30代になって「仕事ができない…」と悩むあなたへ。仕事に対する考え方の過ちとは?

はじめまして。

20代後半で30代の上司を差し置いて出世してしまい、仕事のできない上司から恨みを買ってしまったヒビキと申します。

そんな私ですが、部下や上司、あるいは知人などから「仕事ができない…」という悩みに答えていくうちに、転職アドバイザーとして転職した経歴を持ちます。

さて、そんな私ですが、多くの悩めるビジネスマンの「仕事ができない…」という弱音を聞いてきました。

もちろん、頼ってくるものは拒まず、ありとあらゆる人の悩みをしっかり聞いてきました。

そして、出た一つの結論があります。

「別に、仕事できなくてもいいんじゃないの?」

これを言うと、相談者から「それじゃ答えになってねえだろ!」とよく怒られていたのですが、実際そういう結論になるのだから、これはもう仕方ないとしか言い様がないんですよ。

そして、今回はあえて「30代」に的を絞って答えています。

というのも、20代と比べて30代の「仕事ができない…」という悩みは深刻だから

周りとガンガン差がつく年頃ですし、20代の優秀な若者がガンガン追いついてくる恐怖もありますからね。

そして、上司や人事、会社からのプレッシャーもあります。

30代は、一番社会人として成長する時期でもあり、その分つらい時期です。

そんな仕事盛りの30代で「仕事ができない…」と悩む方に、とっておきの考え方を紹介していきましょう。

「30代にもなって」という年齢意識は捨てるべき

まず、私がよく思っていたことなのですが、なぜか30代の「仕事ができない…」と悩まれている方は”30代にもなって…”という、年齢を気にされます。

ちょっと、厳しいことを言っておくと「年齢が〜」なんて言っている時点で、ちょっとズレてますし、それが「仕事ができない」理由になってるんじゃないかな?…と思うんですよね。

仕事には、年齢は関係ありません。

そりゃあ、会社は便宜上、目安として「この年齢ではこのポジションに就くべき!」と指示してきますよ。

でもね、よく考えてほしいんです。

会社で出世競争に勝ち残る人は、ごく一握りです。

どんなに優秀な人でも、チャンスを逃せば出世の席もとれません。

30代で成果を上げても、40代50代になって成果を上げ続けることが可能なわけでもありません。

いつまで、学生気分で「年齢が〜」だの言っているんですか?

部活じゃないんだから、仕事に年齢なんて関係ありません。

…すみません、言葉がキツくなりましたね。

ですが、それが「社会の真実」なので、厳しく言わせていただきました。

何歳になってもダメな奴はダメ。
逆に、新卒入社後から即才覚を表す人はぐんぐん伸びる。

…仕事の出来る・出来ないに、年齢がどうとか関係ないですよね。

では、なぜ「30代になっても仕事が出来ない…」と悩んでしまうのでしょうか?

答えは簡単です。

仕事に対する意識が、根本的にズレているからです。

いつでも「社会人一年目」というフレッシュな気持ちを持つべき

「勤務経歴が長ければ長いほど、社内では優遇される」
「年齢が高ければ高いほど、敬われる」

こう勘違いしている人ほど「年齢が〜」とこだわる傾向があります。

何度も言いますが、学校の部活じゃないんだから、仕事に年齢なんて関係ありません。

本来であれば「30代になっても仕事ができない…」と悩むのではなく「このままじゃ、いつまで経ってもまったく仕事ができない」ぐらいに考えなければいけないわけなんです。

ハッキリ言ってしまうと、私はいつも「社会人一年目だと思って、仕事させてもらっている」ぐらいの意識でいます。

もう一度言います。

何歳になっても、社会人一年目だという意識を持って、仕事をしています。

これは、仕事をする上では超大事です。多分、私は死ぬまでこの精神で仕事に取り組み続けます。

ここをわかっていない人が、自分の能力やポジションを見誤ってしまうんです。

「30代だからこうあるべき」
「30代だからこの役職に就くべき」
「30代だから若者よりももっと仕事できるべき」

こういった心がけ自体は立派だと思います。

ですが、会社はあなたが成長してくれるのを待ってくれません。

もし、あなたが「30代だから〜」なんていう幼稚な理由で悩んでいるとしたら、それは「今まで同世代の人間が当たり前にしてきた努力を怠ってきたツケ」でしかありません。

厳しい現実ですが、これを受け止めなければ話になりません。

そもそも「仕事ができない人」の方が圧倒的に多数

ちょっと出だしからキツくなってしまいましたね。

ですが、安心してください。

世の中には「仕事ができない人間」の方が圧倒的多数なんです。

周りに比べたり、上司の叱責を聞けば「自分は仕事ができないんだ…」と思うかもしれません。

ですが、上司は上司、あるいは同僚は同僚で、同じように「仕事ができない…」と悩んでいるんです。

だいたい、日本の企業はすんごい合理的なので「バカでも無能でも、経験値積めば一定の仕事がこなせる」ように出来ているんですよ。

実際、大したことしてない口だけ中年オヤジでも、長年勤めていればそれなりに仕事はこなせちゃいますから。

でも、それこそが「組織で働く」ということの、素晴らしさなんですよ。

自分一人で出来なければ、誰かにフォローしてもらえばいい。

その代わり、誰かが出来ないところは、自分がフォローする必要がある。

「仕事が出来ている」ように見えて、実は「自分一人だけでは、仕事ができない人々が支え合っているだけの集団」が、組織の正体なんです。

実際、仕事できる風のサラリーマンだって、家事はダメダメで妻に任せっぱなし…みたいな人も多いですからね。

「仕事ができない」自覚があるなら、少しずつ改善していこう

「仕事ができない」自覚があるなら、少しずつでもいいから改善していかなけば、ドンドン若者に先を越され、同年代からも引き離されていくハメになります。

ただし、前にも言ったとおり「30代だから〜」なんて考え方をしていては、いつまで経っても成長できません。

仕事の出来る・出来ないに、年齢は関係ありませんから。

…としつこく言っても、年齢のことを気にする人は、いつまでもズレたところで悩み続けることになります。

例え話をしましょうか。

フィギュアスケート=仕事だとしましょう。

職場に新人として、オリンピック金メダリストの羽生結弦くんがやってきます。

あいつは20代であんだけやってるのに、お前はまともにリング滑れないじゃないか!」と言われたとして、普通は「彼と比べられても困ります!」と思いますよね。

それと同じことなんですよ。

あなたが同年代の社会人と比べて伸び悩んでいるのは、オリンピック金メダリスト級の社会人と自分を比べているようなものです。

つまり、無意識に「自分は30代なんだからこれぐらい出来て当たり前…なのに出来ない」と悩みを抱えているわけなんですね。

「リングを滑れるようになる」という基本を怠って、いきなりトリプルアクセルに挑戦しても、絶対に上手くいくはずがありません。

「30代になっても仕事ができない〜」と悩んでいるのは、そういうことですよ。

仕事の基礎的な考え方、あるいは基本的な努力がまったく欠けている。

だから、いつまで経っても空回りし続けて、仕事も上手く行かないんです。

基本を一からやり直そう!

もう一度言いますが「仕事でつまづいたら、社会人一年目になった気持ち取り組む」ことが大事です。

この気持ちがあれば「30代だから〜」なんて考えは出てこないでしょう。

プライドなんかぶん投げて、ゼロから学ぶ姿勢が必要です。

  • 誰よりも早く出社して仕事に取り組む
  • わからないこと(習得できないこと)はしつこいぐらいに聞きまくる
  • それでも出来なければ、付きっきりで指導してもらうように頼む
  • 自分で出来ない範囲は他人に頼んで、隙を見て教えてもらう
  • 暇ができたらガンガン新しい仕事に取り組む

おそらく、30代にもなって「仕事ができない…」と悩んでいる方は、こういった貪欲な仕事に対する姿勢を、今まで怠ってきたのではないでしょうか?

…というか、私が相談を受けた方は、ほぼ全員が「そこまでしてない」と答えてましたからね。

「いや、そこまでする必要ないでしょ…」と答える人もいますが、私はこう返してました。

「なんで”自分は仕事出来ない”ってわかっているのに、気持ちや行動でカバーしないの?」

これを言うと、だいたいみんな黙るか、言い訳しますね。

…まあ、そういうところなんですよね。差が出るのって。

優秀な社員や要領のいい社員であれば、ダラダラしているように見えても、やることはしっかりと終わらせます。

なので、別に早く出社したり、しつこく他人に聞く必要はありません。

しかし、そうでないなら、気持ちや行動でどうにかするしかないんです。

はい。

明日から社会人一年目の気持ちになって、誰よりも早く出社しましょう!

「仕事ができない」ことで苦しんでいるなら転職も考えておこう

…と、厳しく言ってきましたが「仕事ができない…」と苦しんでいるのであれば、もっと楽に働ける環境に転職することも考えておくべきでしょう。

ちょっとキツイ言い方になりますが「何をやってもダメな奴はダメ」なので、そういうダメな方でも周りからサポートしてもらえる職場環境に移ることも、大事ですよ。

「自分一人で何からなんでも覚えろ!」という会社もありますが、エスパーじゃないんだから、一人でなんでもかんでも出来るようになるのは、無理です。

それも要領が悪い人ならなおさら。

たまに「過剰に期待されて苦しんでいる」という人もいます。

逆に優秀すぎるのに、なんでもかんでも引き受けてしまって「仕事ができない…」とスランプに陥っている方もいらっしゃいます。

そういうケースバイケースなので、一度転職を考えて、今の職場で求められているものが、あまりにハードルが高すぎないか見極めておくべきでしょう。

前にも言ったとおり、フィギュアスケート初心者がオリンピック出場選手になってしまっても、絶対についていけませんからね。

しかし転職して、水泳選手になれば、長時間泳ぐことも苦痛ではないことがわかるかもしてません。

つまり「適材適所」ってヤツですね。

たとえば、私が転職アドバイザー時代に担当した「仕事中に雑談とか交えないと、集中できるないんですよ〜」と言ってた女性の話をしましょう。

その女性は「沈黙や緊張感が苦手」「他人の視線や期待が怖い」という悩みを抱えていました。

彼女は仕事のミスが多かったそうです。

そんな彼女ですが、勤務中の雑談の多めの職場に転職すると、気軽に上司や先輩に相談できるようになって、ぐんぐんと成長していきました。

いやあ、我ながらナイスな転職先の提案だったと思ってます。

人間、何にしても「自分に合った環境」というのが一番なんですよ。

転職エージェントでプロのカウンセラーに相談してみよう!

どうしても「30代にもなって、まともに仕事ができない…」と悩まれているであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーにカウンセリングしてもらうといいですよ。

「今の自分の仕事は本当に合っているのか?」
「私が仕事ができないのは環境が悪いのか?」

こういった質問をプロのキャリアアドバイザーに聞いておくだけでも、心がグッと楽になります。

私も転職アドバイザーをしてましたが「仕事ができない」と悩んでいる方は、自分の責任ではないことまで、自分の責任のように考えている節がありますからね。

話を聞いていくと、

「職場の労働環境が異常すぎて人手が追いついてない」
「上司や先輩の指導が悪い」
「そもそも、採用時に人事が本人の能力をしっかり把握していなかった」

…という感じで、会社側にも責任があることも、少なくはありません。

そういった方は、転職して職場環境を変えれば、途端に仕事ができるようになりますよ。

「仕事ができない…」と自分を責める前に、まずは転職エージェントに相談して、本当に自分に合った職場を見つけてみましょう。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ