限った話ではありません。

経営陣も、業績悪化時には社員をリストラしたり、ボーナスカットするような慈悲のない決断をせざるを得ない時もあります。

ですので、仕事での決断は恩情や義理とは別のところで判断しなければならないのです。

人生には、家族や恋人のことを思って離れる決断をしたり、自分の将来のために恩人の教えとは逆の道を歩まねばならないことがあります。

もし、読者が会社への恩や義理が理由で辞められないと悩んでいるのであれば、それは辞めることを自体が恩や義理となるタイミングに来ているのかもしれません。

何も、今の会社に尽くすことだけが、会社への恩返しではありません。

生きる限り、誰かの役に立とうとすること自体が、巡り巡ってその会社のためにもなるのです。

辞めることは「裏切り」だと感じてしまう

会社に恩や義理があり過ぎたり、社内の連帯感が強すぎると「辞めることは裏切りだ…」と感じてしまう人もいらっしゃるかと思います。

とくに、体育会系の社風で連帯感が強い職場は「辞めることは逃げ」「辞めた後はどうするんだ?」「人手不足の問題はどうするんだ?」と、過剰な連帯意識で辞めることを躊躇させてくることも珍しくありません。

そうなると「辞めると会社に申し訳ない…」「人手不足の中、自分だけ得するようで罪悪感が…」などと感じてしまい、会社を裏切るような感覚を覚えるかもしれません。

また、悪質な会社になると、法的手段に出ると脅してきたり、退職届を受理しないなど、様々な方法で退職を妨害してくることもあります。

もし、このような事態が想像できるなら、労働者の権利を行使して毅然とした意志で辞めるべきです。

ここまで来ると、辞める側が自分勝手なのではなく、人手不足の問題や退職続き手間を他人に押し付ける経営者や上司が自分勝手だと言えるので、気にする必要はないでしょう。

わがままだとしても退職したいなら自分の意志を貫くべき

仕事を辞めることがわがままか否かは置いておくとして、退職して何かしらに挑戦したい、または休みたいのであれば、自分の意志を貫くことも大事でしょう。

筆者自身、自分の都合よりも他人の都合を優先して、自分がやりたいことや休むことを後回しにしがちな性格なのですが、自分がやりたいことができない状態が続くのは知らぬ間にストレスとして蓄積するものです。

その結果、うつ状態になったり、わけのわからないイライラが募るなど、精神的にも悪い影響を及ぼすので、時には自分の都合を貫くことも大事だと知っておくといいでしょう。

退職は「権利」であり「手続き」に過ぎない

何度か紹介している通り、退職は労働者全員に保証された「権利」であり、退職に関する会社側の負担はただの「手続き」でしかありません。

感情面差し引けば、それだけの話なのです。

ですが、退職に関して面倒事が増えたり、人間関係面での感情が絡む以上、誰もがそう割り切れないのが現実でもあります。

ただ、退職に関して話がもつれてスムーズに進まない際に、法律で保証された権利や契約を根拠に話を進めることは、一社会人として正当な手段だと言えます。

恩や義理など、様々な人間感情が絡む退職だからこそ、誰かが冷静かつ合理的に物事を進める必要があるのです。

万が一、退職の話がもつれた際、冷静に判断しなければならないのは読者自身になることだってあります。

最悪、法律や社内規則についての把握および、退職に関しての段取りを自分で進めていくことが、社内に迷惑をかけないで、自分の責任を果たすことにもつながることがある…と覚えておくといいでしょう。

会社に恩情があるなら引継ぎだけしっかりすればいい

会社に恩情や義理があってケジメをつけたいのであれば、退職届を出した後の期間で引継ぎをしっかりしておけばいいだけの話です。

退職届が受理されて正確に辞めるまでのスケジュールが決まった後は、残された期間にできる限りのことを行っておく以上のことをやる必要はありません。

仮にそれで引継ぎが万全にできなかったとしても、それは一人に仕事を押しつけ過ぎたりスケジュール調整をしっかりできなかった会社や上司の責任だとも言えます。

自分自身の中で責任範囲や義理立ての範囲を明確にし、過剰な責任や恩を背負わないことも、後腐れなく退職するためには大事な考え方です。

自分のエゴを殺して働き続けるリスクは大きい

会社を辞めることがわがまま…と思っていて、本当は辞めたいのに辞められないままだと、うつ状態になってしまうこともあります。

「本当はこんな仕事したくない…」
「自分1人で抱え込むのが辛い…」
「自分1人だけでは仕事がこなせなくなっている…」

このように悩んでいるのであれば、それはわがままでもなんでもなく、自分と向き合って仕事や人生について考え直す時期に来ているのかもしれません。

以下の記事では「仕事に行きたくない…」と感じるまで、自分のエゴを殺し続けた筆者の末路をご紹介しております。

関連:私が会社に行きたくない…と悩んだ理由。朝、動けなくなって退職した。

他人に退職「わがまま」だと言われたどうする?

仕事を辞める場合、他人から「わがまま」「自分勝手」などと言われ、退職を妨害される事例は少なくはありません。

もし、今の会社内でそのような事態に遭遇するかもしれないと不安であれば、以下の点に気をつけた上で慎重に退職に向けて事を進めていくといいでしょう。

上司や同僚へは決意を固めてから「報告」という形にする

他人に退職をわがままだと思われないようにするのであれば、事前の相談は控えておき「報告」という形で決意を固めた上で動くことが大事です。

そうすることで、会社側に説得余地を与えることなく、スムーズに事務手続きに踏み切らせることが可能となるからです。

たとえば「退職願」と「退職届」では、扱いも異なってきます。

「退職願」はあくまで「願望」であるのに対し「退職届」は「事実の報告」として、会社側は受理しなければなりません。

感情面や人間関係のしがらみで退職が難航するリスクを考えれば、中途半端に説得余地を残さない意味でも、事前に社内で退職に関して相談することは控えておく方が無難でしょう。

ただ、辞めることに関しての相談や退職前後の転職活動に関しての相談が必要な場面も多いでしょうから、その際は転職エージェント等の第三者を頼ることを検討しておくといいでしょう。

万が一、辞められそうにないなら退職代行の利用も検討

万が一、退職の際に話がこじれて辞められそうにないのであれば「退職代行」の利用も検討しておきましょう。

退職代行は利用者の代わりに退職の意志を会社に伝えてくれるサービスで、社内での面倒ないざこざを避けて辞める際には非常に心強いサービスです。

退職代行は有料ではありますが、辞められなかった場合の返金保証が用意されているので、まずは気軽に相談してみるといいでしょう。

関連:話題の「退職代行」その実態に迫る!

先に転職先を決めて無理やり退職を進めてしまうのが一番

もし、仕事を辞めることがわがままだと悩んでいるのであれば、先に転職先を決めてしまう方向で進めるのもありでしょう。

転職活動を通して自分の気持ちや今後の方針を固めておけば、退職する際にも自分の都合を優先することに迷いがなくなります。

逆に転職先が決まらないまま辞めようと考えてしまうと、恩情で辞めることをためらいがちです。

ですので、先に転職先を決めた上で確固たる意志で辞めることで、今の会社に対しても自分の意志を貫きやすくなるはずです。

ただ、転職活動は面倒事が多く、時間もかかりがちという問題です。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントで相談しておき、オススメの求人の紹介から転職サポートまで効率化するという方法です。

転職エージェントは無料で使え、転職先の紹介から内定後のサポートまで、あらゆる転職サポートを行ってくれます。

わがままだと思って辞めることに悩んでいる方でも、転職エージェントに相談することで決意が固まるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました