【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

上司や先輩に口答えしてしまったらどうする?謝るべき?それとも放っておくべき?

「上司や先輩に口答えしてしまって気まずい…」
「上司や上層部のやり方が納得いかないで反論してしまった…」
「口答えしたことで職場で嫌われて仕事しにくくなったらどうしよう…」

このようにお悩みではありませんか?

職場で上司や先輩に口答えてしまうことは、誰にでも起こり得るミスです。

しかし、そのような事態が起こった状況を冷静に分析や反省することで、新たなことを学んで改善していくことはできます。

上司や先輩に口答えしてしまう原因として考えられるものは「日頃からのコミュニケーション不足」「今まで抱えてきたストレスや不満が爆発してしまった」「仕事に対する価値観や意見の食い違い」などが挙げられます。

また、リーダーシップが高い人や正義感・課題意識が強い人であれば「周りの不満や要求を代弁する」という形で、上司に対して物申すこともあります。その場合、静観を決め込んでいる周りの同僚も内心では「よくぞ言ってくれた!」と拍手喝采している可能性もあり、味方につけるチャンスだとも考えられます。

いずれにせよ、上司に口答えしてしまったことで関係は冷え込む可能性もあり、今後も職場でやりにくくなる可能性もあるわけですから、自分の立ち回りや仕事との向き合い方を考えておいて損することはないと言えるでしょう。

そこで当記事では、上司に口答えしてしまったらどうするべきか、なぜ自分自身がそのような暴挙に出てしまったのか、また、職場でのコミュニケーションや人間関係を改善するためはどうするべきかなど、ヒントになりそうな情報をまとめてご紹介していきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

「なぜ、上司に口答えしてしまったのか?」の分析や反省を行う

まず初めに「なぜ、上司に口答えしてしまったのか?」を冷静に分析・反省していくことが重要です。

たとえ、上司が100%悪いと思って口答えしたとしても、多くの場合はどちらにも悪いところがあり、両者の言い分も存在するものです。

また、そのように冷静に分析していくことで「上司が悪い」と思っていた問題も「会社全体の職場環境に問題がある」「自分自身のコミュニケーション方法にも問題があった」と様々な発見があるものです。

ここでは、上司に口答えしてしまうような状況の背景となった原因について考えられるものをいくつかご紹介していきますので、ぜひ、自分自身の置かれた状況や心理状態を見直すために参考にしてみてください。

日頃からのコミュニケーション不足

職場で上司に口答えしてしまう一因として考えられるのは、日頃からのコミュニケーション不足です。

たとえば、部下の立場からすると以下のような上司はコミュニケーションしにくい存在だと思ってしまうことでしょう。

  • 挨拶や雑談、細かい報告・相談・連絡などのコミュニケーションを行わない
  • 報告や相談などのコミュニケーションを試みても、十分な受け答えをしない
  • 日頃より話しかけづらい雰囲気を出している
  • 会議や食事、飲み会など、部下とのコミュニケーション機会を設けない
  • チャット・メール連絡が主体で直に話す機会を設けない

このような上司とは、意思疎通を図ったり仕事に対してフィードバックを得る機会が十分に与えられないため、不満が募りやすくなります。

逆に部下に「仕事しやすい」「相談しやすい」と感じさせる上司ほど、常日頃より基礎的なコミュニケーションを怠らないものです。ですので、口答えしてしまうような上司に上記のような業務態度がなかったか思い返してみるといいでしょう。

日頃からのストレスや不満の爆発

日頃から勤務中にストレスや不満を溜め込むような状態にある場合、蓄積した怒りが何かのきっかけで爆発し、その矛先が上司に向かうというケースがあります。

考えられるストレスの要因としては「仕事のプレッシャー」「過重な業務を割り振られる」「人間関係の摩擦やしわ寄せを押し付けられる」などです。

意見の食い違いや仕事の方針での対立

意見の食い違いや仕事の方針で対立した際、上司に口答えせざる得ない場面があります。

この場合は「口答え」というよりは「反論」「意見」「具申」と表現したほうが正確でしょう。

たとえ部下の立場としても一定の知識や経験を有して自信を持っている場合、上司の指示や会社の方針に疑問を抱き、異を唱えなたくなることはあるものです。

しかし、そういった正当性のある意見や反論であっても、素直に受け入れたくない上司や聞く耳を持たない上司が多いのも事実です。

上司にリーダーシップを感じない

上司の立場にある人間と言えども、必ずしもリーダーシップがある人物であるとは限りません。

中には、人として尊敬できない上司や日頃の業務態度や能力面から信頼できない上司もいるものです。

また昨今では、ハラスメント対策意識やコンプライアンス(法令遵守)意識も高くなっておりますが、その中でもハラスメント的な言動のある上司も不信感を抱かせる要因となります。

たとえば、過度な叱責や人格批判のような言動が目立つ上司は、一見すると部下の意見を封殺して言い負かせているように思われますが、内々には不満を抱えさせてしまうため、口答えだけで済むならまだしも、ハラスメントで告発されるなどのリスクを背負うこととなります。

上司と部下での役割や責任に対する認識のズレ

上司と部下の立場は異なり、仕事の役割や責任も異なります。そのことで生じる認識のズレも、口答えしてしまう要因となります。会社環境によっては「そもそもの役割や責任範囲が明確でない」という状態もあります。

よくある不満の例としては「一部の部下に仕事の負担が集中している」「上司が責任を取らずに部下に押し付ける」といったものです。

本来、上司が責任を持って決めなければならない指示や業務内容についても、部下に丸投げしているようでは、口答えしたくなる場合もあるでしょう。

職場環境や組織風土、社内方針が合わないことのズレ

「上司に意向=会社の意向」であると考えるのであれば、上司に口答えすることは社内方針や組織風土とのズレであるとも捉えられます。とくにトップダウン型組織で「上が決めたことに逆らわずにやる」という組織風土が強い場合、上の取り決めに従わない部下や社員は厄介者扱いされやすい傾向にあります。

※トップダウン~企業の上層部が意思決定をくだし、それに基づいて下部組織が動くという意思決定スタイルのこと。

逆に「ティール組織」と呼ばれる、上からの詳細な指示が出ずとも目的に応じて社員や部下が自由に動ける職場環境であれば、そもそも口答えする余地すらなく、それぞれが自分流のやり方で行っても仕事が成立します。

大半の会社や上司にとっては「上の指示に従うのは絶対」という暗黙のルールのようなものがあるので、上司に逆らって口答えする人間は異端児扱いされやすくなります。

上司に口答えしてしまった人の末路は?

ここからは上司に口答えしてしまったら起こる「その後」について、いくつかの考えられる展開についてご紹介していきます。

対人関係が絡む以上は「必ずこうなる」という保証はできませんし、実際には上司の人柄や影響力、会社方針や読者自身の社内評価によっても変わるものですが、今後起こるかもしれないことを前もって知っておくことでできる対策や心構えというものも変わってきます。

良い結果・悪い結果どちらになるにしても、万全の対策と心の準備が出来ているに越したことはないので、ここで紹介することを念頭に入れて行動するといいでしょう。

日々の仕事に対するモチベーションの低下

上司に口答えしたことで険悪なムードになったことで、仕事へのモチベーションが低下する可能性があります。またその結果として、自身の仕事の成果や生産性が下がってしまったり、チーム全体の成績が下る事態も予想されます。

また、上司が口答えしたことに対して良く思っておらず、コミュニケーション面でも支障をきたすと、以前にも増して仕事がやりにくくなりますし、それが原因で職場での余計なストレスや不満が増える可能性もあります。

周囲からの評価や信頼が下がる

口答えした上司のみならず、同じ職場の同僚や上司のその先の上層部からの評価や信頼が落ちる場合もあります。

同僚の場合は、口答えした上司が自分以外の同僚から信頼を得ている場合であったり、部下の好き嫌いが激しくえこひいきするような上司の場合、他の同僚からも厄介に思われて自分が不利になってしまうといった形です。

上層部や会社全体の場合、口答えしてしまった上司がより上への影響力を持っていたと仮定して、社内査定時に不当に低い評価をしてきたり、他の同僚に「あいつは仕事ができない」と貶めるような発言を行うといった形です。

結果として、職場内での自分の立場が不利になってしまったり、上司のみならず他の同僚とのコミュニケーションが困難になり、業務の進行の妨げになることが起こります。上司を敵に回したことで職場で孤立してしまい、チーム内での協力やサポートを受けられなくなることで被るダメージは無視できないことでしょう

ただ、元々職場の人間関係や雰囲気が悪かったり、コミュニケーションが希薄だった場合は、さほど影響がないこともあります。

出世や昇進の機会が得られにくくなる

出世や昇進の機会を得る可能性が低下することがあります。

前述の通り、上司の評価が落ちることで不当に社内評価まで下げられてしまったり、やり甲斐のある仕事を振られることがなくなったり、重要なプロジェクトに参加できる機会も減ってしまうことが予想されるからです。また、口答えしたことがきっかけで要望や要求も通りにくくなるといった事態も起こりえます。

その結果、キャリアとしても昇進や役職がつく機会を逃して滞ってしまったり、より重要な仕事ができずに経験やスキルを身につける成長の機会を失くしてしまうなど、長い目で見ても今の会社での活躍機会が奪われる可能性にも目を向けておく必要はあるでしょう。

部署替えや転属の対象になる、最悪解雇の場合も…

上司に口答えをしてしまったことをきっかけに、部署替えや配置換えの口実にされてしまうことも考えられます。

最悪の場合、いわゆる「閑職」「窓際族」と呼ばれる、雑用ばかりの仕事や社内でも価値が低い部署(大きな会社の場合は子会社など)へ当てつけとして「左遷」させられる事態もあります。とくに大きな組織ほど、暗黙的にそういった部署や人員配置が存在するものです。

また、雇用形態が解雇しやすい契約社員や派遣社員であったり、口答えした相手が社長や人事などの有力者であった場合、あの手この手で解雇するように仕向けてくる最悪の可能性も考えなければなりません。たとえば、気に食わない社員を閑職に追い込んで減給し、自主退職するまでジワジワと精神をすり減らしてくるような悪質なケースもしばしば見受けられます。

ただ、正社員の場合は会社法や労働法でも強い権利で守られているため、口答えした程度では解雇されることはないため、その点は安心してもいいでしょう。むしろ、口答えしてしまった上司との相性が最悪だった場合は、配置替えはありがたいとさえ感じることもあるかもしれません。

同僚や他部署との関係が良化する可能性も…

これはレアケースですが、口答えしてしまった上司が周りの同僚や他部署からも嫌われていたり厄介に思われている場合であれば、陰では「よくぞ言ってくれた!」と称賛される可能性もあります。

とくに他の同僚や後輩がいる場で、周りの不平不満を代弁して上司に言った場合は、上司を敵に回す代わりに周りを味方につける結果になることもあります。

上司が頼りなかったり無責任であったり、どの部下に対しても理不尽な指示を出してキツく当たる性格であれば、上司に堂々と口答えすることが効果的な場面もあるということです。

上司に口答えしてしまって気まずくなった時の対処法

最後に、上司に口答えしてしまった際の気まずい状況からの立ち直り方や対処法について、具体的なアドバイスをご紹介していきます。

しばらく静観して距離を置く

時には人間関係やストレスの解消のために、しばらく静観して距離を置くことが必要です。

日常の喧騒やプレッシャーに包まれた状況では、心の安定や自己状態の確認をするために、一時的な離れ方が有効な手段となることもあります。

このような時には、自身の感情や思考を整理し、客観的な視点を持つことができます。距離を置くことで、冷静に判断する機会が与えられ、相手や自分自身と向き合うための新たな視点を見つけることも可能です。

さらに、相手との関係性を修復し、良好なコミュニケーションを構築するための時間とスペースを与えることもできます。

謝罪して関係修復を図る

相手との関係性を修復し、良好な人間関係を築くためには、謝罪の力が大きな役割を果たします。

時には言葉や行動の中で相手に傷つけることがあるかもしれません。

しかし、それでも謝罪の言葉や態度を持つことで、関係修復の道を切り開くことができるのです。

謝罪は相手への尊重と反省の気持ちを示す重要な手段であり、過ちを認めることで相手の心に寄り添い、信頼を回復することができます。

謝罪には真摯な態度と誠意が求められますが、その結果として、より深い絆や共感を築くことができるのです。

他部署や上層部、社内の情報通やキーマンを頼る

業務の進行や目標達成において、他部署や上層部、社内の情報通やキーマンとの連携は非常に重要です。

時には自身の力だけでは限界を感じることもありますが、周囲の協力を頼ることで、より効果的に業務を遂行することができます。

他部署や上層部の方々は、それぞれの専門知識や経験を持っており、自身の業務において不可欠な情報やサポートを提供してくれる存在です。

また、社内の情報通やキーマンは、組織内の情報網を駆使して、必要な情報を入手したり、関係者とのコネクションを活用したりすることができます。

彼らとの関係を築くことで、自身の業務において有益な情報や支援を得ることができるのです。

上司の嫌がらせや職場での孤立を見据えて転職活動を始めておく

上司に口答えしてしまったことがきっかけで、社内で過小評価されたり、同僚との関係まで冷え込んで孤立してしまうといった事態が避けられないことも考えられます。

その際は、一個人の力だけでどうしようもないため、転職するのが一番の選択肢であることも重要な選択肢となります。

上司の嫌がらせや職場での孤立が続くと、自身のメンタルや今後のキャリアに深刻な影響を与えるリスクは無視できません。

転職活動を始めることで、より良い職場環境やチャンスを見つけることができます。

そうでなくても上司との関係が冷え込んでる際に転職を検討しておくことで、自分自身の状況を客観的に見つめ直したり、なぜ上司が気に食わないかを冷静に見つめ直す機会ともなります。また、今の自身の能力や経歴、人間関係における課題を把握することで、キャリアにおいて自分が求める条件や目標はハッキリすることもあります。

転職活動をしっかり行っておけば、仮に自分が正しいと思って上司に口答えしたことが間違っていないのであればより年収アップが見込める職場が見つかったり、今の上司や会社がどれだけ酷いものだったのか気づかされる機会ともなりますし、もし転職活動中に現実を知ったなら「今の会社で頑張るか…」と前向きに今の状況に立ち向かうきっかけにもなります。

いずれにしても、上司に口答えしてしまって気まずい状況やネガティブな感情を引きずるよりは、転職活動を行うことで心機一転しておくことも良い機会になることでしょう。

そのためにも、転職エージェントなどの転職支援サービスに登録しておき、プロからキャリアに関するアドバイスをもらっておいたり、求人を紹介してもらって今の自分でも転職できる企業の条件を客観的に把握しておくことをオススメします。

とくに、20代のうちは未経験の職業にも転職しやすいし、30代でも2~3年以上の勤務経歴があればキャリアアップ転職しやすい時期なので、転職支援サービス側のサポートも充実している傾向にあります。

また、若いうちは思っている以上に人材会社や採用企業からの需要が高いため、数多く登場している様々な転職支援サービスの中から自分に合ったものを選びやすいという点で、早めに転職支援サービスを活用して使用感を確かめておく価値は高めです。

サービス登録後も、面談をしっかりと受けてアドバイスどおりに転職活動すれば思っている以上に簡単に内定がもらえるものですから、早いうちに利用しておいて損はないでしょう。

仮に、すぐに転職する気がない場合でも、

  • 転職すれば、本当に年収や待遇が良くなるのか知れる
  • 今の自分の職歴でどんな求人が送られてくるか実態を掴める
  • 自分が就きたい職種や会社に転職するためのスキルや経歴の条件を知れる
  • 情報を得ることで将来自分が目指したい人材像に合わせてキャリア計画を建てられる

というメリットもあり、自分のペースに合わせた使い方もできるため、今の仕事内容や職場環境に満足できていないのであれば、登録しておいてプロの話を聞いたり求人紹介を受けるだけでも、転職に対して一歩前進できます。

なお、転職支援サービスの大半は、採用企業側が費用負担していることから利用者側は完全無料で使えるため、今回、少しでも転職の可能性が気になった方は、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

当サイトで独自に転職サービスの調査をした結果、オススメできる転職支援サービスを以下に解説付きでご紹介していきます。

※多くの転職サービスの情報や人材業界の動向を調査した上で、当サイトの読者層やその悩みを分析し、その上でもっとも転職成功率や利用満足度が期待できそうなサービスを選定しています。

厳選!オススメの転職支援サービス!

  • LHH転職エージェント ←満足度重視なら必見!
    外資系企業アデコの運営する転職エージェント。国内企業運営の転職エージェントと異なり、担当者となるコンサルタントが求職者-企業双方の調整や交渉を行うため、詳細な求人情報の提供やきめ細やかな転職サポートに期待できる。取り扱い求人は全業種・職種対応なので、国内大手エージェントに満足できない人は使ってみる価値あり。
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス) ←未経験でも異業種転職できる!
    他の転職サービスと異なり、未経験者でも異業種転職のサポートを行っているのが最大の強み。また、登録後に適職診断も行っているため、どんな仕事が自分に向いているか悩んでいる人も利用してみる価値あり。

ここで紹介する転職支援サービスは、事務的な対応が目立つ大手転職サービスとは違い、

  • 利用者に合わせて求人提案や情報提供を行ってくれる
  • 必要に応じて研修やスキルアップ講座も提供
  • 他社にはない独自の転職ノウハウや求人情報を保有している
  • 大手転職サービスだと相手にされない経歴の人でもサポートに期待できる

など、多くの転職サービスがあふれている中、ここで紹介するサービスは「どこを選んでもいいかわからない…」「有名な転職サービスに登録してみてもサポートが不十分…」と悩んでいる人でも満足できる可能性が高いです。

以下に、各サービスの特徴や登録すべき人などの情報を紹介していきますので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。また各サービスの紹介ページに登録後に他の利用者と差をつけて有利になるためのサービス利用方法も解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

ぜひ、当サイトの情報を有効活用し、読者ご自身のより良いキャリアや働き方につなげるきっかけにしていただければ幸いです。

担当者個人の高い提案力に期待できる
「LHH転職エージェント」

次にご紹介したいのが、世界60カ国に展開している外資系の人材企業アデコが運営する「LHH転職エージェント」です。※2023年4月に名称を「Spring転職エージェント」より「LHH転職エージェント」に変更

LHH転職エージェントは、国内有名転職エージェントと同じで全職種・業種、幅広い年齢層が対象の総合型転職エージェントですが、国内エージェントと違い「360度式コンサルティング」と呼ばれる運営体制により、担当者個人が求職者と紹介先企業双方をつなぐため、密接なサポートやより精度の高い求人情報の提供に期待できる点が強みです。

国内の有名転職エージェントですと、分業型なので「担当者が紹介先企業を求人情報でしか判断していない」ということもあり、事務的な対応になりやすいという欠点があります。また、紹介先企業の情報について詳しく知りたいと質問しても、回答をはぐらかすといった事態にも出くわしやすいです。

加えて言えば、紹介される求人情報も登録時の希望条件や職務経歴書から機械的に選別されるため、本当に自分に合った求人情報が得られにくいという実情もあります。そればかりか、希望とズレた求人が一度に数十件も送られてくる…という事態も国内大手エージェント利用時にはよくある事態です。

その点、LHH転職エージェントでは、担当者が直接受け持っている紹介先企業の求人を精査して紹介してくれるため、求人情報の質も高く、本当に自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる可能性が高いため、良質な転職サポートを受けたい方にはオススメです。

また、国内有名エージェントですと、求人応募時や面接時のサポートも「とにかく応募して」と適当になりやすく仲介価値に疑問が残ることも多いですが、LHH転職エージェントは担当者個人が求職者-紹介先企業双方を受け持っていることもあり、細かな調整や交渉も行ってくれます。

たとえば、当サイトで得ているLHH転職エージェントを利用して転職を成功させた者の報告では「面接前に、面接官の事前情報を伝達してもらい、面接対策がスムーズに進んだ」といった声があります。

加えて、LHH転職エージェントでは、担当者となるコンサルタントとして業界・職種に詳しい専門知識の豊富な者が配置されているため、自分の経歴や希望と噛み合えば非常に頼もしいサポートが得られることもあります。

いずれにしても、機械的な求人紹介や事務的な対応になりやすい国内有名エージェントと異なり、外資系企業ならではの担当者個人の提案力や調整力に期待できるエージェントという点で、転職を検討しているなら一度は使っておくべき価値が高いのがLHH転職エージェントだと言えます。

登録後の案内・求人紹介段階から、国内エージェントとは違った色合いがすぐに実感できると思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

未経験からの異業種転職を成功に導く
「WorX(ワークス)」

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くので転職サービスの弱点として、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ中々良い求人を紹介してもらえないことや未経験の異業種への転職が成功しにくいというものがあります。

ですので、転職サービスを利用したとしても、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

また、昨今では大手転職エージェントは表面上は誰でも登録可能に見えても、実際には高年収人材でなければ手厚いサポートを受けられないことや、そもそものハイキャリア向けの転職サービス化が進んでいるため、経歴が足りない人や現在地点の年収が低い職種の人は不遇な扱いをされやすいという課題があります。

その点、WorXはスキルアップ支援やキャリア支援を通して、未経験からの異業種転職を成功に導く点に最大の強みが理由で、厳選して紹介している転職サービスです。

登録後には適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる方でも、自分に向いている仕事が見つけられる点で安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代の若手が中心となります。また、他転職サービスでは中々サポートしてもらえない年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数な点でも、多くの読者の方に理想の転職を実現してもらえる可能性が高いと考えています。

また、転職先の業種・職種傾向としては、需要が高く高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。とくにブラックな労働環境が多いことで知られる、ブライダルや保険業界などの個人(toC)営業、アパレルや飲食業界などの販売・接客業から、IT/WEB系の仕事への転職実績が豊富という点で、将来性の高い業界に転職したいなら、使ってみる価値は高いと言えます。

こちらも他転職支援サービス同様、登録や相談は無料となるので、気になった方はぜひこの機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました