スポーツが好きな人に向いてる仕事14選【スポーツ関連職や身体に関する仕事がオススメ】

「スポーツ好きだけど向いてる仕事がわからない…」
「スポーツが得意なことが活かせる仕事に就きたい!」

このように悩んでいませんか?

スポーツ好きにとって、自分に向いてる仕事を見つけ出すことことは難しいかもしません。
ですが、世の中には多くのスポーツに関する仕事があり、プロのスポーツ選手はもちろんのこと、それを支える多くの人々がいます。また、プロスポーツの世界だけでなく、趣味やライフワークでスポーツする人々をサポートする仕事も存在します。

この記事では、そういったスポーツに関係する仕事を紹介した上で、後半では具体的にスポーツ好きが自分に向いてる仕事を見つけ出すコツまでお伝えしていきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

スポーツが好きな人に向いてる仕事【解説付き】

スポーツが好きな人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • プロスポーツ選手
  • スポーツチームスタッフ
  • スポーツ用品開発担当者
  • スポーツショップスタッフ
  • スポーツ栄養士
  • スポーツ審判員
  • スポーツプロモーター
  • スポーツドクター
  • スポーツ選手マネジメント担当者
  • スポーツドクター
  • スポーツエージェント
  • スポーツデータ入力者
  • タイムキーパー
  • グランドキーパー

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

プロスポーツ選手

プロスポーツ選手はスポーツをすることで収入を職業で、競技そのもので収入を得られるのはもちろん、複数の企業とプロ契約を結んでスポンサー料を得たり、コマーシャルへの出演、雑誌などの取材、テレビへの出演などのタレント業としての側面も持ちます。

プロスポーツになる方法は大きく5つに分けられます。

  • プロに弟子入りする(相撲など)
  • プロチームと契約する(サッカー、野球など)
  • プロテストに合格する(ボクシング、ゴルフなど)
  • 主催団体の研修所を卒業する(競馬、競輪、競艇、オートレースなど)
  • 自ら宣言する(上記以外のスポーツ、卓球、水泳、陸上など)

上記のような方法にたどり着く前にも、スポーツの名門校に通って成績を残したり、クラブチームやスポーツ教室に通って高い実力を身につける必要があるため、プロスポーツ選手になるのは険しい道のりだと言えるでしょう。

スポーツチームスタッフ

プロ野球やJリーグなどのプロスポーツチームでは、選手以外にも以下のようなスタッフが働いてチームを支えています。

  • 広報(新聞やテレビなどのマスメディアの取材に対応)
  • 通訳(外国人選手につく)
  • スカウト(チーム強化のために新たな選手の発掘と獲得を行う)
  • 営業職(関連グッズやチケットの販売などに携わる)

こうして見ると、プロスポーツチームも一般企業と変わりなく、一般職相当の仕事があることがわかってくるはずです。ですので、スポーツチームの広報や営業職として働くのであれば、一般企業同様、学歴やビジネス経験・資格があった方が有利だと考えられます。通訳を目指すなら、英語力はもちろんのこと、韓国語やスペイン語などの語学も磨いておくと、採用に有利になることでしょう。

スポーツ用品開発担当者

スポーツ用品開発担当者には、プロ野球選手が使用するバットやグラブを作る職人や、プロテニスプレーヤーの使うラケットのガットを張るガット職人などがいます。スポーツ選手の満足度を高め、さらには成績が向上することを考慮に入れながら商品の開発を進めていく必要があります。

スポーツ用品ができるまでには「企画→社内での承認→設計作業」などのプロセスを経るため、実際にスポーツ用品を作る職人だけでなく、関連会社と会議や調整を行ったり、職人に指示を出したりすることも仕事内容に含みます。

スポーツ用品開発担当者になるには、スポーツ関連会社に就職する必要がありますが、最終学歴として「大学卒業以上」を条件としている会社が多めです。また、コンピュータや設計などの開発に関しての得意な分野があるとさらに有利になります。

スポーツチームスタッフ

プロ野球やJリーグの代表されるプロスポーツチームでは、新聞やテレビなどのマスメディアの取材に応じる広報や、外国人選手につく通訳、チーム強化のために新たな選手の発掘と獲得を行うスカウト、関連グッズやチケットの販売などに携わる営業職など、さまざまなチームスポーツチームスタッフが働いている。
広報や営業職に就くのであれば、普通の企業と同様に、大卒などの学歴が求められる。通訳としての採用を目指すなら、英語は必須と考え、韓国語、スペイン語などの語学も磨いておく必要がある。

スポーツ用品開発担当者

スポーツ用品開発担当者は、スポーツ選手の満足度を上げ、さらには成績が向上することを考慮に入れながら商品の開発をしていく。そのためには、素材に関する知識は当然のこと、新しい技術を取り入れるためのノウハウを身につけなくてはならない。例えば、プロ野球選手が使用する道具を作るバット職人やグラブ職人、プロテニスプレーヤーの使うラケットのガットを張るガット職人などもいる。
商品ができるまでには、企画から始まって、社内での承認、設計作業など、たくさんのプロセスを経ながら、完成までこぎつけなくてはならない。
スポーツ用品を取り扱うスポーツ関連会社に就職すること。ただし、採用においては大学卒業以上を条件としている会社が多い。コンピュータや設計などの得意な分野があると有利。ほかの部門よりも高い能力が必要とされるため、配達された部門で評価を得た人が開発担当部門に抜擢されることが多い。

スポーツショップスタッフ

スポーツショップスタッフは、商品の仕入れや陳列、接客などを行う。売り上げや在庫状況などを参考にしながら、販売計画を立て、商品を発注し、販売するのが仕事。豊富な商品知識を持ち、さらには客に対して細やかな気配りができることが大切となる。
スポーツ用品販売店で働く条件としては、特に資格や学歴などは問われず、スポーツが好きで明るい人ならば基本的にOK。販売士検定やゴルフ用品販売技術者などの資格を取得しておくと有利。またスポーツショップスタッフの中には、ゴルフクラブリメイクショップスタッフのように特殊な技能が必要なものもある。この仕事は、クラブ診断やグリップ・シャフト交換、バランス調整などを行う。専門学校や講座などで研修を受けて学び、専門店や百貨店、量販店、またはスポーツ用品店に勤務して経験を積んだ後、独立する。

スポーツ栄養士

選手が万全の体調で試合に参加できるように、生活スタイルやスケジュールを把握して、食に関する全体的な管理を行う。プロ選手の栄養サポートからジュニア選手の栄養管理、スポーツ関連の商品開発や研究まで、スポーツ栄養士の活躍の場は多岐にわたる。
管理栄養士、あるいは栄養士の資格が必要。管理栄養士は国家試験合格が必須条件だが、栄養士の資格は厚生労働省が認可する大学・短大・専門学校を卒業すれば取得できる。
さらに日本栄養士会と日本体育協会の共同認定資格である公認スポーツ栄養士もあり、取得者はスポーツチームのスタッフとして活躍してる者もいる。

スポーツ審判員

スポーツの試合の進行をスムーズにし、選手の動きやスピードを瞬時にチェックしながら、ルールに基づいて公正な判断を行うのがスポーツ審判員の役目だ。
選手たちの動きに対応できるハイレベルな運動能力が求められる仕事だ。
プロの審判員の収入は、一般に同世代サラリーマンより高いが、毎年、実績に基づいて年俸を交渉しなくてはならない。
プロスポーツ審査員の場合、それぞれのスポーツに関わる団体や協会が独自に認定試験を実施している。
協会会員ならば誰でも始められるものもあるが、実技や筆記試験に合格して初めて審判員として認められるケースが多い。
例えばサッカー公認審判員の場合、審議実技、ペーパーテスト、体力テストが試験内容となる。

スポーツプロモーター

試合の企画から始まり、会場探し、スポンサー探し、対戦相手との交渉、放映権の取り扱いにいたるまで、スポーツイベント開催に関するおよそすべてのことを請け負うのがスポーツプロモーターである。
メディアを通じて広くプロモーションを行うことも仕事の一部。
優れた企画力と、その企画を滞りなく実現していくための実行力が求められる。
スポーツ学部のある大学で、スポーツ経営学やスポーツビジネス論、スポーツビジネスマーケティングなどを学ぶとよい。
その後、イベントプロモーター会社に入社したり、プロ・アマチュアのスポーツ団体に所属する。
その他、プロスポーツ選手個人と契約して活動するケースという方法もある。
担当するスポーツを熟知するだけでなく、ビジネスとしても成立させなくてはならないため、多方面な能力が要求される。

スポーツドクター

スポーツドクターは、選手の健康管理、スポーツ障害や外傷の診断・治療・予防研究、競技会などにおける医事運営ならびにチームドクターとしてのサポートにあたる。
スポーツドクターと一口にいっても、仕事内容は幅広く、オリンピックに出場するような競技者の健康管理から、市民の健康スポーツに関するアドバイスまで様々。
日本では、開業医や病院の勤務医を本業としながら、競技団体の役員やチームドクターとして活動している人がほとんど。
チームに帯同し、海外に出向くこともある。
スポーツドクターも医師である以上、医師国家試験に合格して医療免許医師免許を取得しなければならない。
スポーツドクターに関する資格は、下記の三つの組織がそれぞれ異なる名称で認定している。
ちなみに、スポーツ医学に関する職業として、最近注目されているのが、ストレングスコーチやメンタルトレーナーだ。
ストレングスとは「力」「体力」などを意味する英単語で、ストレングスコーチは、選手の筋力・パワー・筋持久力のみならず、スピード、バランス、コーディネーションなどの筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力を高める手助けをするのが主な役割だ。
一方、メンタルトレーナーは、心理学をベースにして選手の精神力(メンタル面)を向上させ、目的達成へと導くのが主な仕事となる。
また、スポーツ選手をはじめ、緊張や不安を抱えながらも目標を達成したいと考えている人を、心身両面からサポートする役割を担っている。

スポーツ選手マネジメント担当者

スポーツ選手の代わりにテレビ出演やCM契約などの交渉を行ない、場合によっては海外遠征のためのビザ取得なども行う。
スポーツ選手がトレーニングに集中できるように、触れ以外のあらゆる面でサポートするのが仕事だ。
スポーツ選手マネジメント担当者になるには、スポーツ選手のプロモーションなどを手がけているエージェント会社に就職するのが一般的なコースといえる。
日本の場合、スポーツ選手のマネジメントに関してはエージェント会社の社員が担当するケースが多いのが現状だ。
しかし、プロ野球やサッカー界には、米国などのようにチームとの年俸契約などの法的な交渉を行う専門的な知識を持ったスポーツエージェントもいる。
スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座などのある専門学校でスポーツエージェントに関する基本的な知識を身につけよう。

スポーツドクター

スポーツ選手の代わりにテレビ出演やCM契約などの交渉を行ない、場合によっては海外遠征のためのビザ取得なども行う。
スポーツ選手がトレーニングに集中できるように、触れ以外のあらゆる面でサポートするのが仕事だ。
スポーツ選手マネジメント担当者になるには、スポーツ選手のプロモーションなどを手がけているエージェント会社に就職するのが一般的なコースといえる。
日本の場合、スポーツ選手のマネジメントに関してはエージェント会社の社員が担当するケースが多いのが現状だ。
しかし、プロ野球やサッカー界には、米国などのようにチームとの年俸契約などの法的な交渉を行う専門的な知識を持ったスポーツエージェントもいる。
スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座などのある専門学校でスポーツエージェントに関する基本的な知識を身につけよう。

スポーツエージェント

プロスポーツ選手がチームと契約を結ぶときに代理人となったり、その他さまざまなマネジメント、プロモーションを行うのがスポーツエージェントの仕事。
選手が有利な条件で契約できるように、また、競技に集中できるように、何日もかけて交渉することもある。
もともとスポーツビジネスの盛んなアメリカで生まれた仕事で、日本でも認知度が上がってきている職業だ。
アメリカと日本で必要な資格は異なる。アメリカ大リーグでは、選手会の審査による資格取得が必要。日本のプロ野球では、弁護士法による弁護士資格が前提となるのが現状。
また、サッカーでは仲介人制度がある。
競技によって資格は違うが、共通して求められるスキルは語学と法律の知識だ。
こうした知識を大学等で学んで、エージェント会社に就職することを目指そう。

スポーツデータ入力者

スポーツデータ入力者は、野球やサッカー、ラグビーやバレーボールなどの人気競技で、プレーに関するあらゆるデータを、試合を見ながら入力していく作業を行う。
スポーツデータ入力者には大きく二つのタイプがある。
一つは、テレビやラジオ、動画放送局などが行う中継やデータ配信サービスのために、試合進行と同時に一つのプレー毎のデータを入力していくケース。
もう一つは試合のデータをもとに詳細な分析を行ない、それぞれのチームに分析結果を販売してチーム強化に役立ててもらうケースだ。
単純な試合のデータ入力者はアルバイトで採用されることが多いようで、随時募集が行われている。
一方、高度の分析が必要となるデータ分析会社は、企業数が限られているので、採用は狭き門となる。

タイムキーパー

現場ではタイムキーパーのことを略して「TK」ともいう。テレ ビ番組の撮影の際、特に生放送のときに、撮影時間と放送進行の時 間が早すぎたり遅れたりしないよう、脚本や台本を見ながら時間を 計り、管理する。アシスタントディレクターやその他スタッフと連 携して、番組進行が滞らないように調整する。
テレビ番組の制作会社などに就職し、アシスタントとして 知識と技術を学ぼう。
テレビ番組の制作会社に入社しよう。タイムキーパーには女性が 多く、フリーで働く人も多い。まずは、先輩タイムキーパーに弟子 入りして、アシスタントとして仕事を覚え、独り立ちすることを目 指そう。勤務時間は不規則なので、体力も必要だ。
経験を積んでいれば、結婚・出産を経て復帰する人も多い。しか し最近は、この仕事をアシスタントディレクターが兼務することも 多くなっている。

グランドキーパー

プロ野球をはじめとした野球場や、サッカー場のグランド整備を仕事をしている人たちのことをグランドキーパーという
グラウンドに使う特別な土の調達や天然芝の育成管理したり、人工芝の保護管理したりと、選手が全力でプレーできるように、常にグランドを万全の状態に維持する
民間の造園会社などに整備を委託しているケースが大半を占めている
球場や競技場を運営・管理している会社や球団、自治体に委託先を教えてもらい、採用状況を問い合わせて就職を考えよう
ゴルフ場やサッカー場などで主に芝生のメンテナンスをする人はグリーンキーパーと呼ばれている

スポーツが好きな人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に、自分に向いている仕事が見つかる転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました