ああ!上司に口答えしてしまった!私の人生が終わった体験談

私、ついにやってしまったんです。

上司への口答え。

上司は厳しく、部下の反論など許さない昔堅気なタイプでした。

職場では同僚もいたんですが、私の日頃の鬱憤を晴らすかのような口答えに、凍りついていました。

上司はとくに反論することもなく、落ち着きながら口答えを流しました。

沈黙が逆に怖かったです。

その時の私は、これから始まる地獄のようなオフィスライフのことなど、知る由もありませんでした。

ああ!私の居場所がない!

翌日、かなり気まずい雰囲気で出社しました。

口答えした上司がいつも通りの仏頂面で、新聞を読んでいました。

「おはようございます」

私は、昨日の口答えを水に流すかのように、元気にあいさつしました。

もちろん、無視されました。

始業しても、上司の徹底して私を無視しました。

私はもはや、幽霊になったようなものでしたね。

職場の同僚も上司を恐れてか、私には話しかけないように気をつかっていました。

昼休み、同僚と食事していたときのことです。

「〇〇さん、自分のしたことわかってる?部長は次期課長候補だよ?社内の権力者だよ?この先もうやっていけないよ?」

「いえ、でも…」

私は言い淀んでしまいました。

それは百も承知でした。

しかし、私だって信念を持って仕事している以上、譲れないことだってあります。

だいたい、上司は私の意見を封殺して対話の姿勢すら見せない、まるで子供のような態度です。

「とりあえず、部長の前では私たちにも話しかけないでね。業務内容については、社内チャットでね」

もはや、私は部署内でも村八分状態でした。

ああ!明らかな左遷!

その後、私には突如の転属命令がくだされました。

部長から淡々と、次の転属先と日程が告げられました。

その日、私は帰って泣いてしまいました。

というのも、転属先は社内でも有名な落ちこぼれ組の、左遷先だったのです。

左遷先の部署では、鬼の部長役がいることで知られ、社内の雑事や汚れ役(クレーム対応)ばかりやらされ、うつ病者や離職者も出ることで有名でした。

私の勤めている会社は、そこそこの規模で、平均よりも年収が上だったのですが、負け組が確定してしまいました。

数年勤務して、昇給も順調だったため、出世も間違いないと思っていました。

それが、たった一回の口答えで水の泡となったのです。

(もぅまじ無理…転職しよう…)

私は、転職を決意しました。

ああ!転職は素晴らしい!

結論から言うと、転職先はすぐに決まりました。

左遷と同時のタイミングで退職し、すぐに新たな転職先に入社しました。

今は、風通しが良い職場で、上司にも堂々と意見を伝えることが出来る、人間関係良好な職場に勤めています。

私が使った転職方法とは?

さて、私がすぐに転職先を決めたのは「転職エージェント」と呼ばれる、担当の方を通して求人先を紹介してくれる転職サービスでした。

私は「今すぐ転職したい」と相談すると、適性を診断された上で、自分に合った求人先を紹介してもらえました。

前職でバリバリのキャリアアップ思考で勤めていたため、年収上昇の見込める優良求人ばかりを紹介していただきました。

また、求人情報だけでは知ることもできない、人間関係や社風についても知ることができます。

私はとくに上司に口答えできる…ではなく、上司と意見の交換のしやすい、人間関係の風通しの良い職場を重視しました。

初めての転職だったのですが、履歴書・職務経歴書作成や、面接指導まですべて担当の方が紹介先企業受けのいいものにしてくれたため、スムーズに内定をもらうことができました。

おかげで、わずか1ヶ月ほどで、転職手続きが済みました。面倒な退職手続きもサポートしてもらえたので、淡々と済ませることが出来ました。

部長は機会じみた動作で退職届を受取り、とくになんの感慨もなく「ご苦労だった」と一言だけ告げました。

私も「今までお世話になりました」とだけ返して、退職しました。

上司に口答えしてしまった方へのアドバイス

もし、読者の中に「上司に口答えしてしまって気まずい!」という方がいたら、すぐに転職活動を始めましょう。

上司に口答えしてしまって悔やんだり悩むような風通しが悪い職場は、どの道いつか耐えられずにやめてしまう結果になってしまいます。

上司の機嫌を損ねてしまえば、出世の道も絶たれてしまいますからね。

そのような職場は、早めに見切りをつけ、すぐに転職活動すべきです。

それまで出世のために仕事で成果を出していれば、転職では年収アップも見込めますし、人間関係の相性のいい職場も見つけやすいです。

上司に口答えしてしまった場合、ほとんどの場合が閑職に追い込まれるなど、自主退職を促されるケースがほとんどです。

どうせ、先は見えているのですから、すぐに転職先を探すべきですね。

会社において、上司は絶対です。

上司に口答えしてしまったら最期、職場や会社での居場所はないと考えましょう。

ちなみに、私は何度か謝ってみましたが、すべて無視されました。社会人足るもの、謝ってどうにかならないことも、たくさんありますからね。

転職先探しなら転職エージェントがオススメです

先ほども紹介しましたが、転職するなら「転職エージェント」の利用を強くオススメします。

担当のエージェントの方が企業との仲介をしてくれるので、スムーズな転職が可能です。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ