30代になって仕事ができないと悩む人へ。仕事で自信がないのは人が辛いと悩む理由とは?

30歳を越えて「仕事ができない…」「仕事に自信が持てない…」と悩む人は意外と少なくありません。30代ともなると責任ある大きな仕事を任されたり役職に就くなど、キャリア的にも非常に重要な時期になってきます。

にも関わらず、今の仕事に自信が持てない30代の方は、おそらく以下のように考えているはずです。

  • 同期や後輩に追い越されて自分に自信が持てない
  • 周りの同年代と比べて自分の人生が進んでいる実感が持てない
  • 責任ある大きな仕事を任されないので会社に信頼されていないと感じる

もし、少しでも当てはまることがあるのであれば、最後までこの記事をお読みになった上で、今後のキャリアの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

30歳になれば誰もが仕事ができるわけではない

30代で仕事ができないと悩んでいる人に多い勘違いが、なぜか30歳になれば無条件で自分も仕事ができるようになると考えていることです。当たり前の話ですが、勤務経歴が長いだけでは仕事で必要な本質的な能力が身についたり、社内評価が高まるわけではありません。

世の中には、年齢だけ重ねてまったく成長しない残念な大人もいますが、そのような人ほど大した能力がないので年齢だけが取り柄の、いわゆる「老害」と成り果てます。

では、なぜそのような「仕事ができないまま無駄に年齢だけ重ねた無能な老害」が生まれるかというと、仕事ができないまま「それでいいや…」と諦めてしまった人材が、そのまま会社に残り続けるからです。

どこの会社にも無能な上司や何もしない経営者がいますが、それは年齢相応になっても仕事に関して悩みもせずにダラダラ毎日を過ごしてきたような社員が年功序列で出世してしまったり、悩んだ末に解決策も見つからないままそのまま自分を放置してなあなあに生きてきた人が大半だからです。

ですので、もし読者が「30代になっても仕事ができない…」と悩んでいるのであれば、それは自分が無能な上司と成り果てるかどうかの分かれ目にいると考えてください。そして、30代でのキャリア形成を間違えてしまうと、そのまま何者にもなれず、大した成果も出せず、無能な上司として会社にしがみつくしか能がない人間になってしまうということは強く意識しておく必要があります。

30代で仕事ができない人の悩みや特徴は?

ここからは、30代で仕事ができないと感じている人に多い悩みや特徴をご紹介していきます。読者が抱えている悩みと照らし合わせて、まずはご自身の現状の悩みや課題を把握しておきましょう。

自発的に動いて新しい仕事を見つけ出せない

世の中には「言われたことを卒なくこなせる人=自分自身では仕事を見つけられない人」「自発的に動いて課題を発見できる人=自分自身で仕事を見つけ出せる人」の2種類の人間がいます。30代以降になって仕事ができない人の多くは、おそらく前者であることが多いはずです。

しかし、30代以降ともなると管理職としての役割も求められるため、自分自身で仕事を見つけ出せない・作れない人は致命的だと言えます。

もちろん、組織体質や会社の規模によっては上から言われたことを卒なくこなすだけでなんとかなる場合もあるでしょうが、会社の規模が小さければ小さいほど、自分が抱えている以外の仕事もこなせる能力がなければ、そもそもチャンスすら与えられないこともあるのです。

経営に関して理解していないので上の仕事を理解できない

30代になっても仕事ができないと感じているなら、それは経営に関して理解していないため、会社がどのような原則で動き利益を出しているかがわからないまま、自分の会社内での役割を理解できないまま仕事をしているからかもしれません。

よく「経営者目線を持て!」と言われますが、その本意は「経営者目線がなければ上の指示や意図を理解して現場に落としこむことができない」というところにあります。

その結果、会社の経営を理解出来ないまま自分本位な仕事の仕方をし続けたり、上層の意図を理解しないままちぐはぐな仕事をし続けるなどして、社内評価が上がらず、重大な仕事も任されない・出世もできないという結果になるのです。

社内評価が低いことで悩んでいる人
以下の記事も確認してみてください

管理職・マネージャークラスの仕事をこなせない

30代になっても仕事ができない人は、管理職・マネージャークラスの仕事をこなせていないという悩みを無自覚に抱えていることが目立ちます。

▼管理職・マネージャークラスの仕事の例

  • 今までの自分の仕事を当たり前にこなせる能力(プレイヤー)
  • チーム全体の仕事を管理する能力(マネジメント)
  • 部下の育成や教育(コーチング)

管理職・マネージャークラスともなると、多岐にわたる仕事をこなせなければならないため、20代の平社員時代のように「一部の仕事だけを効率よくやればいい」という状態では済まされない事態が多くなります。

一般的に「与えられた仕事を効率良く終わらせる能力」は仕事ができる人・優秀な人とのイメージを持たれますが、社内での立場や役割が変わればたちまち評価が逆転してしまうことも珍しくありません。

早い話、自分が抱えている仕事だけを効率よく済ませるだけであれば、自分1人の生産性しか上げられないので、組織全体から見れば「自分勝手で協調性がない人」という評価を下されることともなります。

役職関わらず、勤務年数的にも年齢的にも管理職・マネージャーとしての役割が求められる30代の人材で伸び悩む人は、自分の仕事だけこなしておけばいいと考えがちですが、それだけでは仕事ができないままで当然だとも言えます。

仕事とプライベート(家庭や趣味)の両立ができていない

30代で仕事ができないと悩んでいる際に見落としがちなのが、仕事だけではなく趣味や家庭を含めたライフワーク全体で人生を考える必要があるということです。

というのも、家庭を持つか持たないかで人生における仕事の重要度も変わってきますし、とくに女性であれば既婚者かどうかもキャリアを考える上で大きな分かれ道となってくることになります。

また、30代ともなると公私ともに周りの人間の価値観や生活スタイルは様々ですので、自分自身の人生を自分で決める必要も出てきます。ですので、仕事ができないと悩んでいる30代の方は、仕事以外にも人生の時間をかける選択肢も必要になってきます。

仕事だけでは培えない人生の価値観や人間関係が、今の仕事に大きな影響を与えて仕事のパフォーマンスを向上させることもあります。また、管理職クラスともなると、様々な人の仕事観を理解して適切に付き合わなければならないことも多くなるため、自分自身が仕事だけに依存しない人生観を育むことも大事になります。

ですので、30代で仕事ができないと悩んでいる人は、そもそもの前提として「仕事以外の人生の時間も大事に使えているかどうか?」も考えておくべきでしょう。

仕事以外の時間も上手く使えているのであれば
「仕事ができない」という悩みは小さくなるからな…

確かに仕事しか人生の依り代がないと
仕事ができないことだけに悩みがちですからね…

30代で仕事ができないで辛いと感じる理由は?

ここからは仕事ができないで辛いと感じている理由についてご紹介していきます。

30代になっても仕事の仕方がわからないままでいる

30代になって仕事が辛いと感じている理由に仕事の仕方がわからないというものがあります。

▼30代になっても仕事の仕方がわからない人の特徴

  • 他人にわからないことを聞けない
  • 自分から進んで仕事をこなすことができない
  • 仕事ができない状態のまま解決に向けて行動できない
  • 受け身な態度なので中途採用から入社しても馴染めない

自分自身から仕事ができるようになろうとする意識や行動が欠けており、終始受け身な態度であれば、30代になっても仕事の仕方がわからないままなのは珍しくもなんともなく、当然の結果だと言えるかもしれません。

ただ、これは本人にも責任がある一方で、職場に恵まれなかったり、仕事について教えてくれる上司や先輩が少なかったなど、今までの職場での環境が要因であることも考えられます。

いずれにしても、30代になっても仕事の仕方がわからないと悩んで自分自身からどうすればいいかを考えられない・実践できない人は、管理職・マネージャー目線が求められる30代のキャリアでは圧倒的に不利になりやすいと言えるので、何かしらの対策や社内での立ち回り方を意識する必要があるでしょう。

仕事ができないで辛いと悩んでいる人
以下の記事も参考にしてみてくださいね

勤務経歴に対して経験やスキルが身についている実感がない

30代でも仕事ができないと悩んでいる人は、勤務経歴に対して経験・スキルが身についている実感がないのかもしれません。

この場合、社内の人や自分自身が自分を過小評価しているだけであって、実際は年齢相応の経験を身につけていることもあります。

とくに日本の企業は自分たちの仕事に誇りを持っていない人が多いので、傍から見れば立派なスキルや経歴を持っている場合でも、自分たちの仕事を過小評価しがちな傾向があります。

もし、勤務経歴に対して自分が成長している実感が持てずに「仕事ができない…」と悩んでいるのであれば、一度冷静に自分のキャリアを見直す意味で、転職活動で自己分析や職務経歴書の作成を行っておき、自分自身のキャリアを客観的に判断してみるといいでしょう。

公私ともにしがらみが増えて身動きが取りづらくなる

30代で仕事ができないで辛いと感じる理由として、公私ともにしがらみが多くなり身動きが取りにくいというものがあります。

とくに家庭を持ったりローンを組んでいたりすると、自由に身動きが取りにくくなるばかりか、仕事に当てる時間も減ってしまいがちです。そうなると、仕事のために費やす時間やお金が減ってしまうため、仕事に思うように集中できないで成果が出せないまま…なんてこともあるはずです。

そうなると、仕事もプライベートも思うように行かないばかりか、プライベートや仕事の両方が足を引っ張り合う結果となり、仕事ができないという悩みに引きずられてプライベートも上手くいかない…という悪循環に陥るのです。

周りと比べてしまい自分の人生を受け入れられない

30代で仕事ができないで辛いと感じるのは、周りと比べてしまい自分が劣っているような感覚に陥り自分自身を受け入れられないからというものがあります。

何度かお伝えしている通り、30代ともなると仕事だけでなく、プライベートの恋愛・結婚など、人生において他人と差が出てくる時期ですので、周りと比べて自分が劣っている、あるいは人生が充実していないと感じることも多くなるかもしれません。

また、30代ともなるとキャリア的にも今まで積み上げてきたものや元々の能力や素質の差が大きくなる時期で、中には同期や後輩に明らかに劣っていることで強いコンプレックスを感じている方もいるかもしれません。

加えて、仕事でも周りの足を引っ張ることが多かったり、周りについていけないことで自分が仕事についていけないと、自分自身の仕事に価値を感じなくなってしまい、モチベーションが低下するなどの悪循環にも陥ります。

仕事についていけないと悩んでいる人
以下の記事も参考にしてみてください…

過去に執着してしまい今や未来を意識できない

30代になって仕事ができないと悩んでいる人に多いのが、過去に執着してしまい今や未来を意識出来ていないという状態です。

たとえば、以下のように悩むことがあったら注意が必要でしょう。

  • 過去の学歴・経歴に「ああしておけば…」と後悔や引け目を感じる
  • 「昔は上手く行ったのに…」と思う機会が増え今が上手く行ってないと感じる
  • 自分の将来に希望が持てないでいる

30代ともなるとキャリアにしてもライフステージにしても、今まで積み上げてきたものをベースに考えなければいけない年齢層になるので、過去の失敗を嘆いたところでどうしようもありません。少なからず、30代になって新しい自分に生まれ変わるのは非常に難しいことで、過去の事を悔やんでも先には進めません。

ですので、30代になって仕事ができないと悩んでいる人は、まずは「今の自分に何ができるか?」を意識して、目の前のできる仕事から取り組むことが大事でしょう。

30歳以降で新しい仕事を見つけて転職するのはありか?

ここまでお読みの読者で、転職を考えている方も中にはいらっしゃるかと思います。

仕事ができないという悩みは転職して職場環境を変えることで改善されることもあるので、30代からでも新しい仕事を見つけ出してみる価値は十分にあると言えます。

ただし、30代からの転職には様々な制限や問題もありますので、今の仕事を続けた状態で念入りに情報収集を行い「本当に転職すれば悩みは消えるのか?」は意識しておくといいでしょう。

30代以降からの転職は選択肢が狭まり厳しいものとなる

30代からは完全未経験職への転職は難しく、今までの経歴を活用した上での転職となるため、就職活動時や20代の時ほど選択肢が多くない点には注意が必要です。

今まで積み上げて実績や経験相当の仕事しか選べなくなるため「理想ではなく妥協」で転職先を見つけ出さなければいけません。

ですが、過剰に転職に期待してしまい、自分の経歴では採用されるのが難しい求人に応募し続け、途中で折れてしまい、今の仕事にも自信が持てないまま…なんてこともしばしば見受けられます。

そうならないためにも、まずは転職活動の現実を知っておく必要があるでしょう。

転職の厳しい現実を知っておきたいなら
以下の記事も参考にしてみてくれ!

今までの経歴を洗い出して客観的に評価しておく

30代で仕事ができない・自信がないと悩んでいる方は、今までの自分の経歴や現状の仕事の内容に関して客観的な判断や評価を知っておくことも大事でしょう。

とくに日本の企業は自分たちの仕事を過小評価したり、他人を否定したりするのが根づいているため、外から見れば評価されるような経歴を持っている人もたくさんいるものです。

ただ、多くの人は「自分の経歴や仕事を客観視できない…」と悩み、前に進めないことも珍しくないです。

その場合、以下のような方法を地道に行い、色んな立場の人から自分の経歴を客観的に評価してもらうことが重要です。

  • 転職サイト・転職エージェントに登録しておき、紹介してもらえる求人を把握する
  • 転職サイトで用意されている適職診断ツールなどで自分の性格傾向を知る
  • キャリアアドバイザーなどの第三者から自分の経歴について客観的な評価をもらう
  • 職務経歴書を作成しながら自分のキャリアの棚卸しを行う

逆に言えば、関係性の近い職場の人間や身内の評価はあまり参考にならないとも言い換えられます。

また、適職診断や求人情報だけでは自分自身だけの判断になるので、都合のいい情報/悪い情報どちらかに偏ってしまいがちです。なので、出来れば第三者の客観的な評価やアドバイスを聞いておき、冷静に自分のキャリアがどれぐらいのものなのか、判断する必要もあります。

転職エージェントに相談して転職活動を始めるのも手

30代で仕事ができないと悩んでいるのであれば、まずは転職エージェントに相談してみて、自分の今の職場環境に問題がないかどうか確認したり、より良い条件や環境で働けないかどうかを聞いてみて、今後のキャリアについて考えるといいかもしれません。

転職エージェントでは登録後にキャリアカウンセリングを受けられますので、転職するべきかどうかプロのアドバイザーから冷静な判断をもらうことができます。

もし転職エージェントを利用する中で自分が活躍できるイメージの持てる仕事が見つかれば転職してみるのもいいですし、今の職場で続けてみようと思えるきっかけも得られるかもしれないので、いずれにしても悪い結果になることは少ないことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました