転職エージェントを賢く使うコツ!知らないと9割損するテクニックとは?

当サイトでは転職情報を紹介したり、転職エージェントの利用をオススメしていますが、必ずしもすべての人が転職が上手く行くわけではありません。

転職を成功させるためには、的確なアドバイスをくれる人や密接に連携して転職活動の方向性を修正してくれる人がいなければ難しいのが実情です。

当サイトでは何人かの転職希望者を募り、転職エージェントを利用しての年収アップを実現するまでの過程を詳細に報告してもらい、より多くの読者が転職を成功させるために知っておいて欲しい情報を厳選しております。

あらかじめお伝えしておきますと、この記事で公開している情報は有料記事や書籍にも見劣りしないレベルで、転職エージェントを通して年収アップを成功させた人も確認済みのものなので、効果は間違いなく保証できるものだと自負しております。

ですので、もしよろしければこの記事をブックマーク登録したり、SNSでメモ代わりに共有するなどして、効果的にご活用ください。

スポンサーリンク

転職エージェントを賢く使うには自分だけが得しようと思わないこと

転職エージェントを賢く使うために心がけておきたいことは「自分だけが得しよう」とは思わないことです。転職エージェントの悪評や批判を見ていると多くの人が自分だけが得しようとする転職エージェントを使いこなせていないと感じます。

▼転職エージェントで自分だけ得しようとしている人の考え方

  • 登録した後は受け身でいるだけで優良求人が届くと考えている
  • すべて担当者に投げて自分の要望は伝えていない

総じて言えば、転職エージェントの担当者を上手く動かせていないと言えます。

転職エージェントはスマホ/PCだけで登録できますが、実際にやりとりするのは人間相手であることを忘れてはいけません。とくにエージェント担当者と密接に協力し合えるかどうかは、転職エージェントを通す上では非常に重要になってきます。

面接先企業とのやりとりもエージェントを仲介することになりますが、そこでエージェントの担当者がやる気を出してくれるかどうかは、利用者がエージェント側の担当者と協力し合えているかどうかにかかってきます。

エージェントで優遇されやすいのは「経歴がある人」ではなく「意欲の高い人」

転職エージェントを賢く使う上で覚えておきたいのは、転職エージェントで優先して対応してもらいやすいのは「経歴がある人」ではなく「意欲の高い人」です。

多くの人が勘違いしがちですが、自分の経歴やスキルが転職可能なものかどうか決めるのは自分ではなく、転職エージェントや企業の人事側の判断です。

ただし、書面上の経歴やスキルはあくまで紹介してもらえる求人の参考になる程度で、そこから先の転職活動は利用者側に意欲があるかどうかですべてが決まります。

▼転職エージェントに意欲を見せるには?

  • 転職期間を最短に設定しておく(多くの場合は3ヶ月)
  • 最初の面談まではスピーディーに済ませる
  • 面談後の連絡対応もこまめに行う
  • エージェント側が返信を返さなかったらこちらから再度問い合わせる

これらはビジネス対応の基本と言えますが、転職エージェント利用の際に出来ていない人が意外と多いです。逆に、上記のようなビジネスにおける連絡対応の基本が出来ている人は、転職エージェントでもまず意欲の高い利用者として扱われ、積極的なサポート対応をしてもらえます。

意外と見落としがちですが
こういった部分でチャンスを逃してる人って
転職エージェント限らずどこにでもいますよね…

転職エージェントの担当者は複数人の利用者を抱えているので
意欲の高い人から優先的に対応するからね

転職エージェントを利用する際に忘れないでいて欲しいのが、エージェントの担当者は複数人の利用者を抱えているため見込みの高い人から優先的にサポートします。

どれだけ経歴のある人材であっても、メールでの返信率が低かったり、ハッキリと要望を伝えてない、あるいは連絡機会が少ないとなると転職見込みの低い人として扱われて当然です。

転職エージェントでは「経歴」よりも「意欲」の方が評価されやすい

エージェントの担当者にはこまめに連絡をすると好印象

転職エージェントを賢く使うためには、担当者とこまめに連絡を取り合うことが大事です。

前述の通り、しっかりと連絡を取るだけで他の利用者よりも意欲の高い人材として見られる上に、以下のようなメリットにも期待できます。

  • 見落としがちな情報やアドバイスをもらえる
  • 最新の求人情報を優先して紹介してもらえる
  • 担当者側に名前を覚えてもらえるのでサポートの優先度が上がる

上記のようなメリットも踏まえると、転職エージェントでは率直に自分の要望や意志を伝えておく方が得られる情報も機会も多いことがわかってくるはずです。

逆によくある失敗例が、転職エージェントに要望を伝えなかったり、求人紹介待ち

基本的に、転職エージェントは初回の求人紹介で応募しなかったり連絡が途絶えた登録者に対しては、それ以降は連絡してこなくなることがほとんどなので、自分側からこまめに連絡を取るといいでしょう。

最近は電話面談/メール対応だけで済むことも多くなったが
その分、連絡はこまめに取ることも大事だということだな!

1回だけ面談参加するよりも連絡頻度を増やす方が
担当者から名前を覚えてもらえる機会にもなりますもんね…

エージェントの提案求人やアドバイスが絶対とは限らない

転職エージェントを賢く使うには、エージェント担当者との連携が大事なのは間違いありませんが、必ずしもエージェントの提案求人やアドバイスが絶対とは限らない点には注意です。

担当者と合わない場合は交換も検討
転職エージェントを複数社併用しておく

また、転職エージェントのサポートの欠点として、

  • 今の仕事の悩みに関してのカウンセリングには弱め
  • 「辞めるかどうか」ではなく「辞めること前提」で話が進む
  • 職務経歴書/面接のための自己分析は自分で行う必要がある
  • 企業研究/業界分析は自己学習が必要なことが多い

…という点も事前に知っておきたいです。

「辞めようかどうか迷っている」という段階の相談は
エージェント側からすれば「転職しない人」と判断されやすい

もちろん、内定がもらえないのであれば今の仕事を続ける選択肢も残せますが、前提としてエージェント側は「内定を決めて転職する気がある」と思ってサポートを進めていきます。ですので「今の会社は辞めない方がいい・続けた方がいい」というアドバイスは、よほど転職が難しい場合や希望条件が高すぎる場合のみしか期待できない点には注意。

職務経歴書を書く際の「自己分析」や業種の動向を掴むための「業界分析」に関しては、エージェント担当者も詳しく教えてくれないことも多いので、自己学習が必要なことが多いです。

自己分析や業界分析は
ビジネス書や経済誌を参考にしておくといいですよ

自己分析/適職診断に関しては、最近では転職サイトの診断ツールも高度化しており、とくにミイダスの診断ツールは非常に完成度が高いので、登録しておく価値ありです。

ミイダスでは職種診断、性格診断、上司と部下の相性診断など、非常に高度で詳細な自己分析ツールが用意されており、診断結果も数値化されるので感覚的にも理解しやすいかと思います。

ミイダスPDF

ミイダスの登録はこちら【完全無料/登録1分】

面接前にエージェントから企業側の情報を仕入れておく

転職エージェントを賢く使い採用率を上げるためにしておきたいのが、事前に企業側の情報を仕入れておき面接対策をしておくということです。

とくに以下のような情報は、エージェント担当者に聞けば事前に教えてもらえることが多いです。

  • 面接官の人柄/役職と面接時のアピール内容
  • 企業側の募集意図
  • 他の応募者の数

転職活動時の面接は3次面接まで行われることが多く、それぞれ対応する面接官の役職が異なるため、質問の回答は変えるのが定石です。また、面接官の人柄や性格によっては対応方法も変わってくるはずなので、事前に情報を仕入れて対策を練っておくと緊張せずに済むはずです。

また、企業側の募集意図を事前に聞き出しておけば、求人票だけからは見えてこない情報もわかるはずなので、これも事前に確認しておきたいです。

転職エージェントの利用者で見落としがちな「他にも応募している人がいる」という情報も仕入れておけば、事前に採用見込みがあるかどうかも判断でき、採用見込みの低そうな求人は辞退して他の求人応募に時間を割くという選択肢も出てきます。

担当者が事前情報を教えてくれない場合はどうすればいいですか?

上記のような情報は聞けば答えてくれる担当者が多いですが、中には教えてくれない担当者もいます。そのような担当者は他の部署に連絡せずに自分が知らない情報を調べようとしない人である可能性が高いと言えます。

ですので、直接「他の部署や社内の知っている人間に確認をお願いします」とまで念入りに伝えておけば、動いてくれるかもしれません。

いずれにせよ、事前情報が得られるかどうかで採用率が変わってくる以上、面接で時間を割く利用者側には遠慮なくエージェント担当者に動いてもらうのに過度な配慮をする必要はないはずです。

必要とあれば、多少は強引な方法でエージェント担当者に動いてもらうことも、賢く使うためには大事なことです。

内定をもらってからがエージェントの本領発揮

転職エージェントをさらに賢く使うためには、企業から内定をもらった後も油断せずにエージェントの担当者に動いてもらうことが大事になってきます。

内定後に知っておきたいことは、以下の通り。

  • 内定は複数社もらっても構わない
  • ただし辞退する場合は念入りに丁寧な対応をしておく
  • 年収交渉は内定後にエージェント経由で行うと効果的

内定は複数もらっても問題ありませんが、辞退する場合はエージェント・企業側にしっかりと断りを入れて、角が立たないようにしておくといいでしょう。

また、年収交渉をするタイミングとしては内定後にエージェントを通して企業とやりとりするのが一番です。

というのも、企業側は採用段階では見積り年収を下げての採用とすることが多いので、内定後にエージェント側を通して年収交渉しておけば、企業側が想定している人件費予算の最大額まで上げてもらえるチャンスなので、内定後はダメ元で年収アップについてエージェントの担当者に連絡しておくといいでしょう。

そんなに簡単に年収って上がるんですか?

内定後は企業側としても
「辞退されるとまた面接からやり直しだ…」と
めんどくさいのであっさり年収交渉には応じてくれるのさ

内定が決まった段階では、企業側の採用意欲は非常に高い上に、辞退されると時間面で損失になるため、年収交渉には応じやすい状態にあると言えます。ですので、内定が決まった後は必ずエージェントを通して年収交渉をしておき、少しでも有利な状態で転職できるようにしておきましょう。

うーん、、、
年収が上がったら転職後に変に期待されて
過剰に仕事を押しつけられたりしませんか?

ぶっちゃけ年収が上がろうが上がらなかろうが
入社後の扱いは大して変わらないので
上げられるなら上げておいた方が得だろ?

年収が上がったからと言って、転職後の扱いが変わるかどうかで言えば、そこまで大きく変わらないことがほとんどなので、年収交渉は必ずしておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました