仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

市場価値の高い人材の条件。転職で人材価値を高めるために必要な要素とは?

転職が盛んな現代では「市場価値の高い人材」というのは、多くのビジネスパーソンが一度は耳にしたことがある言葉でしょう。

しかしながら「市場価値の高い人材って具体的にはどんな人材?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?

それもそのはずで、自分の市場価値を知るためには、経済・転職市場を俯瞰して見つめる能力が必要になるため、自分の頭の中だけで考えてみたり、誰か1人の意見を参考にしてみたところで、本当の自分の人材価値はわかるわけがありません。

ただし、業界分析・企業研究および、経済・転職市場について分析・研究していれば、ある程度は自分の市場価値を把握できるのも確かです。

そこで当記事では、自分の人材市場価値を把握しておくための知識や知恵を、ご紹介していきます。

市場価値の高い人材の条件とは?

当サイトではあらゆる視点から転職情報を収集して編集しておりますが、その中でもとくに「市場価値が高い=年収アップが期待できる人材」に共通して見られる特徴は、ざっと以下の通り。

  • 単純に「若い人材」
  • 管理職経験がある、または管理職候補としての適性がある
  • 高い専門性を持つスペシャリスト人材
  • 人手不足の職種・業種に対応できる人材
  • 複数のスキルを保持する人材
  • 語学力のある人材

それぞれ、個別に市場価値が高くなる理由や背景を説明して参ります。

単純に「20代の若い人材」は市場価値が高い

市場価値の高い人材の条件は至ってシンプルで「20代の若い人材であること」です。

よく「若ければチャンスはある」と言いますが、実際にそのとおりなのです。

そもそもで言えば、新卒採用時点で年収1000万台に登り上がるための大企業勤めの切符を獲得できるので、これは本来は破格の扱いなのです。

あるいは、就活時に不況のため妥協して就職してしまった人材や、中小企業・零細企業に入社してしまって割を食っている20代の人材は、転職するだけで年収が大幅に上がる可能性もあります。

また、卒業後3年以内の「既卒・第二新卒」も、経歴・学歴問わずに正社員採用してもらえるチャンスが大きいです。

ただし、20代の人材の場合は短期的な年収アップではなく、将来を見据えての「市場価値」という意味である点には注意。

経済誌「会社四季報」に掲載されている以下の画像を見ればわかりますが、正社員として最も年収が上がる時期は50歳前後になるので、人材価値の高い20代だからと言って、すぐに年収が上がることを意味しません。

出典:会社四季報 業界地図 2019年版

要約すれば「20代の若い人材は”将来に期待されて採用される”」わけですので、現時点での市場価値ではなく、将来的な市場価値という意味です。

30歳以降は一般的に未経験職での採用が控えられる傾向にあり、職歴なしですと正社員採用される可能性が極端に下がります。

ですので、この記事をお読みの20代の方は、市場価値を意識したキャリアづくりを心がけておくといいでしょう。

管理職経験がある、または管理職適性のある人材

市場価値の高い人材は、シンプルに「管理職経験がある、または管理職適性のある人材」です。

とくに30代以降は明確に「管理職としての経験や適性」が求められ出す時期となります。

管理職に求められる能力とは、

  • 基本的なビジネススキル
  • 基本的なコミュニケーション能力
  • 部下や後輩を指導して育てあげる能力
  • 会社の経営意向を理解し、現場にしっかりと反映する能力

…など、基本は出来て当たり前、さらに経営者目線で会社の根幹に関わる業務範囲を任される立場となります。

逆に言えば、管理職になることに消極的な人材は、そこまで市場価値が高くならないということです。

中には「管理職になりたくない…」「管理職から降りたい…」という方もいるみたいですが、そういう方はあまり市場価値の高い人材とは言えないでしょう。

ただし、後述の「専門家=スペシャリスト」の場合ですと、自分の業務範囲をこなしつつも管理職範囲の業務も担当する「プレイングマネージャー」として評価されることもあるので、一概に管理職専門である必要があると言うわけでもありません。

高い専門性を持つスペシャリスト人材

市場価値の高い人材の条件と言えば「専門性を持つ人材=スペシャリスト」です。

とくに理系分野の技術者・研究者であれば、この「スペシャリスト」に分類されることが多くなるでしょう。

IT系で言えば「データサイエンティスト」など、各業種・職種の中でも上流の仕事を任せられる立場になると、非常に市場価値の高い人材として扱われ、引く手数多です。

専門性重視・スペシャリスト向けの転職エージェント

メイテックネクスト…ものづくりエンジニア、開発者・研究者など、理系職なら使っておきたい転職エージェント。親会社メイテックが製造業専門の人材派遣会社として40年以上の実績を持つ老舗なので、信頼性と専門性は抜群。→メイテックネクストの解説記事

パソナキャリア…社会事業と強い関わりを持つ人材派遣会社パソナの手がける正社員向けの転職エージェント。専門性の高い高年収求人を多数取り扱っており、担当者の対応も丁寧と評判。→パソナキャリアの解説記事

人手不足の職種・業種に対応できる人材

市場価値の高い人材と言えば、人手不足の職種・業種に対応できる人材でしょう。

単純に人手が不足している業界はニーズに応じて年収が高くなるので、職種・業種さえピッタリ当てはまれば、必然的に市場価値の高い人材となります。

ただし、注意点があり「人手不足でなおかつ、専門性を要求される仕事=誰でも出来る仕事ではない」という点は忘れてはいけません。

とくに現在は日本国内で人手不足の職種・業種が多いため、必ずしも人手不足の職種・業種全般が市場価値が高いわけではないわけです。

たとえば、人手不足が叫ばれているにも関わらず、保育士や介護士のすべてが市場価値の高い人材として年収が高いわけではありません。

それがなぜかと言うと、

  • 資格を取得すれば誰でも出来る仕事(市場原理で見れば)
  • 社会事業寄りで財源が政府・地方自治体依存のため、人件費が上げにくい
  • 業務内容自体は専門性や経験が必要とされる仕事ではない

…など、様々な要因が重なっているからです。

複数のスキルを持つ人材

市場価値の高い人材としては、複数のスキルを保持している人材でしょう。

たとえば「ただの営業マン」であれば、経歴上はほとんど他の営業マンとは差別化出来ないため、どんなに前の職場で業績を上げていても、市場価値は会社の年収テーブルや業種の相場で判断されてしまいます。

ですが、そこに「英語が出来て海外企業との取引実績がある」「プログラミングが出来て、業務効率化が図れる」「マーケティング・分析が出来て新たな販路を拡大出来る」など、他のスキルを併せ持って付加価値をつけることで、市場価値の高い人材となることが出来ます。

語学力のある人材

市場価値の高い人材としては、語学力のある人材も条件に加えてもいいでしょう。

転職市場でもグローバルな活躍の見込める人材は年収が高くなりやすいので、

ただ、語学力があると言っても、評価されるポイントは「海外向けの事業展開や販路拡大を担える人材」であり、前述のような”複数のスキルの一部としての語学力”だと認識しておく必要があります。

逆に言えば、高いTOEICスコアを持っていたとしても、実務経験で活かせる素の社会経験や一般的なビジネススキルがなければ、宝の持ち腐れにもなる…ということです。

つまりは「ビジネスでどれだけ語学力を活かした経験があるのか?」「これからビジネスでどのように語学力を活かしたいのか?」という2つの視点を持たなければ、正確な市場価値は測れないわけです。

語学力を評価してくれる転職エージェント

リクルートエージェント…国内No.1の人材会社で求人数最多のため、高年収求人も多数扱っている。情報力は国内ダントツなので広く語学力を求められる高年収案件を紹介してもらいやすい。→リクルートエージェントの解説記事

Spring転職エージェント…世界No.1外資系企業アデコの手がける転職エージェント。ガチガチの英語力人材というよりは「実務経験でこれから英語経験を活かしてみたい!」という人向け。→Spring転職エージェントの解説記事

JACリクルートメント…英国発の外資系転職エージェント。日系・外資系企業問わず、グローバル展開している企業への紹介に特化。30代以降のハイキャリア志向向け。→JACリクルートメント

ロバート・ウォルターズ…英語力特化の転職エージェント。実戦レベルの英語力が求められるため、英語力に自信のある人向け。→ロバートウォルターズの解説記事

関連記事:外資系に転職したい人必見!未経験からTOEICハイスコア保有者まで利用できる転職エージェント一覧!

市場価値の高い人材になるには?

まずは自分の”現在の市場価値”を知ること

人材市場価値が「将来性込みで評価される」ことは何度かお伝えしておりますが、まずは「今、現在地点での人材市場価値=現時点での適性年収」を知っておくことが、自分の人材市場価値を知っておくためには大事です。

そのために出来ることと言えば、

  • 転職サイト・転職エージェントの登録しておき、自分の経歴に合わせて届く求人を広く閲覧しておき年収相場を抑えておく
  • 自分の今の職種・業種でさらに評価されるようになるためのスキル・資格などを抑えておく
  • 自分の企業と同じ規模の似たような職種の平均年収を知っておく

…など、とにもかくにも「転職市場での相場」を意識しておくと、自分の人材価値が客観的に見えてきます。

人材市場価値の目安を知りたいなら「MIIDAS」を使っておこう

自分の人材市場価値を知りたいのであれば「MIIDAS」を使っておくと、目安にはなるかもしれません。

ただし、以下の点には注意。

  • 集客ツールとしての年収査定なので、実際に転職した時よりもやや高めの年収結果が表示されやすい(=実際に転職してもそこまで上がるわけではない)
  • 経歴などの書類上スペックでしか判断されないため、人柄・人間性などのヒューマンスキルは一切無視される
  • 年収査定の根拠となる式やデータが公開されていないため、信憑性に不安が残る

転職サイト全般に言えますが、集客ツールとしての簡易的な診断機能でしかないので、正確な市場価値がわかるわけではない点は、意識しておかないと自分の価値を見誤ります。

また、MIIDASを手がけるパーソルが運営する「doda(デューダ)」に登録しておけば、転職エージェントとしてキャリアカウンセリングを受けられたり、年収査定機能や非公開求人の受け取りなど、総合的な転職情報の取得が可能ですので、どちらも利用しておくといいでしょう。

スカウト・オファーのある転職サービスを使っておく

人材市場価値を把握しておくためには、企業側からスカウト・オファーの届く転職サイトに登録しておき、自分の経歴でどれぐらいの年収の求人が届くのか知っておくのもいいでしょう。

ただし、転職サイトも求人情報に「広告面の高めの年収相場の定時」「マーケティング戦略として、高めの年収実績を紹介する傾向」があるので、様々な求人情報を受け取って冷静に判断しておくといいでしょう。

スカウト・オファーの届く転職サイト

リクナビNEXT…転職者8割以上が使っている転職ツール。リクルートを経由して提携他社のエージェントからもスカウトメールが届くので、中継用のサイトとしては必ず登録しておきたい。また「グッドポイント診断」などの自己分析ツールも用意されている。→リクナビNEXTの解説記事

doda(デューダ)…総合転職サイトで、情報量が圧倒的。リクナビNEXT同様、提携他社からスカウト・オファーが届くので、年収相場を抑えやすい。→doda(デューダ)の解説記事

ビズリーチ…国内でも上位クラスの求人を保有する企業とヘッドハンターを仲介するプラットフォーム型の転職サイト。高年収求人が届く一方で、レジュメ(職務経歴書)のアップロード必須なので、転職中級者向け。また一部機能は課金制。→ビズリーチの解説記事

ただし、筆者が利用した限り、国内の大手人材会社の手がける転職サイトは広告戦略で見込み年収を釣り上げた求人情報を送ってくる傾向が強いので、スカウト・オファー求人で提示されている年収額を過信しすぎるのは禁物です。

正確な年収相場を知っておきたいなら、外資系企業アデコの手がける「Spring転職エージェント」が、求人情報に広告面が一切なくて年収条件を正確に把握できます。

「将来設計=キャリアプラン」も市場価値を高める秘訣

中途採用の場合、多くは「今現在出来る仕事の能力」だけではなく「将来的に育って欲しい人材像」も評価基準になるため、将来的なキャリアプランも自分の市場価値を高める方法だと言えます。

たとえば、高いTOEICスコアを保持していても実務での英語スキルがない場合は、現段階では市場価値は高くないかもしれませんが、英語力を活かせる仕事で実績を上げることが出来れば、市場価値の高い人材になれるかもしれません。

また、管理職・スペシャリストとして成長するための将来的なビジョンを持っておけば、会社を担う人材として高く評価されやすくなるため、人材市場価値を高めるためには有効な手段の一つと言えます。

転職エージェントでプロから人材市場価値を聞いておく

より自分の人材市場価値を正確に把握しておきたい方は、まずは「転職エージェント」に登録しておき、キャリアカウンセリングを受けておくことを強くオススメいたします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーに転職に関する相談が出来るサービスの総称ですが、登録しておけば求人の受け取りからでも行えます。

とくに国内の転職エージェントに関しては、求人に関しては広告面がある以上は正確な求人情報を得難く、実際に面談でキャリアアドバイザーから提示される求人情報を見てみなければ、本当の人材市場価値を把握することが出来ません。

また、運良く自分の職種・業種に関して詳しい担当者に出会えれば、将来的に年収を上げるためのキャリアプランも教えてもらえるため、具体的に人材市場価値を高める方法を知れるチャンスです。

文中でも何度もお伝えしている通り、自分の人材市場価値を正確に知るためには転職市場全体のデータや知識と分析力が必要になってきます。

ですので、手っ取り早く市場価値を確かめておきたいなら、素直に転職エージェントを使ってプロから意見をもらっておくのが間違いないです。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。