競馬・乗馬関連の仕事で働くには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポンサーリンク
▼未経験からエンジニアになれるサービス▼

競馬・乗馬関連の仕事にはどんな仕事がある?

競馬・乗馬関連の仕事には、具体的には以下のような仕事があります。

  • 競馬騎手
  • 厩務員(きゅうむいん)
  • 競馬調教師
  • 馬の生産牧場・育成牧場スタッフ
  • 乗馬クラブスタッフ

それぞれ、詳しく解説していきます。

競馬騎手

競馬騎手とはその名の通り、競馬に乗ってレースを行う騎手のことを指し、プロスポーツ選手です。
日本中央競馬会(JRA)の競馬騎手の年収は平均1千万円、トップクラスは2億円前後と言われている、夢のある職業です。
競馬騎手になるためには厳しい条件が存在し、仮にプロとしてデビューしても、成績を上げていかないと出場するチャンスをつかめず、収入にもつながらないこともある不安定な仕事だと言えます。
プロになってからの絶え間ない摂生と努力は、他のプロスポーツ選手同様必須です。
競馬騎手になる人の経歴ですが、家族に競馬関係者がいて物心のついた時から周囲に競走馬がいた、幼少の頃から乗馬をしていた都会という環境で育った騎手は多いため、家庭環境に恵まれていることは適性の一つになるかもしれません。
その一方で、乗馬経験がほとんどないにもかかわらず、競馬学校に入学して、人気騎手になって活躍している人も少なくはありません。
必要なのは、アスリートとしての能力や才能、意識の高さ、そして何より熱意だと言えるでしょう。

厩務員(きゅうむいん)

厩務員とは、厩舎において競走馬の日常の飼養管理や、馬体の手入れ、馬房の清掃などを行うスタッフのことです。
中央競馬では通常、1人で2頭の馬の世話をすることになります。
また、世話をしている競走馬がレースに出走する際には、競馬場まで同行することもあります。

競馬調教師

競走馬の管理・トレーニングを統括するのが競馬調教師です。
馬主から1歳前後で馬を預かり、競走馬に鍛え上げるための調教や飼養管理を行うことで、預かった馬の素質をできる限り伸ばし、レースまでに心身ともにその実力を発揮できる状態にします。
競馬調教師に求められるのは、何といっても調教している馬のすべてを把握すること。
その馬を愛し、丹精を込めて育てていかなければ、思うように調教していくことはできません。
調教師になるには「騎手→調教師」というケースと「厩務員→調教厩務員→調教助手→調教師」というケースの2つが大半を占めます。
厩務員からステップアップしていくには、調教師からの推薦・申請が必要です。
いずれにしても厩務員になるのが第一歩となるでしょう。

馬の生産牧場・育成牧場スタッフ

競走馬と関わる仕事をしたいのなら、北海道などにある馬の生産牧場・育成牧場のスタッフとして働くのも選択肢の一つです。
中央競馬の場合、競走馬の休養や調整をするトレーニングセンター近辺の育成牧場には、短期休養や調整中の現役競走馬も数多く預けられているので、そうした育成牧場のスタッフとして働くのも一つの手です。
ただし、このような牧場で働くにしても、当然ながら競走馬に関する深い知識と高度な技術が必要となります。
未経験でもOKなこともありますが、その場合は現場で様々な知識と技術を身につけていくこととなります。
中央競馬や地方競馬の正式な厩務員のになるのは大変ですが、生産牧場・育成牧場のスタッフなら比較的なりやすいと言えるでしょう。

乗馬クラブスタッフ

一般の人が乗馬を楽しむための乗馬クラブで働くスタッフは、そこで客を指導して、騎乗料や指導料を受け取ったり、客の馬を預かって預託料を受け取ったりして収入としています。
乗馬クラブのスタッフは、客の安全を確保しながら乗馬を楽しんでもらうという接客業、あるいは指導者としての一面と、馬の世話や管理、調教といった仕事を合わせて受け持つことになります。
そのため、早朝から夜中まで結構な重労働をこなさなければならない、ハードワークだと言えます。

競馬・乗馬関連の仕事で働くためにはどうすればいい?

騎手や厩務員として働く場合、競馬会の運営する学校に通う必要があります。
また、調教師になる場合は、騎手か厩務員としてのキャリアを経験した上で調教師となるのが一般的なのはすでに紹介した通りです。
一方で、馬の生産牧場で働く場合は未経験からでもOKなこともあり、乗馬スタッフの場合も同様となります。
それぞれ、詳しい条件について解説していきます。

騎手になるためには?

騎手になるためには、千葉県白井市にある中央競馬会(JRA)の競馬学校入学し、約3年間寮で暮らす生活をしながら騎手になるための騎手課程で指導を受けなければなりません。
競馬学校の受験資格は、入学時に中学卒業以上の学歴、またはそれと同等の学力を持っていることに加え、入学する年の4月1日現在で20歳未満であることが条件のため、若いときにしかチャンスはありません。さらに、体重や視力などの制限もあるため、身体面でも恵まれている必要があります。
一方で、地方競馬の騎手はトップクラスでも年収500万円程度だと言わてますが、こちらは土地栃木県那須塩原市にある地方競馬全国協会 (NUAR)の地方競馬教養センターで2年間学んだ後、騎手免許試験をクリアする必要があります。(受験資格はJRAとほぼ同じ)
いずれも、最後に騎手免許試験を受けて合格して初めてプロ棋士としてデビューすることになります。

厩務員になるには?

日本中央競馬会(JRA)の厩務員になるには、JRAの競馬学校の厩務員課程を卒業後、日本調教師会の採用試験に合格することが必要となります。
競馬学校の厩務員課程を卒業後、日本調教師会の採用試験に合格することが必要です。
競馬学校の応募資格は年齢が28歳未満で、1年以上の実務経験(乗馬経験、牧場での乗馬経験)などと厳しめです。
一方、地方競馬の場合は、そうした特別な就学などは必要なく、各厩舎の調教師と直接雇用契約を結ぶことになります。

馬の生産牧場・育成牧場スタッフ

馬の生産牧場・育成牧場のスタッフとして働くために必要な資格や条件はありませんが、馬に対する知識や乗馬経験があった方が有利になりやすいのは間違いありません。
ただ、こればかりは牧場側の人員状況次第ですので、まずは馬の生産・育成牧場を見つけ出し、採用を行っているかどうか連絡して確認してみるのが一番でしょう。
明確な採用基準が存在しない以上、騎手や厩務員よりは未経験からでも就きやすい仕事ですので、気軽に挑戦してみる分には損はないはずです。

乗馬クラブスタッフになるには?

乗馬クラブスタッフになるには、明確な基準や定番のキャリアルートはありませんが、求人誌などに出ることはあります。
また、意外と物を言うのは人脈で、たとえば、大学で馬術部などに所属すれば乗馬の技術を身に付けることができ、人脈をたどって求人情報を入手できることもあります。
出回る求人情報の少なさを考えると、乗馬クラブをくまなく探してまわり、直接採用してもらえないか連絡して回るのが一番の近道でしょう。

競馬・乗馬関連の仕事で働くために必要な資格やスキル

競馬関連の仕事に就くために必要な資格があるわけではありませんが、前述の通り、競馬学校に通い試験に合格する必要があります。
騎手・厩務員のどちらを目指すにしても、中央競馬会の運営する競馬学校に通わなければならないため、実際に働くまでのハードルは高いと言えます。
一方で、競走馬の生産を担う牧場や地方競馬会であれば採用条件はゆるく、資格や経験がなくても働けるチャンスがあります。
競馬にこだわらず、乗馬クラブなどで働くのであれば、特別な資格や学校に通う必要はありません。

競馬・乗馬関連の仕事に向いてる人は?

  • 馬が好き
  • 世話好きである
  • 乗馬経験がある
  • 根気強さや忍耐強さがある
  • 20歳未満、または28歳未満である

競馬・乗馬関連の仕事は、その間口の狭さやキャリアでのつぶしの利かなさを踏まえると、よほどの馬好きでなければ向いてないと言えるでしょう。
騎手以外の仕事の場合、馬の世話や管理が主な業務内容となるため、世話好きであることも適性のひとつです。
乗馬経験があった方が何かと有利になりやすいため、乗馬経験がある方は積極的に就職活動の際もアピールしてみるといいかもしれません。
騎手・厩務員・調教師いずれになるにしても、競馬学校に通う必要があることを考えると、根気強さや忍耐強さも必要です。
逆に言えば、騎手以外は競馬関連の仕事で働く意志さえあれば、年齢制限(騎手20歳未満、厩務員28歳未満)に引っかからない限り、競馬学校にさえ通えば特別な才能や資格がなくても厩務員や調教師になれるチャンスがあるとも言えます。
何が何でも馬と関わる仕事がしたいという人であれば、学歴や能力問わず働けるチャンスがあるという点では、高度なスキルの必要な職種よりも求められる適性はそこまで多くないと言えるでしょう。

競馬・乗馬関連の仕事と関連性の高い職業は?

競馬騎手はプロスポーツ選手に分類されるため、アスリート全般と関連性が高いです。
厩務員や調教師の場合、動物の飼育や管理を行う仕事全般と業務内容が一致します。
同じ「動物を育てる」という仕事で、将来的なキャリアの選択肢を広げたいのであれば、ブリーダーや畜産関連の仕事が一番の発展性が見込めるでしょう。
単純に「馬に関わる仕事がしたい!」というのであれば乗馬インストラクターという仕事も存在します。
馬の産地で働くことも考えると、観光業界にてインストラクターやガイドとして兼業する選択も考えられます。
いずれにせよ、競馬関連の仕事で働く場合は、中央競馬会の学校に通う必要があり、業界的にもキャリア的にも非常に狭い範囲で働くことになるため、今後の自分のキャリアをしっかり決めた上で行動するといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました