転職したいのにやる気が出ないならこれだけはしておけ!無気力でもモチベーションに維持せずに転職活動を進める方法とは?

転職活動をしたい/始めたのに無気力でやる気が起きない人は少なくありません。

転職をしたいのにやる気が出ないのにはどのような原因があるのでしょうか?

また、どのようにしてモチベーションを管理するべきなのでしょうか?

この記事では転職活動でやる気が出ない人に向けて、考え方や具体的にやるべきことをご紹介していきます。

スポンサーリンク

転職活動はめんどくさいことだらけなのでやる気が出なくて当然

実際、転職活動って始めてみるとクッソめんどくさいんですよね。

それには以下のような、めんどくせえ過程があるからです。

転職活動のあまりにめんどくさすぎる過程

  • 転職情報集め(ネットのクソみたいな情報群から有用な情報集めする苦行)
  • 履歴書作成(字を丁寧に…)
  • 職務経歴書作成(どう書けばいいかわからない)
  • 自己分析(自分のいいとこなんか知らんわい)
  • 業界分析・企業研究(参考になる情報がない)
  • 面接(外に出るのめんどくさい)
  • 退職手続き(引き継ぎとか根回しめんどくさい)
  • 入社手続き(新しい環境になじむのめんどくせー)

こんなん、在職中に貴重な休み使ってやるとか、絶対無理無理無理。

まあ、最近は「転職エージェント」を使えば、プロのサポートを経て効率よく転職活動出来ますが、それすらめんどくさい気持ちも…まぁ、わかります。

…が、この記事にたどり着いたような読者は心のどこかでは「やる気を出したい!」と望んでいるはず。

というわけで、世界一やる気のない管理人が、転職活動でやる気を出すための考え方をご紹介していきます。

転職活動で無気力/やる気が起きない理由は?

転職活動でやる気が起きない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

▼転職活動でやる気が起きない原因

  • 今の仕事が忙しすぎて空いた時間にやる気が起きない
  • 転職/キャリアの情報が溢れすぎていてどれを参考にするべきかわからない
  • 魅力的な仕事や活躍できるイメージの沸く職場が見つからない

今の仕事が忙しすぎて空いた時間にやる気が起きない

転職活動でやる気が出ない原因としては、単純に今の仕事が忙しすぎて転職活動の時間が取れないというものが考えられます。

▼今の仕事が忙しすぎて転職活動にやる気が出ないケース

  • 平日出勤なので休日に転職エージェントに相談ができない/面談日程が組めない
  • 残業ばかり/休日出勤の多い会社で精神的に休まる時間がない
  • 不定休/シフト制など日程が不安定なので転職活動のスケジュールが組みにくい

上記のように、今の仕事が忙しい場合は転職活動にやる気が出ないものです。

それも、現職が「どうしても辞めたい…」というわけでもなければ、生活は維持出来ているわけですから、わざわざ時間をかけて採用されるかどうか不安定な転職活動を行う必要性は低く、優先度も下がってしまうはずです。

ただ、そのような状況であっても、転職を成功させる人は在職中に並行して転職活動を行っています。

▼今の仕事が忙しい場合に転職活動でやる気を出すには?

  • 休日/平日夕方以降に営業している転職エージェントを使う
  • 有給休暇を取得して転職活動の時間にあてる
  • 電話/メール/アプリを活用して転職エージェントで隙間時間を使って活動する
  • 先に日程を決めてしまい、やる気関係なく行動出来る体制を整えておく
  • どうしても無理な場合は一度退職し、失業手当を受けとりながら転職活動する

ここで重要になるのは「スケジュール管理をしっかりする」「転職エージェントを活用して隙間時間でも転職を進められるようにしておく」の2点です。

「今の仕事が忙しい」と感じていても
スケジュール帳で使える時間を記入してみると
意外と使える時間が多いと気づくこともあるはずだ!

出社して家に帰って寝ての繰り返しだと
どれぐらい自由に時間が使えるか気にしませんもんね…

仕事があまりに忙しいと「自分はどれだけの時間が自由に使えるか?」も忘れがちです。

ですので、まずは転職活動のおおよそのスケジュールを立てることを第一目標としてみて、忙しい中でも上手く時間のやりくりができる体制を整えておくといいでしょう。

転職/キャリアの情報が溢れすぎていてどれを参考にするべきかわからない

転職活動で無気力になってしまうのは、転職/キャリアの情報がネット上にあふれすぎていて「何から始めればいいかわからない…」「どの情報を参考にすべきかわからない…」と悩み過ぎて行動に踏み切れないという原因もあります。

当サイトでも様々な転職/キャリア情報を掲載しておりますが、必ずしもすべての人に当てはまる情報というわけではありません。

というよりも、より個人個人に合わせたキャリアプランを提示するのであれば、カウンセリングやヒアリングを重ねなければ無理なので、どうしても抽象的かつ一般論に落としこんだ情報になってしまうものです。

それじゃあどの転職サイトを参考にすればいいんですかね?

そもそもで言えば「転職サイトの情報ですら参考にならない」ので
そこに気づかなければ情報を調べたままの状態から抜け出せない…

転職関連の情報に関して言えば、公式サイトの情報ですらその会社の社風や方針で参考にならないこともあるので、自分のキャリアに合った情報かどうかの見極めが非常に難しいと言えます。

その結果、自分に合った情報や具体的にどうすべきかの情報が見つからないまま、転職活動に踏み切れない状態が続いてしまうのです。

魅力的な仕事や活躍できるイメージの沸く職場が見つからない

魅力的な仕事や自分でも活躍できるイメージの沸く職場が見つからないことも、転職活動でやる気が下がる原因かもしれません。

多くの場合、求人票だけの情報からその会社のイメージや仕事内容が浮かぶはずもなく、多くは広告的なキャッチ文も含まれるため、仕事内容を誤解したまま入社してしまうことも珍しくありません。

多くの優良求人は「非公開求人」として、人材会社がクローズドな状態で保持していることが多いため、ちまたに出回ってる求人は似たような仕事ばかりになりがちです。

また、転職情報を調べる場合は「成功した人の体験談」を求める方と「失敗した人の後悔の話」を求める方とで分かれますが、どちらか片方に偏らないように意識しておくことも重要になってきます

成功した人の体験談→脚色や極端な成功事例が目立つ、ポジティブだが批判的な意見がない
失敗した人の体験談→本人の転職活動や人格に問題がある、ネガティブな体験談が目立つ

転職サイト運営者の目線で言えば、自分と同じ年齢/似たような経歴以外の人の体験談はほとんど役に立たないと判断している上に、自分と似たような経歴/境遇の体験談は転職エージェントなどで担当者から直接聞く方が手っ取り早いので、読者の方も体験談を参考にし過ぎないように意識しておくといいでしょう。

無気力でも転職したいなら「やるべきこと」だけでも把握しておく

無気力で転職活動にやる気が起きない場合でも、とりあえずは「やるべきこと」だけでも把握しておくといいでしょう。

具体的な手順としては、以下の通りになります。

  1. 転職に際してやるべきことを把握する(ざっくりでOK)
  2. 自分でスケジュールを組んでみる
  3. スケジュール通りに動いてみる
  4. 行動してみて再度やるべきこと把握+スケジューリング調整の繰り返し

何度もお伝えしている通り「やるべきことの把握」「スケジュールを立てる」の2点に重点的に取り組み、行動日程を決めることから始めておくとやる気に依存せずに転職活動を進められます。

転職活動の具体的なスケジュールは、企業に応募したり転職エージェントを活用するなどして他人が関わることで決まっていくので、最初の段階ではざっくりで構いません。

企業側からスケジュールに関する連絡が来るたびに、適宜調整しておくクセをつけて、生活に転職活動に関する習慣を組み込んでおきましょう。

気をつけておきたいことは「何から始めればいいかわからない…」という状態に陥り、何一つ行動が進まないで転職活動が停滞してしまうケースです。

一度停滞してしまったらやる気を継続するのは難しくなりがちなので、やるべきことを把握した上でスケジュール通りに動くことを意識しておくといいでしょう。

無気力で転職活動に踏み切れない人
以下の記事でざっくりとやるべきことを把握しておこう!

モチベーション(感情/他人)に依存しないことで転職活動のやる気をコントロールする

ここまで徹底して「やるべきことの把握」と「スケジュールを立てる」の2点を強調してお伝えしていますが、その理由はモチベーションを感情/他人に依存しないことでやる気に左右されない転職活動を行うためです。

実行レベルでのスケジュールさえ一度組んでしまえば、毎日定時に出社するように、淡々と決まったことを行っていくだけで済みます。

また、転職エージェントをフル活用しておくことで、企業とのスケジュール調整をエージェント側で行ってくれるため、自分自身の空いた時間を把握しておけば、転職活動はよりスムーズに進むようになります。

でも万が一今の職場を辞められなかったり
急な要件が入ると考えると…

そういう場合は「まずは日程を決める」ところにだけ
焦点を当てて考えてみるといいぞ!

転職活動に無気力でスケジュールを立てることすら困難だと考えている場合は、まずは判断の最優先事項を「日程を決める」の部分に絞ってみるといいでしょう。

出社日はあらかじめ把握しておいた上で、転職エージェントの登録、面談スケジュール、企業との面接スケジュールなど「時間/日程を決める」ことで、やるべきことが明確となり行動する気力が出てくるはずです。

また、転職エージェントに登録したり求人に応募すれば、基本的には企業側からスケジュールを指定してくれるため、後は自分のスケジュールに合わせて調整/指定するだけで済みます。

意外と見落としがちな視点かもしれませんが、先にスケジュールさえ決めてしまえばやる気に依存せずに転職活動を進めやすくなるのです。

いきなりやる気が落ちて面談を断りたくなったり
転職をやめたくなったらどうすればいいんですか?

社会人としてそれはどうかと思うが
「決めた日程/時間は必ず守る」と決めておけばいい

当たり前の話ではありますが、転職エージェント/企業と転職に関するやりとりをする場合は、スケジュールの厳守は当然です・仮に決めた時間/日程を守れないなら事前に連絡を入れておくなど、社会人の基本を守る最低限の意識さえあれば、モチベーション以前の問題として済ませられるはずです。

ここだけの話ですが、無断での面談キャンセルや面接キャンセルが続くとブラックリスト入りもあり得ますので、一度決めたスケジュールは必ず守る意識、適度な緊張感を持って転職活動に臨みましょう。

転職活動でやる気が起きないなら転職エージェントを活用しておくこと

ここまで何度かお伝えしていますが、転職に対して無気力/やる気が起きない方は転職エージェントを利用しておき、具体的に転職活動で行うべきこと・スケジュール管理などについてアドバイスをもらっておくといいでしょう。

転職エージェントは電話面談からでも利用可能で、業者によってはスマホアプリだけでスケジュール管理/求人チェック/メール管理もできるようになっているので、効率の良さも年々上昇傾向です。

その他にも、転職エージェントでは面接対策から年収交渉まで、様々なサポートが無料で受けられるので登録しておいて損はないはずです。

タイトルとURLをコピーしました